プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

カクテル Feed

2009年7月 8日 (水)

Summerな感じなので・・・

どもども、久しぶりのヒガシですpaper

最近、とても暑くなってきて
いよいよ夏本番って感じになってきましたねsun

ヒガシは夏が大好きなので、
心がウキウキと跳ねまくっていますnotes

でも、最近のヒガシはメタボリックなので
今年は海&プールに行くのをためらっておりますsweat01

まぁ、そんな事は置いておきましてぇ~wink

さっきも言いましたが、
夏本番って感じになってきたので、
久しぶりにあれやっちゃいますsign03

それはそれは~ドンッ


『ヒガシのカクテル日記』ですドンッ


昔『』ばーてんだー』をやっていた頃は、
ジャマイカに移住して、毎日ビーチでサマーを感じながら
barカクテルを作りたいと夢を見ていたあの頃を、
思い出したら何か、むしょーに作りたくなってしまいましたhappy02

って事で、これ作っちゃいましたsign03

shineフルフル・サマービーチshine

あいかわらず、ネームセンスの無いヒガシですがsweat02
そんなの気にしませんドンッ


材料にマンゴー梅酒『フルフル』を使います。
このお酒は、福岡県は山口合名会社さんが
醸した梅酒です。
マンゴーの王様「アルフォンソマンゴー」と
「パッションフルーツ」を使った、
まさに夏にピっタシのお酒なんですheart04

それをベースにヨーグルトを使います。
サラッと呑みたい方は、飲むヨーグルトでもOKです。
ホワイトリカーを入れて度数調整して、
ミントリキュール(ホワイト)を2・3滴・・・
後はひたすらシェイク&シェイク!!

グラスに注いで、最後にミントとストローを飾れば出来上がりドンッ


どうでっしゃろはてなマーク


久しぶりなのでちょっと緊張しちゃいました。

これから、ちょくちょくと『さまーかくてる』を考えて
行く予定なので、もし呑みたくなったらお店に来ていただければ
ヒガシがハリキって作りますので気軽に言ってくださいね。

ってな訳で、今回はこれにて・・・
ばいぶ~pig

2008年8月12日 (火)

ヒガシのかくてる日記⑪

domo→paper
ドジでのろまの亀兼、☆アイドル☆のヒガシですよ→ドンッ


ドジゆえに、沢山つまずき、
のろまゆえに、時間がかかりましたが、
やっと出来ましたsign03

いやー、長かった・・・(→内容を思いつくまで)

険しい山道・・・じゃなくて、道のりでした・・・(→鬼マネに何度も没にされ)

嵐吹き荒れる中ドンッ(皆の冷たい視線)

やっと、出来たんですsign03

バンザーイsign01 バンザーイsign03

って、スチュワーデス物語(第1話第2話)に脱線しちゃう前に・・・sweat02


今回、ご紹介するのは・・・
やっぱり、かくてるbar

えっはてなマーク
「またかぁ」っって思ったアナタsign03

そんな事言わずに、
見てやってくださいなドンッ

さて、使うお酒はと言うと、
あらごし もも』を使います。

以前(ヒガシのかくてる日記⑧)お話しましたが、
この和リキュールは、
お酒の可能性を拡げる為に造られました。

そんなワケで、カクテルなどに
どんどん使って欲しい!との事でしたので
今回も使わせて頂きます!!

オレンジジュースで割って呑むと
美味しいと聞いていたので、
今回は、それに少し手を加えて造りました。

コレです!!
   →→→
   →→→

ホイップクリームを加え、SHAKE。
SHAKEする事で、柔らかで軽い呑み口に。

グラスに注いだら、香り付けに
ミントを。

コクがあるのに
スッキリと呑めてしまいます♪

その名も、
ももニ~ニョ

名前に、意味は、ありませんsign03

SOpaper意味なんて難しい事考えずNIpaper
まずは呑んで楽しくなろうYOscissors

って感じで、
お馬鹿テンションで、
呑んでもらえると幸いでございヤスドンッ

いや、無理に僕のお馬鹿テンションに
あわせる必要は、全く、皆目、ございませんがsweat01


この夏、熱さにやられてしまっているアナタドンッ


コイツを呑んで、心も胃袋も癒されてくださいドンッ

2008年7月28日 (月)

