プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

お奨め☆日本酒 Feed

2012年3月 5日 (月)

ステキな休日の過ごし方・・・。

どもっす!うっしー店長です。

3月っすね~!少し暖かくなってきたかな・・。コートともそろそろ
お別れかな...なんて思ってたんですけど、昨日今日と冷えますね。


日曜日は、お店をお休み頂いてるんで、昨日は色々とやってきました。

まず、中野で友達が出演している舞台を見てきました。友達って言っても
お客さんなんですけど、同じ歳なんで友達なんです。

今までも何度か見に行ってますけど、頑張って姿ってやっぱいいっすね。
飲食店仲間以外の頑張ってる姿ってなかなか見れないんですっごく刺激なります。

舞台の次は、渋谷へ移動して落語会に行ってきました。
『渋谷に福来るSPECIAL』って会でした。
出演は、柳家喬太郎・桃月庵白酒・柳家三三の師匠方です。すっごく好きな
噺家さん達だったんで、どうしても行きたくて、ネットのオークションで
購入しました。やっぱ、落語いいっすわ。
三日間のイベントの最終日だったんで、最後に三人とも出てきて、三本〆にて
お開きでした。予定よりも時間たっぷりでしたね。

舞台も落語も一人で見に行ったのがまたイイッすね。寂しくなんかないもん!
町をぶらぶらしながら目的地に着いて、またブラブラしながら帰るとかって
一人じゃないと出来ないんで・・・


そいでそいで、急いで大塚へ移動しまして、大事な酒パワーの充電に
『ななみや』改め『みや穂』へ行ってきました。
店主の宮本さんは、3月3日に入籍したばかりの超超新婚さん。お祝いを兼ねて行ってきました。
19時30分に行くって言ったんですが、着いたのが20時15分でした、
みんなにブーブー言われましたね。

最近、大塚ってとても飲食店のレベルが高いですよね。特に日本酒を
扱っているお店がとても増えましたし。
しかもみんな仲良しが多くてとても羨ましい感じです。

『みや穂』さん、とても大好きなお店です。
とっても美味しい季節料理にお酒も充実していて、とてもステキな時間が過ごせるんです。とても賑わってましたね。

一緒に行ったのは、大塚北口の焼き鳥屋さん『蒼天』の金子夫妻とウチの
大常連さんです。

みや穂・蒼天北口店・螢月、月に一回位集まって勉強会したり、蔵に見学に行ったりしてまして、すっごく仲良しなんです。
飲食店は、横の繋がりってとても重要ですんで、年齢の近いメンバーで集まって日本酒の話してる時間て幸せを感じるんですよね。

閉店後には、宮さん達も一緒に飲んで、その後は、カラオケに行きました。
カラオケ好きなんですよね。下手なんですけど・・・・。
すぐ気持ち良くなっちゃいますね。

カラオケは、同年代と行くのがイイッすね。懐かしい歌がバンバン出てきて
すっごく盛り上がりました。。。

そんな訳で、舞台、落語会、みや穂、カラオケと一日を思いっきり楽しんだ
休日でした。

次の休みは、家族サービスしなきゃ・・・。

2012年2月 6日 (月)

今年初の・・・・

どもです。うっしー店長です!!!

まかない食べたばっかでお腹いっぱいです。少し眠いっす。

毎日寒いっすねぁ~。凍える日々を送っています、終電に間に合わずに
店で寝る事がよくあるんですけど、寒くて寝れなかったんですね。
でも最近『毛布』を購入しまして、とても快適な睡眠が出来るようになりました。

毎日寒いんで、お燗酒がすっごく出てます。お燗大好き男としまして、
とても嬉しい限りでございます。毎週金曜日のミーティング(飲み会)でも
『お燗』の勉強会をしてます。やっぱお燗ってステキなのです。

