プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

7月だす!!

どもです。もう7月ですねぇ~半年終わっちゃいました。

すっごく早いっすわ。上半期は、個人的には、良い感じでしたね。
美味しいお酒にも巡り会えましたし、飲み会もボチボチあったし。。。

あっそうそう、7月1日が、結婚記念日ってヤツなんです。

しかも10年なのです。スイートテンってやつなのです。

もう10年も経ってしまいました。10年前は・・・うわ~大変だったなぁ~。

スイートテンダイヤモンドを用意・・・なんてしてません。

記念日に試飲会&飲みにに行ってしまうようなダメ旦那ですんで。そんな訳で、

試飲会のお話です。

昨日は、『SAKE COMPETITION2012 蔵元を囲む会』に行ってきました。

日本酒蔵・焼酎蔵・ワイン蔵など約300蔵が参加している大イベントです。

蔵の数は、今まで参加したイベントでは最大だと思います。すっごい数でした。

各蔵が、1アイテムずつ出品し、磯自慢・十四代・飛露喜などの人気蔵は、2~3アイテム

出品してました。来場者数は、約850人。ブッフェスタイルのパーティー形式の試飲会でした。

参加の蔵の数が多すぎて、挨拶だけで終わっちゃうかも・・・な感じでした。

長テーブルに蔵元さん達が並んでいるんですが、蔵の数が多すぎて、テーブルから溢れて

ましたね。ちょっぴり可哀相でした。

螢月で扱っている蔵元さんは・・・・

十四代・田酒・乾坤一・阿部勘・日高見・新政・上喜元・東北泉・飛露喜・鳳凰美田・

岩の井・八海山・天狗舞・白岳仙・黒龍・早瀬浦・白隠正宗・開運・磯自慢・義侠・醸し人九平次

播州一献・玉川・紀土・出雲月山・宝剣・賀茂金秀・雨後の月・獺祭・東洋美人・石鎚などなど

でした。

挨拶して、一杯ずつ飲んで・・・・ってやってくと結構な量になりましたわ。扱っている銘柄の

蔵元さん全てに挨拶出来なかったのが残念でした。

この試飲会は、純米の部・きもと山廃の部・純米吟醸の部・純米大吟醸の部でコンテストも

行なわれていました。

純米大吟醸の部 

第1位 十四代『龍月』     第2位 雨後の月 愛山    第3位 鳳凰美田 別誂至高

純米吟醸の部  

第1位 磯自慢     第2位 飛露喜     第3位 磯自慢 多田信夫

純米の部    

第1位 飛露喜    第2位 作   第3位 新 政 六號 

山廃きもとの部

第1位 東洋美人 山廃純米 第2位 山形正宗 純米きもと 第3位 早瀬浦 山廃純米

すっごい銘柄ばかりでしょ。人気銘柄の実力を感じました。ますます入手困難になってしまいそうです。

18時~20時までと試飲会としては、少々短かったんで、あっという間でしたね。少し遅刻したんで1時間30分位しか会場にいる時間なかったですけど・・・。

試飲会だけで帰れないのがいつものクセで帰れば良いのについつい飲みに行っちゃうんです。大塚の大好きな店『みや穂』へ。営業後に飲みに行ったり、カラオケに行ったりする仲です。料理がすっごく美味しいんです。大塚で飲むときは、是非とも!!

 

2012年6月25日 (月)

夏肴達の御紹介です。

どもです。休日明けの月曜日ってどうも・・・ですね。
まったく気合いが入りません。。。

昨日は、何も予定が無かったんで、家で昼から飲んでました。やっぱビールは、昼が美味い!!何も予定のない休日・・・すごく好きっすね。

キリン一番搾りのシール集めてます。『魔法のジョッキ』を狙ってます。48枚なんできっとすぐ
集まると思います。

さてさて、先週から『夏酒』×『夏肴』が始まりまして、ステキな日本酒・肴が大集合してます。

今回は、『夏肴』の御紹介です。

まずは・・『冷や汁豆腐』です。宮埼県の夏の定番料理『冷や汁』を

螢月の濃厚豆腐と一緒に召し上がって頂きます。

薬味は、胡瓜・生姜・大葉・茗荷です。食欲がなくても問題なし。
何杯でも食べたくなっちゃう。ステキな一品です。

005

続きまして、『トマトとモッツァレラの挟み焼き』です。
和食ってより、イタリアンな感じですが、やっぱ相性抜群ですね。

トマトの酸味にチーズのコク、焼いたトマト好きです。

軽快な活性にごりなんて合わせたくなりますね。

007

そして、次は、『三元豚の和風酢豚』です。
和風の酢豚って何??って感じですが、是非とも食べて頂きたいです。
三元豚は、脂が旨しです。カラッと揚げた三元豚と野菜達を特製の餡で絡めます。
ちょいと熟したタイプのお酒にバッチシでした。