ヒガシのかくてる日記 10

ども、ヒガシですpaperhappy01kissmark
久しぶりの登場に、皆さん驚いているのではsign02

いや、別にサボってた訳じゃあないんですよ。

まぁ、色々とありまして・・・

なかなかタイミングが無かったと言うか・・・


というかネタが無かったと言うか・・・


怒られてばっかで、さすがに凹んで元気が無かったと言うか・・・


いろんな事があるけれど、shine私は元気ですshine(キ○風)


先週末は、『東の麓酒の会』のイベントがあったので、
いつもブログを書いてくれている、
うっしー店長や米山大将、グッサンまでもが、
まるでジョーヤ○ーキの如く、真っ白に燃え尽きている状態でして、
ワタクシヒガシにオハチが回って来た・・・もとい、
ようやく、ブログを書くチャンスを頂けた、ってワケです。


それでは久しぶりのブログ、張り切って参りまSHOWヾ(≧∇≦*)〃


のっけからまたまた、思い出話になってしまいますが、
あれは、ヒガシがアイドルになる前・・・
まだ、バーテンダーとして、走り出した頃の話です。

当時、良く来ていたお客様で、
端っこの席で、物静かにお酒を呑んでいる方がいました。

見た目は、坊主でガタイの良い、ちょっとマッスルなお兄さんでしたが、
多くは語らず、なんとも言えない渋さがあったのを覚えています。

その方が、必ず最後に呑む一杯がありました。

それは・・・『ブルームーン

ジンがベースで、レモンの酸味が効いた、カクテル。
見た目は、ちょっと意味ありげな紫色のカクテルだったのを覚えています。

そいつをクイっと呑んで、その方はいつも店を後にしていました。

あの頃の僕には、とても格好良く映ってしまい、
少しshine憧れshineさえ覚えました。

と、こんな事をふと思い出していたら


『ブルームーン』のようなカクテルを、作りたくなってしまったので・・・

作ってみました。

はやっ(^▽^;)?!


その名も・・・『月光


ちょっとパクッてるかのように感じますが・・・
そんな事はありません(`ロ´;)

名前に同じ「moon1moon1」が入っているだけです。。。σ(^_^;)...


材料は、やはり和酒を使いました。
何か今「」扱いをされてるそうですが、
麦焼酎「中々」と以前紹介をした、
和リキュールの「ビルベリー」。
そこに、月を表すレモンを添えて。

因みに『ブルームーン』には「できない相談」と
言う意味があるらしく、
女性を口説こうとしてもこのカクテルをたのまれたら諦めろ
と言う事らしいです。


螢月でも、そんな事があったら
月光』を頼んでみてはいかがですか?


って、そんな簡単に浸透しないか・・・。

2008年6月14日 (土)

ヒガシのかくてる日記⑨

雨が続くrainと、何となく気持ちも沈みがち(;-_-) =3
何でなんでしょうか、気分って、意外と天気に左右されますよね。

ども、ヒガシでーす(^v^)

今日は、ミルクを使ったカクテルを、ご紹介しますね。


その前に、皆さん!
以前、螢月でアルバイトをしていた、『天川』ってスタッフがいたのです。


実は、その天川君が、先日の深夜、ふらりと現れたのです。
彼は、3月に無事、大学も螢月も卒業し、現在新卒で、研修をこなす日々。


たまたま、終電を逃したらしく、
行く場所も無く、路頭に迷った挙句、
螢月に流れ着いたのだとか。


すでに、ほろ酔いだった彼は、カウンターに座るなり、
「ヒガシさん!この間ブログ見ましたよ!」と。

何かと思って話を聞くと、かくてる日記⑧
でご紹介した『あらごしもも』を使ったカクテルの事でした。


「あのかくてる、メチャクチャ美味しそうじゃないですか!」


「僕にも何か一杯作ってくださいよ!!」


・・・・・・・・・。

この野郎、酒に任せて、態度がデカくなってやがる((o(>皿<)o))