螢月では、ご注文があれば、なんでもお燗で提供するんですけど、
基本的に15アイテム位がいつも常温で待機(放置)しています。

群馬泉・あづまみね・〆張鶴・睡龍・弥栄鶴・いずみ橋・神亀・七本鎗・
辯天娘・高津川・玉川などなど

美味しいお燗酒には、そこそこのボリュームだったり、熟成感だったり、バランスなど様々な要素が重要になります。

お燗をつけるのって、本当に楽しいのです。店の仕事で一番好きかも・・・。

5日(日)に群馬県太田の島岡酒造へ行ってきました。お燗酒の大人気銘柄
『群馬泉』醸造元です。

前に行ったのが約3年前でその前は、もう10年以上も前になります。
うっしー店長が始めて蔵見学させてもらった蔵なので、思い入れのとても強い
蔵なのです。

ウチの酒は、お燗にしなきゃ・・・そんな『群馬泉』に行ってきました。

群馬泉・・・1863年創業で元社長で5代目となる酒蔵です。
現在は富士重工(スバル)などの企業町で、戦前は中島飛行機の企業町でした。
昔から地方出身者が多く、職人の街という雰囲気だったそうです。

冬はからっ風が吹き寒いので味の濃いつまみでキュっと飲む。
熱燗で旨い酒が好まれていた市場との事。そのような地盤のためか、群馬泉は派手な酒ではなく、燗酒にして旨さが増すような味わい深いお酒を中心に造られています。

ほとんどを地元産『若水』を使い、ほぼ100%山廃モトで造っています。
蔵によりますが、山廃モトが美味しさの花が開くには、最低でも1年の熟成が必要です。熟成することで、柔らかな旨味・しっかりとしたコクが生まれます。

群馬泉では、最低でも1年以上の熟成を経て出荷されます。

蔵は、約5年前に火事になってしまい、仕込み蔵が全焼。。。一時は、再開を諦めた事もあったそうです。多くのファンの声でもう一度蔵を建て直し、その年から仕込みを再開しました。

仕込みが再開して、新酒が出てきた時は、嬉しくて泣きました。。。
飲んでまた泣いちゃいました。

うっしー店長のこの時期の家飲みは、ほぼ『群馬泉・山廃本醸造』です。
普通におかずで飲むのに最高なんです。

唐揚げでも肉豆腐でも焼魚でも佃煮にもぴったりなんです。

う~んやっぱり好きだなぁ~群馬泉。。。。

2011年12月12日 (月)

あづまみねの会・・・

どもどもです。うっしー店長です。

いつもご無沙汰ですいません。連日飲みすぎちゃって、ブログが書けません・・
12月って何かと忙しいですよね。『師走』ですもんね。
うっしー店長もボウズなんです。よく店の中をお酒持って走ってます。

最近のうっしー店長は、いつも通り飲んでます。飲食店の集まりだったり、
お客さんとだったり、スタッフとだったりで、営業時間外の方が忙しい素敵な
日々をおくっています。

だって、『12月』だもん。


さてさて先週の土曜日に今年の最大イベントがありました。

毎年恒例のイベント『あづまみねの会』です。毎年新酒が出た頃の土曜日に
やってるイベントなんですが、今年は、36名様のご来店頂きました。
予約段階で40名様を超えたんですが、ちょいとキャンセルが入ったりで
36名まで減ってしまいましたが、流石にパンパンでした。減って良かったかも・・・。

昨年は、『何出します??』って蔵元の『元さん』と色々と相談しながら
お酒を選んだんですが、
今年は、震災の影響やあづまみねの人気でお酒の在庫があまりなくて、
『何が出せます??』って感じでした。