004

まだまだいきまっせ~
『丸茄子とチーズの天麩羅』
夏野菜といえば、やっぱ茄子っすね。丸茄子は、ふわっと優しい茄子です。
チーズを挟んで天麩羅にしても、茄子の美味しさがとても際立ちます。
キリッとドライな辛口酒と合わせたいです。

008

そして、最後に『自家製ハムの盛り合せ』です。
『古白鶏の笹身』や『馬刺しのふたえご』や『三元豚のバラ・ロース』などで
作ったハムです。まだまだ作成中のハムもありますので、何が出てくるかお楽しみに。
個人的には、笹身とふたえごが最高でした。ゆるゆるとお燗で一献やりたいなぁ~

009

すっごく手前味噌な話ですが、米山大将の作る『肴』最高ですね。試食会で普通に飲みすぎ
ました。お酒が欲しくて欲しくて我慢できなくなる、魔性の一品を作る。恐ろしい料理人です。

是非ともお試しあれ!!

2012年6月21日 (木)

『夏酒』×『夏肴』スタート!!

どもどもです。うっしー店長です。ちょいとお眠です。

最近、朝まで飲む事が増えてきまして、最高の時間を過ごしてます。

昨日の営業後、スタッフ全員で試食&ミーティングを行ないました。

今日から始まる『夏酒』×『夏肴』の最終打ち合わせを兼ねた試食会です。

螢月夏の風物詩である『夏酒』×『夏肴』は、6月~8月までの期間限定企画でして、
各蔵元の夏限定酒や夏らしいお酒である『夏酒』に夏食材や暑さを乗り切るちょいとパワフル
『夏肴』を楽しんで頂きます。

『夏酒』×『夏肴』の×には、個人的にすっごく大事な意味を込めてます。

お酒と料理の相性って、足し算ではなく掛け算なんです。食べて飲んでお互いを相乗させるのが食べ合わせのステキなところですが、どちらかがマイナスだと結果もマイナスになってしまうんです。お酒は、料理に寄り添う名脇役ですので、我が強すぎては、ダメなんです。

単独で美味しすぎるお酒は、料理のジャマになってしまったり、反発することがよくあります。

少しうしろをついて行く位が丁度良いんですね。まっこの話は、すっごく長くなってしまうんで、
またの機会にしますね。

ではでは、『夏酒』×『夏肴』の内容も近い内にアップします。

2012年6月19日 (火)

日本酒BAR。

どもです。うっしー店長です。ボチボチ元気でやってます。
先週は、池袋サンシャインで『日本酒ファア』が開催されました。
行った方も多いんじゃないでしょうか??

もちろん、行きましたよ。『鑑評会の公開きき酒会』も『全国日本酒フェア』も
スタートの行列に並びましたから。大吟醸&純米大吟醸ばかりの試飲会って正直ちょいと
苦手なんですけど、勉強の為、行ってきました。
店から近いってのが、一番ですね。早く行ってパパッと済ませて店に戻って寝れますんで。

全国日本酒フェアは、各酒造組合のブースが並んでて、試飲&販売をしてます。
全国のほぼ全種類の銘柄が飲める会ってのもこのイベント位でしょうね。

日本酒フェアの日って、忙しいんですよね。関係者やフェア帰りのお客さんが来てくれるんで。
池袋が日本酒好きで集まる日なんですね。ステキな日ですね。日本酒フェア。

その日の営業後には、吉祥寺で吾妻嶺の蔵元『元さん』と杜氏『公さん』と日本酒に
熱き飲食店三店舗と飲みました。いや~面白かったすね。

店々でカラーが違くて、扱っている銘柄も客層も使う食材も全然バラバラ、

でも日本酒をメインに扱っている。日本酒の魅力ですよね。幅広いタイプがある。

日本酒のタイプを二つにざっくりと分けると何と何に分けるか???そんな議題がでました。

《生酒と火入れ》   《甘口と辛口》

《純米とアル添(アルコール添加)》

《軽快と濃醇》    《香りのあるなし》

《原酒と加水》    《生もと山廃系と速醸》などなど

この2タイプってのは、お客さんにお酒の好みを探るのに何を一番に考えますか??
って話からでた議題です。

お客さんの好みを探るのって正直難しいんです。飲みなれている方だったら、この銘柄が好き
とかこんな感じのお酒が好きって言ってくれるんですけど、日本酒デビューの方だったり、
日本酒が苦手だけど、何か下さいってお客さんも結構いますし・・・・。