と思いいつつ、
優しい僕は、笑顔で「良いよ」(^ー^* )♪と承って、作る事に。


材料は、せっかく前回のブログを見たならと思い、

ベースに『あらごしもも』を使う事に。

後は、牛乳、生クリーム。

そして、隠し味にミントリキュールを2・3滴。

すべてをシェイカーに入れて、後は振るのみ!!


お酒と乳製品は、混ざりにくいので、しっかりと
HARD-SHAKEsign03
してくださいねheart04


オラオラァ!!と振ったら、グラスに注いで、
最後に、カラーチョコをまぶして出来上がりnote


<

ここでポイントpunch
SHAKEする時に、空気を絡ませる様にしっかり混ぜなければいけません。


コツとしては、シェイカーを∞(八の字)を描くように振る事。
容器の中で対流が起こり、満遍なく混ざり合ってくれます☆


これをする事で、
ふんわりとした仕上がりになり、
濃厚な果実酒『あらごしもも』や
ミルクを使っているにも関わらず、
クドくなく、軽く呑めてしまいますnote

そして、最後はミントの香りでスッキリcute

どうですか(^田^)?
美味しそうでしょう(^w^)?

えっ?名前ですか?

・・・・・・・・・・・・。

う~ん・・・天川君の為に作ったカクテルですから、
名前に掛けて
Milky Way』ってのは、どうですかsweat01

あっsign01

天川君の為に作ったと言っても、呑みたい方は、気軽に声をかけて下さいねhappy01

より気合を入れて、SHAKEしますので♪

2008年5月31日 (土)

ヒガシのかくてる日記⑧

久しぶりに、やって参りました、ヒガシです!!

文章センスZERO(゚0゚)のヒガシですが、、
皆さんにお伝えしたい、shine素敵なニュースshineがあります。
素敵さ半減(/||| ̄▽)/しちゃうかもですが、是非、お付き合い下さい_(._.)_


奈良県 梅の宿酒造が醸す、素敵な果実酒。
その名も『あらごしもも』heart01

以前にも、爆笑対談形式で、ブログに採り上げさせて頂きましたがdownwardleft
(過去記事はenterコチラから、どうぞ)

実は先日の深夜night、この梅の宿酒造の蔵元様が、「篠峯」千代酒造様と共に、
螢月に、呑みにいらして下さったのですpunch

これまでも、東京出張bullettrainairplaneついでに、
全国各地たくさんの蔵元様に、お立ち寄りいただいている、弊店ですが、
梅の宿酒造様は、今回初めてお越し下さり、ヒガシ感激o(・∇・o)

その際に、色々とお話を聞かせて頂き、勉強になりましたmemo

螢月で、グランドメニュー仲間入りを果たした「あらごししもも」は、、、
≪ロックで飲んで美味しい≫をコンセプトに、リキュール担当の蔵人さんが、
何度も試行錯誤を繰り返して、商品化したもので、

定評のある梅乃宿の純米酒に、甘くみずみずしい和歌山産の白桃
ふんだんに使って醸した、和のリキュールです。
果汁はすうじすうじ%!もあり、とても濃厚な桃のデザート酒に仕上がっています。

そして蔵元曰く、
「あらごしももは、お酒の可能性を広げるために造った」とも。

日本酒をベースに、果実酒を造る事で、
割って飲んだり、カクテルに使ったりと、呑み方の幅を広げて、
どんどんと、その可能性を膨らませる事が目的なんだそうです((o(^∇^)o))