でも、初しぼりがあったし、螢月スペシャルを作ってくれたり・・・と
何とも素敵なラインナップでした。

今回は、食材も岩手県から取り寄せました『菜彩鶏・佐助豚・鰤・鱈・鰆など・・・』食べて・飲んで岩手県を盛り上げようが今回のテーマでした。

でわでわ・・・今回の献立とお酒の紹介です。

≪乾杯酒≫
◎あづまみね 純米吟醸 初しぼり おりがらみ

≪前菜≫
◎菜彩鶏の山ぶどう酒煮(あづまみねの山ぶどう酒使用)
◎あづまみね 純米吟醸 初しぼり 加圧

≪造り≫
◎どんこ刺し(肝付き)
◎あづまみね 純米吟醸 初しぼり 無加圧中取り

≪焼肴≫
◎焼物盛り合せ
鰤潮騒焼き・冬菇バター焼き・鰆柚庵焼き・金柑蜜煮・佐助豚豆冨献珍
◎あづまみね 本醸造『元撰』生原酒 螢月スペシャル

≪鍋≫
南蛮霞仕立て
鱈・雲子・佐助豚・つくね芋・せり
あづまみね 本醸造『元撰』 お燗

≪留肴≫
◎錦野菜と塩麹ジュレ
あづまみね 純米美山錦 お燗 

≪食事≫
◎鍋の〆に
蕎麦


今まで色々な会をやりましたが、こんなにお客さんとして参加したいなぁ~と
思った会は、なかったかも。
お客さん達の喜ぶ顔がとても苦痛でした・・・なんちゃって。

今年は、とても米の出来が良いそうです。となるとお酒の出来も良くなります。これから色々と出てくる、新酒が益々楽しみになりますね。

来年の6月か7月位にもう一度『あづまみねの会』をやりたいなと
願っております。
次は、お客さんで・・・なんて思いながら・・・。。。


2011年11月 8日 (火)

初の・・・・

ご無沙汰しております。うっしー店長ですcoldsweats02

先週の土曜日に人生初の救急車に乗っちゃいました・・・。

営業後に店で寝てたんですけど、激しすぎる腹痛で目を覚まし、真っ暗な店内を一人で、もがき苦しみまして、どうしようもなく救急車を呼んでhospital病院まで運んでもらいました。。。

救急車の中で救急隊の方に色々と質問されるんです。『いつから痛いの?』とか『なんか変なもん食べた??』とか『お酒はよく飲む??』とか・・・・

痛すぎて何にも喋れません・・・なのに・・・恐ろしい質問攻めに気絶しそうでした。。。


病院に着いて、レントゲン撮ったりやらやらでしたが、これって原因が分らなかったですが、腸が超お疲れみたいです。

飲みすぎ&食べすぎですね・・・これからが、忘年会で飲みまくりなので、
しばらくは、ほどほど飲み、ほどほど喰いにします。。

さて・・ここからが本題です。


先週の木曜日『maple文化の日maple』に初の『bottle開運の会bottle』を行ないました。

毎年、10月11月12月は、店内で蔵元を囲む会をおこなっています。

10月は、石川県羽咋市の『遊穂』でした。

開運は、毎年必ず春にに蔵に見学に行ってます。
蔵の敷地内にある桜の下で新酒を飲んだり、蔵の中を見学したり・・と

毎年の楽しみの一つなんです。

米山板長も大好きな『開運』。今回は、開運って事でお目出度く
『真鯛尽くし』で開運の会を盛り上げていただきました。

当日は、専務の『土井弥市』さんにお越し頂きました。

まず出品したお酒のご案内から・・・

◎22年度全国新酒鑑評会金賞受賞酒 大吟醸

◎22年度名古屋局新酒鑑評会受賞酒 大吟醸

◎吟醸生原酒『御日待家』

◎特撰純米吟醸

◎純米吟醸 無濾過生原酒21BY

◎7年度純米大吟醸 山田錦

◎7年度純米大吟醸 雄町

◎特別本醸造 生酒

◎ひやおろし

そして・・『真鯛尽くし』の献立の御紹介

◎先 付 真鯛わた和え

◎造 里 昆布〆 松皮造り 平造り

◎口替り 味噌焼 奉書揚 八幡巻 唐墨 豊年蒸し

◎鍋   鯛しゃぶ 頭 白菜 新菊 湿地 榎木 葛素麺 
     豆富 もち 紅葉麩 柚子 浅葱 紅卸し 橙酢


◎食 事 鯛飯の後、茶漬け(山葵 海苔 胡麻 刻み三つ葉)
     香の物 


うぁ~お!!ですよね。なんて素敵な会なんだろう・・・。

いっぱい飲んで食べて飲んで食べてお1人様8,000円です。

いつも参加したいなぁ~と思ってるんですけど・・・無理っすね。

今回は、料理とお酒の相性が最高だったよ。と多くのお客様からお褒めのお言葉を頂きました。。。

弥市さん、本当にありがとうございました。
            また来年に蔵でお会いしましょう!!


次回のイベントは、12月10日の『あづまみねの会』です。

時間 18時30分~22時30分
会費 8,000円
定員 30名様
※もう既に20名様以上の御予約を頂いてます。
御予約は、お早めに・・・。

03-3981-0280

2011年10月17日 (月)

We love 日本酒

どっどうもうっしー店長です。

すっかり冷えてきましたね~。冬じゃん!

『しぼりたて』ちらほらと出てきましたね、数種類入荷してますよ。

最近のうっしー店長は、相変わらずの営業後に一人で試飲会をやったり、
知り合いの飲み屋さん達と朝まで勉強会したり、米山大将とお燗と料理の相性の勉強をしたり・・・・とちゃんと酒パワーを充電してます。。。

ちょっと体調崩して飲めなかったんで、先週からガンガン飲みまくってます。
今日も明日も飲みまくりです。

やっぱり、日本酒には、素晴らしい力が宿ってますね。。
試飲会でブースの蔵元さんとお話したり、業界の大先輩と飲んで刺激をもらったり、酔ったお客さんとワイワイやったりと素敵な事ばかりです。

蔵元さん達や先輩方に合うたびに、もっとしっかりしなきゃあかんなぁ~って
思うんです。


最近のお客さんの日本酒選びの傾向は・・・ブランド力とか出身地だったり、復興支援(今年は特に)だったりとお客さんによって様々です。


うちのお客さんってほとんどが『お任せ』なんです。ありがたい事に。
もちろんご自分で注文される方もいますが、スーパーブランド力のある
銘柄って、やっぱり凄いなぁ~って思います。
オススメしなくても飛ぶように売れますし、やっぱり美味しいし・・


でも、同じ様なタイプなのに『う~ん・・これは、違うなぁ~』ってなる
事ってあるんすね。すっごく似てるのに!?!?

自分の説明が下手だったり、知識不足もあるんですが、
酒質やタイプで飲んでんじゃないのかな・・・ブランドなのね・・。ってなると結構寂しいんですよね・・・。


その銘柄好きなのは、けっして悪いことじゃないですが、せっかくなら色々と
飲んでいただきたいし、未知な銘柄にも挑戦して頂きたいし。。。


よくお客さんに『知らないお酒ばっかりだなぁ~』って言われます。そうなんです。基本的にうっしー店長が惚れた銘柄ばっかりなのです。
蔵に見学に行った事のある銘柄、蔵元さん・杜氏さんとあった事のある銘柄がメインなのです。

毎年3~10銘柄位は、蔵に見学に行くんです。しっかりと蔵元の思いをお客さんに伝えたいので。。。


蔵元や杜氏さんにお酌してもらったお酒が一番美味しいですから。絶対に!!

少しでもその雰囲気を味わって頂けたら良いと思ってるんです。


大好きな銘柄でまだ行ったことのない蔵が多いんです。タイミングを見つけて
見学させて貰いたいと思っております。


今年も残り一ヶ月ちょい!体調崩さずに美味しい日本酒を飲んで、
今年一年を締めくくりたいものです!!

皆様も飲みすぎ・食べすぎ・働きすぎなどの『○○すぎ』に気をつけて下さい。

疲れたらしっかりと休息して下さいませ。

2011年9月30日 (金)

イベントのご案内

どもどもです。
いつも元気なうっしー店長です。

家の近所で赤とんぼを見つけたり、キリンの秋味を飲んだりと秋してます。

ひやおろしも続々と入荷してます。秋してます。。。


さてさて・・・イベントのご案内をさせて頂きます。
久しぶりの店内イベントです。しかも三ヶ月連続で行ないます。

まず、10月15日(土)石川県から『遊穂』醸造元『御祖酒造』より、
蔵元の『藤田美穂』さんをお招きして、『遊穂と旬の料理を楽しむ夕べ』を
行ないます。


遊穂は、しっかりとした旨味と酸が心地良い芳醇なタイプを造っています。
発酵食品やしっかりとした旨味の強い料理との相性が抜群です。

美人蔵元としてもとても有名で、試飲会などでお酒好きなおじ様達を
メロメロにしています。うちの常連さん達にもとってもファンの多い蔵元です。

そして、11月3日(木)(文化の日)静岡県『開運』醸造元『土井酒造場』
より、専務の『土井弥市さん・彩子さん』夫妻をお招きいたします。
昨年10月1日に入籍をしたばかりの幸せたっぷりのお二人です。。

開運・・・爽やかな飲む口の中にもキレの良い旨味が心地良い。爽醇タイプで
米山大将の大好きな銘柄なんです。『開運の会決まりました』と伝えた瞬間に
テンションが上がる上がる。凄い料理が出てきますよ。