う~ん、とっても勉強eyeglassになりましたO(≧▽≦)O


梅の宿酒造様、ribbonいいお話をありがとうございましたribbon記念に、
ヒガシ、夏に向けての『かくてる』を考えちゃいましたnote

今回のベースとなるお酒は・・・もちろんflairあらごしもも

さてさて、その「かくてる」とは・・・

まずは、グラスにタップリ
クラッシュアイスを入れまして・・・

そして、そっと柚子酒を流し込みます。

それからそれから、グラスの3分の2辺りまで
混ざらない様に、ソーダで優しくUP

最後に「あらごしもも」の登場(〃^∇^)o_彡☆

ゆっくりと注ぐと、ピンクの層がキレイheart04

桃の濃厚な甘味と、
鼻にスゥっと抜ける柚子の香りが、
sun南国気分sunにさせてくれます
(o^-^o)

これから梅雨入りで、ダルい日々が続くかもしれませんが、
このカクテルを呑んで、夏に思いを馳せ、スッキリしてみませんか?

camera白魚のような手モデルは、ぐっさんです(笑)

2008年4月 5日 (土)

ヒガシのかくてる日記⑦

またまたやって参りましたsign03

ヒガシの楽しいかくてるたいむだよ~happy01

まぁ、楽しんでるのは
本人だけかもしれません
が、それはさて置き。

前回は、思い出のかくてる再現って事で、
少々パクリ気味でしたが、
今回は大丈夫sign03
ちゃんと、オリジナルを考えて来ましたsign03

いや、あのね、実はあの後
鬼マネージャーに「おめー、パクッてんじゃねぇーよangry」って
メチャクチャ怒られた訳ですよsweat01

「師匠と仰ぐ人の作品を、よくもオメオメとぉー、この青二才があぁぁぁァァァァ!!」
って
ズタボロにされた訳ですよ


ですから、今回はガッチガチのオリジナル勝負ですangry

さて、前置きはこの位にしておいて、

今回のかくてるですが、その名は
ペルケノ』。
ちなみに名付け親は僕ではないんです・・・

このカクテルを作っている時に、自分を「ナポリ野郎」と読んではばからない
うちのぐっさんが、
『コイツにはどーーーーしてもイターリャ語の名前をつけたい!!』
とヌカしまして・・・

優しい僕はしぶしぶながらOKしたわけです。

ちなみにこの『ペルケノ』、意味は、
YOU、飲んじゃえばいいじゃんYO!!」
らしいです。
ジ○ニーぐっさんは大丈夫なんでしょうか・・・


さて本題。



この『ペルケノ』は、以前紹介した濃厚梅酒『赤短』をベースに、
辛口ジンジャーエール、そしてレモンをつかいます。

このかくてるは、
喉が渇いてるからサッパリしたい、でもビールは苦手なのwobbly」と
いう方、必飲ですsign03

梅酒の甘味と、切り込む辛さのジンジャーエール
そしてさっぱりとしたレモンの香りが、
あなたの渇きを『スゥ~ッshine』と潤してくれる事間違いありませんnote

度数も低くて呑みやすいので、何杯でも行けちゃいますよbar



書いてみると、意外とぐっさんのネーミングセンスも、
捨てたもんじゃないかもね☆

2008年3月28日 (金)

ヒガシのかくてる日記⑥

毎度、どうもup

春が近づくと、
物思いにふけってしまう、センチメンタル☆アイドルのヒガシです。

今回ご紹介するカクテルですが、
ちょっとその前に、
僕がまだ、punchえせバーテンダーとして、歩み始めた頃の思い出話を。

えっ?そんな前置きいらないって?
いやいや、この話なくして、このカクテルは語れませんangry

しばし!!しばしの間、お付き合いを(懇願)!!