そして、12月 日(土)岩手県『あづまみね』醸造元『吾妻嶺酒造店』より
蔵元の『佐藤元さん』をお招き致します。
毎年、螢月の年末の会は、『あづまみね』と決まってるんです。毎年恒例のイベントなんです。
まだ、3日か10日か決まってないので、決まり次第追って御報告します。

あづまみね・・・私、うっしー店長が、仕込みの体験をさせて頂いた蔵で、もう10年近いお付き合いをさせて頂いてます。
『お兄ちゃん』ですね、元さんは・・・。

シンプルな旨味を上手に引き出し、ふっくらと優しい飲み口が特徴です。
岩手食材を使った料理を作ります。『しぼりたて』の新酒を持って来ていただく予定です。


大好きな銘柄ばかりで会を行える事が、個人的にとても幸せなんです。
お客さんとして参加したいのです。


会の詳細は、下記の通りです。

日 時   遊 穂   10月15日(土)
      
      開 運   11月 3日(木)文化の日
      
      あづまみね 12月3日か10日(土)

時 間   18時~22時まで ※終了時間は、予定です。

会 費   各8,000円


お申し込み・お問合せは、03-3981-0280 
            info@hotaruzuki.com  までどうぞ。

各会とも30名様限定のイベントですので、お早めにお申し込み下さいませ。


明日は、『日本酒の日』ですので、ワイワイと日本酒を楽しんで頂きたいので、『日本酒』を半額にて提供させて頂きます。
ご来店、おまちしております。

2011年9月21日 (水)

旬。

どもどもです。うっしー店長です。

すっごい雨&風ですね~。皆様、気をつけて下さいませ。

今日は、流石にお客さん来ないなぁ~と思い、事務仕事に燃えています。
早めに閉めて気合入れて帰らなきゃ・・・なんて思ってます。

さてと、
ドリンクのグランドメニューの変更から早いもんで一週間が経ちました。

螢月は、お任せのお客さんが多いんで最終的な目標としては、メニューの無い店をやりたいな・・・なんて思ってます。

さてさて、お客さんと日本酒をしていると、『何が一番おすすめ?』とか
『一番好きな銘柄は何??』ってよく聞かれるんです。。

う~ん難しい・・・。

そんなん答えられないっすよね。好きだからメニューに入れてるんだし、
一番って・・・無理っす。

もちろん、この酒肴には、これだなぁ~なんてのもありますし、試飲会などで
飲んだのがすっごく美味しくて、オススメすることは、ありますけど・・・
ざっくりと何が一番??って質問は、正直答えるの難しいんす・・・。


音楽だって、何度も聞く事で良くなったり、その時期その時期で聞きたくなる
曲って変わりますよね。
一番好きな曲って、そのときの気分などで変わりますよね。


真冬に『渚のシンドバット』や『夏色』、『ロコモーション』なんて聞く事もないとは、言えないですが、やっぱり雪が降って来たら、『雪の華』とか
『DEPARTURES』『雪が降る町』なんて聞きたくなるでしょ??

基本的に落語ばっかり聞いているうっしー店長ですが、やっぱり季節によって聞く噺を考えますね。
今の時期ですと何と言っても『目黒の秋刀魚』ですね。

お殿様の『それは、いかん!秋刀魚は、目黒に限る!!』

落語を聞いた事のない方でも一度は、聞いた事のあるフレーズだと思います。
サゲが分かってても、何度聞いても面白い素晴らしい噺だと思ってます。

ただ、秋の噺って少ないんですよね。後は、『笠碁』か『野ざらし』かな・・
まだ色々とあるんでしょうけど、まだ知識不足ですいません。。。

昔から『噺家の時知らず』なんて言葉もありますんで、夏場に冬の噺『時そば』『二番煎じ』『冨久』をしたり、
この時期に春の噺『百年目』『長屋の花見』『花見の仇討ち』なんてのをしたりすることもありますが・・・・。


やっぱり『旬』は、大事にしなきゃ・・・ですね。四季があるってとても
素敵な事ですから・・・・。

音楽、落語、料理にも『旬』があります。もちろん日本酒にもあります。
これからの時期には、何と言っても『ひやおろし』ですね。夏を越して
丸みを帯びたお酒は、しっとりと旨味が増します。

『秋上がり』なんて素敵な言葉があるように、お酒は、ある程度の熟成を
させて、完成するもんなんです。

新酒のハツラツとした心地良いフレッシュな酸も楽しいですが、味わう事を
主とした時には、火入れ~熟成など、手を入れたお酒の方が優っていると思うんです。

うっしー店長は、フレッシュな生酒も好きですし、しっかりとした火入れのお酒も好きなんですが、食べ合わせを意識するとやっぱり火入れのお酒を選びますね。生酒では、個性や香りにインパクトがありすぎて料理に勝っちゃうんで・・・・。

秋刀魚を卸して、肝醤油に漬け込みんだ『秋刀魚の肝醤油焼き』
にしっかりと酸味と旨味ののった、山廃系の純米酒をちょいと高めに
お燗にして、キュイっと・・・。あっやべ!ヨダレが出てきちゃった・・・。

2011年9月16日 (金)

新しい仲間たち・・・・

どもです。うっしー店長です。

涼しくなったり、急に暑くなったりでまだ本格的な秋には、もう少しですね。
秋刀魚、松茸、里芋、木ノ子、茄子、カマス、秋鮭、イクラなどなど・・・

秋の食材を使った、メニューも色々と出てきましたし、『ひやおろし』も
続々と入荷してます。でも、まだ本格的な『秋』な感じがしないですよね。

もう少し涼しくなってほしいなぁ~。。。


さてさて、お酒のグランドメニューの一部を変更しました。

毎年、年に何度か急に訪れる『メニューを替えたい病』の発作が出ちゃったんです。


メニューを替えるのすっごく好きなんです。お酒担当の特権ですから。
メニューのコメントを考えたり、料理との相性を考えている時間って、
何かと大変なんですけど、すっごく楽しいんですよね。。

営業後から始めて朝になってたり、朝から営業開始までやってたりと、
学生時代のドラクエみないな、感じですね。

その頃は、学校サボってやってましたけど・・・。ゴホンっ!


やっとこさ、完成しましたんでご報告しました。


新しく、仲間に加わったのは・・・

開 運 ・大吟醸生原酒『波瀬 正吉』
開 運 ・吟醸酒
東北泉・大吟醸斗瓶囲い にごり酒
王 祿 ・純米吟醸直汲み『丈 径』
武 勇 ・山廃純米生詰め
三井の寿・山廃仕込み純米 9BY

芋焼酎
萬 膳・萬膳庵

次は、料理のメニューも替えようと思ってます。今夜は、米山大将と新メニューミーティングしなきゃ・・・。


乞うご期待。

2011年6月20日 (月)

『夏酒』×『夏肴』

どもです。うっしー店長ですscissorsbleahscissors
父の日は、自宅でのんびりと過ごさせていただきました。
息子達から『酒器』のプレゼントがあり、うれしい限りでございましたhappy02

パパは、いつもお酒飲んでるから・・・そんなイメージなんでしょうね。
正直、もらって嬉しいのが酒器なんで、とっても嬉しかったです。
日曜日位しか一緒に食事する事がないんで、休日の晩酌が何よりも楽しみなんでいつも飲んでるイメージなんだと思います。
平日は、ちゃんと休肝日ありますので御安心を・・・・。

昨日は、貰った酒器でグイグイとお酒を飲んで飲んで飲んで・・・・
王祿・純米吟醸『渓』の4合瓶があっちゅうまに空になっちまいまいた。

うれしい時に飲むお酒は、本当に一瞬ですね。ビックリちゃんでしたcoldsweats01

さてさて、毎年夏の恒例企画『夏酒』×『夏肴』がスタートしましたsign03

この時期にだけ出荷される『夏酒』に暑い夏にこそ食べたくなる『夏肴』を
ご用意致しました。

『夏酒』×『夏肴』の×(プラス)ですが、お酒と料理って掛け算なんですね。

まっ単純に1×1=2って、訳ではないんですけどね・・・。

お酒と料理の掛け算は、1×1=2・3・4・・・∞ってなります。

もちろん相性に寄っては、残念ながらマイナスになる事もありますが・・・。

食べ合わせによって得られた感動って、本当に物凄いんです。
苦手だった食べ物・お酒が食べ合わせによって『好き』になっちゃう事もあります。

特に熟成酒や発酵食品って結構、好き嫌いが分かれますよね。正直ウッシー店長も苦手な発酵食品がありますが、お酒と合わせる事で好きになったのもありますし・・・。

そんなこんなで、今回のメニューも夏の定番『水茄子刺し』や『蓴菜酢』などの
さっぱりメニューから『米茄子の粕チーズの田楽』や『三元豚のアラレ揚げ』
などしっかりとパンチの効いたメニューまで幅広く御用意しました。