HPコラムでも、お話をいたしましたが、僕は、当時お酒が苦手だったのです。
しかし、かくてると出会い、
お酒って、美味しいかも・・・」と、思い始めていた時代。

あの頃は、よく色々なバーに通って、カクテルを勉強(呑んだくれた)したものです。

そういったバーの中でも、
1つだけ、絶対に酔わないバーがありました。

ドコかと言うと・・・
僕の働いていたバー、『ちょぼ』のマスターが、
お師匠様と仰ぐ方が、やっているバーでした。

まぁ、それだけの方の前ですから、緊張感から、
酔わない〟と言うよりは、
酔えない〟の方が、正しいかもねsweat02

お店に入ると、
少し薄暗く、一席一席にスポットライトが照らされていて、
ボリューム低めで、モダンジャズがかかっていました。

僕のような小心者でちっちゃな人間には、
入ったらいけないような、ムーディーでshineお洒落shineなお店で、
少々・・・いや大いにビビリ、
僕は、生まれたばかりの小鹿ちゃんの様に、足がガクガクでしたsweat01

そんなこんなで、(どんなだ?)
まだまだ「かくてる」ドドドシロートの僕は、
「甘いのが好きheart01」だとか「アルコール臭いのはヤダwobbly
などと、勝手な好み(お子ちゃま好み)を言ったのに対し、

「わかりました・・・」

と渋く優しくうなずいてくれた、マスターのお師匠様は、
静かに後ろに並ぶお酒から、2本をチョイス。

そのお酒は、カシスフランボワーズ

1:2の割合で、シェイク。

最後に生クリームを、そっとフロートすれば出来上がり。

このcocktailを呑んだ僕に、衝撃が走りましたsign03

生クリームのコク・カシスの甘味・フランボワーズの酸味・・・
な、なんて美味しいんだsign03
もう感動の嵐でしたsad

僕の好みにドンピシャで、ストライクゾーンど真ん中!

このcocktailとの出会いを機に、
僕はえせバーテンダーの道に、ハマって行くのでした。

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

って、
「これで終わりじゃねーよな~」って感じでしょsign03

一人で、昔話に盛り上がってしまいましたが、話を戻してと・・・。

ようやく、今回作った傑作かくてる(自画自賛)のご紹介!

昔の思い出がキッカケで生まれたのが、この「かくてる」bar
                         
                                   『 梅想い

                   

とは言っても、
フランボワーズの代わりに、鳳凰美田の梅酒を使って
想い出のかくてるの味を、再現しただけですがsweat01

甘味が強いですが、程よい酸味が、
心地の良い余韻を作りだします。

味わいは、まるでケーキの様birthday

食中よりも、食後のデザート酒にお奨めhappy01

グッサンお得意の、ガトーショコラの程よい苦味と合わせてみても、
美味しく召し上がっていただけると思いますよ~~flair

2008年3月19日 (水)

☆ヒガシ☆のかくてる日記⑤

どーもsign01やってまいりましたhappy01

shineヒガシshinebarかくてる日記bar

いやー、気付けばもう、このシリーズもfive回目・・・
やろうと思えば、意外と出来るものなんですねnote

『いやいや、16回も添削させられた、俺の身にもなれ!』byグッサン
とか
『へぇー、ってことは、3本中2本は、ボツってことかぁー』byうっしー店長
などの
痛いヨコヤリは、一切無視して、今日も頑張りたいと思いますっ!!

だって、16本中5本アップ出来たってことは、
3割打者ってことは、イチローってことは、シアトルってことは・・・・・・

アレっ、アレレレレー?最初の話、何でしたっけ???!

さてさて、今回のbarかくてるは、

コチラですpunch

かくてるの名前は・・・

春~しゅん~
春をイメージして作ったかくてるなので、ここは
シンプル・イズ・ベストで!!