食欲が落ちやすい夏だからこそ、ガッツリと食べていただきたいし、
冷たい物を取りがちな夏だからこそ、体に優しい『bottleお燗bottle』がおススメなんです。


お酒は、『SOKAI(爽快)』   『UMAKARA(旨辛)
SPARKLING(活性)』   『NATUKAN(お燗)』に分かれてます。

夏をテーマにしても各蔵元で出荷されるお酒のタイプは、違うんです。

蔵の個性を活かした『夏酒』をどうぞお楽しみ下さいませ。

2011年6月17日 (金)

日本酒フェア2011

どもどもです。うっしー店長ですscissorshappy01scissors

先日、池袋・サンシャインで行なわれた日本酒フェアに行ってきましたrundash

日本酒フェアとは、独立行政法人種類総合研究所と日本酒造組合中央会が主催の年に一度の大大大大イベントなんです。

日本酒フェアは、大きく2つのイベントに分けられます。

まず、一つ目が『平成22酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会
そして、二つ目が『第5回 全国日本酒フェア』です。

今回は、公開きき酒の方は、とっても混んでて何かと大変なんで
『日本酒フェア』の方へ行ってきました。

『日本酒フェア』は、全国の酒造組合から各県毎にブースを出して
『うちの県の酒は~』って、蔵元さん達がお酒を提供してくれます。

各蔵1~2銘柄飲めるんで、ざっと1000アイテム位あるんじゃないでしょうか??

試飲会やお酒のイベントって、最初の一杯目ってとても重要ですよね。
どこのブースのお酒を飲もうかな~誰に会いに行こうかな~って感じで・・、


とりあえず、会場をふらふら・・・と知ってる蔵元さん居ないかな~と
回ってみると、おっとsign01石川県ブースに美人蔵元発見!!!


『遊穂』醸造元、御祖酒造代表の『藤田美穂』さんです。
昨年、遊穂の会をやって頂きました。先月のイベントでも遊穂ブースの
お手伝いをさせて頂き、そこそこ仲良し??な蔵元さんなのです。。

銘酒の多い石川県にして、しっかりと石川県らしい旨味のしっかりとした
ザ・食中酒を醸しているとっても素敵な蔵元さんです。


先月作った、『遊穂』の酒粕を使った、『クリームチーズの粕味噌漬け』がとっても良い感じに馴染んできたんで、夏メニューに使ってもらおうと、
米山大将にお願いしました。


素敵な一品への完成は、来週から始まるの『夏酒』×『夏肴』を楽しみに
して下さいませませ。。。


さてさて、日本酒フェアですが、水曜日の午前中は、流石に一般の方よりも
飲食店スタッフがとても多かったです。

知り合いが多かったんで『うっしー』って遠くから呼ばれたり、隣で試飲して
る人がたまたま知り合いの飲食店さんだったりと、久しぶりに多くの同業者に
会った一日でした。


その他、お会いできた蔵元さんは、『七本槍』の冨田さん、『篠峯』の堺さん、『〆張鶴』の宮尾専務、『開運』の土井社長、『七冠馬』の田村社長などなど

こんなに多くの日本酒関係者さんが、池袋にいるのがちょいとビックリな
イベントでした。日曜日とか祝日にやってくれればなぁ~なんて思いつつ、
早々と会場を出ました。


日本酒好きな人たちが池袋に集まる訳で、日本酒フェアの後に蔵元さんが来てくれたり、フェア帰りのお客さんが寄ってくれたりと、いつもに増して『日本酒』な店になるんです。

正直、マニアックな人も多いんで精神的に、ものすっごく疲れましたけど・・・。

螢月
  • TEL050-3461-9902