ベースは、以前紹介した赤短の梅酒です。

それに、無塩のトマトジュース

そして、全体を引き締める為に、最後にブドウ酢を。

味は、と言いますと・・・

何と不思議sign03
ストロベリージャムのような、濃厚な甘味が、広がりますcute


でも、後口をブドウ酢がさっぱりとさせてくれるので、
全然くどくないんですhappy01

ちなみに、今回使ったトマトジュースは、
常連さんが教えてくれた、とある銭湯spaにしか売っていない
超マニアックなトマトジュースですsweat02

濃厚でトマトの味がしっかりとしているので、
トマトジュースだけでも、十分美味しいんですけどねhappy01


うわっ!!何だこの組合せって思った方、多いと思います。

じつは、先日グッサンが作った
≪生姜×白胡麻×柑橘≫
のパウンドケーキ

めちゃくちゃな組合せなのに、
めちゃくちゃに美味しくて、

アイドル☆ヒガシ的には、衝撃だったのですsign03

思わぬライバル出現、
このままじゃ、
月9枠をとられちゃう!的な危機感が(笑)

なので、
僕も負けじと、意外な組合せで
チャレンジしてみよう!と思い、
≪梅酒×トマトジュース×ブドウ酢≫が完成punch

甘党の僕も、すっかり満足のいく仕上がりですsign01


と言う事で、全国の甘党の皆様!!
僕の力作を、是非試してみて下さいませ♪

2008年3月 6日 (木)

☆ヒガシ☆のかくてる日記④

今日は久しぶりに、螢月の隠れbarかくてるを、ご紹介します。
いや、隠れてねぇーか?
って言うか、ヒガシ的に勝手にメニューに載せてない、裏メニューです。

かくてるベースとなるお酒は・・・

shineかぼすshineです!

以前、ご紹介したときある、このリキュール。

そうです、あの大分県の銘酒『八鹿』を醸している
八鹿酒造が造った、リキュールですnote

今回は、このshineかぼすshineを使って、おつくりしたいと思いますhappy01

えっ?
前回も『かぼす』を使ったかくてるだったじゃないかって?

良いじゃないですかhappy01
・・・だって、このリキュール、美味しいんだもんnote

こちらが、そのカクテルheart02つくり方は簡単です!

国民的飲み物『コーラ』と
かぼす』を1:1で割って、
後はお好みで、ライムorレモンを飾るだけpunch

ねっhappy01簡単でしょscissors

割る事で、コーラの甘さが抑えられ、
かぼすの香りが、
後口をスッキリと、まとめてくれますhappy01
かなり、呑みやすく仕上がりましたheart04

でも、油断しないで下さいsweat02

以前も書きましたが、
このshineかぼすshine、度数が高めのリキュールですからsweat01

で、さてココで問題発生flair
このカクテルの名前なんですよ、どーしよぉー!!
ヒガシ的に「かぼック」とか「かぼーラ」とか「コカかーぼ」とか
いろいろ頭をひねってみたんですが、

ことごとくグッサンからダメだしをくらい、
あげく「どこを、どう、ひねったの?」って突っ込まれ、
やっぱ大卒の突っ込みは厳しいわぁーって、泣きそうなところなんですが、
ココは一つ・・・
enter誰か、名づけ親になってくれる人、募集します!!

                『おい、結局丸投げかよ!!?』Byグッサン

2008年1月11日 (金)

ヒガシの『かくてる』日記③

さてさて、やってまいりましたsign03
ヒガシのかくてる日記のお時間だよ~note

なんとなく、作ってみたら出来ちゃった、
奇跡のかくてるだよ~note

今回のかくてるは、
以前ご紹介致しました
大分県のかぼす酒
前にぐっさんが紹介していた
ハウスワイン
サンタヘレナの赤を使った、一品bar

その名も、heart04紅恋 ~べにこい~heart04

頬を赤らめる、幼き恋の酸いも甘いも・・・と
恋愛heart02の要素たっぷりのかくてるです。


かぼすの甘さと、
柑橘特有のサッパリとした香り、
後口にほのかに広がるワインの渋味。
しっかりとした呑み応えのある一杯punch


カップルのお客様が多い、
螢月にピッタリのかくてるnote

heart04heart04を語りたいお客様!是非、螢月でsign03

螢月
  • TEL050-3461-9902