個人的には、『軽快と濃醇』と『香りのあるなし』をまず考えます。

例えば、日本酒デビューの方へのお酒選びでまず一番に気にする事は、他のお酒でどんなのが好きかって事です。

ワイン・ビール・焼酎・カクテル・サワー・ジン・ラム・ハイボールとか何でもオッケーです。
アルコールに対しての抵抗力(強さ)を知りたいんです。

日本酒への悪いイメージの先入観がとても邪魔なので、そこを消せるように努力します。

低アルコールの活性酒を出したり、香りの良い大吟醸を出したり、すっごくライトな吟醸酒を
出したりとまずは、入り口を色々と用意します。

後は、好きなお酒に近いタイプを出したり、料理との相性を楽しんでもらったり、温度帯で遊んだりと様々な方法でお酒を提供します。

少量を色々と試してもらうのが、大事ですね。いきなり一合で出して苦手だったら、
もう次はないですし。これを飲まなきゃってプレッシャーになってしまいますから。。。

後は、水を一緒に飲む大切さとかお燗の魅力を伝えたいですね。

日本酒好きを一人でも増やせるように、これからも頑張っちゃいます!!!

2012年6月 4日 (月)

酒パワーバリバリ充電完了!!

どもです。うっしー店長です。ご無沙汰してます。
最近、いやボチボチ前からFacebookをやってまして、
そっちがメインっぽくなってしまって、こっちの更新をサボってました。
ツイッターもやってたんですけど、最近全然つぶやいてません。

Facebookと連動させようかな・・・とは、思ってるんですけど、面倒なんで・・・。

さて、先月末から怒涛の日本酒イベントばっかりの休日を過ごしております。
能登へ蔵見学に行ったり、試飲会のスタッフやったりと内容は様々です。
そして昨日は、神奈川の二蔵に行ってきました。

毎年恒例の田植えイベントに海老名の泉橋酒造へそして、美味しい湘南ビールを飲みに
茅ヶ崎の熊澤酒造へ行ってきました。

001

田植えの参加は、今年で4年目かな、イヤ5年目かも・・・そんな感じです。
腰は痛くなるし、服は汚れるし、日焼けするしでそんなに良いことないんですけど
なんか行っちゃうんですよね。お疲れ会の為?いやいや・・自然と触れ合う為です。

雄町二反と山田錦一反に分かれて植えるんですけど、毎年雄町植えてます。しかもほぼ同じ場所です。稲刈りももちろん同じ場所を刈ってます。
その方が、プチオーナーになった気分を味わえるし、愛着が湧くんで。

002

今年は、スタッフの田勢&五十君カップルも初参加。特に参加しなさいとは、言ってないですけど、『参加したいって』言うもんで。

009_2    

新宿から小田急線の《急行小田原行き》に乗って約一時間、近いもんですわ。
ゆっくりと寝る時間もなく、海老名に到着。そして、タクシーで約7分で泉橋酒造へ到着。

受付を済ませて、それぞれ田植えファッションに着替えて田植えのスタートです!!

前日までの降水確率は、60~80%中止になっちゃうかな~なんて思ってたんですけど、

全然雨降らずに涼しくて田植えしやすい良い感じでしたね。さすが!晴れ男!!!

今年も、もちろん雄町を植えますよ。列の一番前にこっそり割り込んで雄町の田んぼへ。

田んぼってスネあたりまで足が浸かりますんで、歩きつらいんですわ。いつも転びそうに
なりながら、田んぼの一番奥まで歩きます。ここが、毎年の場所なんです。

約一時間、雄町の稲を植えて植えて植えまくりました。腰が、ずぅ~と悲鳴をあげてましたね。

田植えの後は、勉強会&お疲れ会です。橋場社長による、農薬のお話を聞いてさていよいよ乾杯。

田植えをしながら『ビール飲みてぇ~』といつも思ってるんですけど、ヤボですよね私。

いずみ橋『夏ヤゴ活性にごり』で乾杯。くぅ~うめぇ~

004_2

飲み口良くクイクイいけちゃうんですけど、アルコール15%の危険なヤツなんです。乾いた&身体に染み込みますね。一気にテンションMaxでした。

その後は、おにぎり、地元の野菜、豚肉の塩麹漬け焼き、ザル豆腐、自家製みそなどが

ずららっと並びます。お酒も全部で15アイテム位飲めます。梅酒・イチゴ酒もあります。

味噌・塩麹など発酵食品との相性すごく良いですね『いずみ橋』毎年毎年感激してます。

二時間位、お疲れ会をやってお開きに・・・そしてそのまま相模線に乗って、約30分香川駅に到着。茅ヶ崎の二つ手前の駅です。湘南唯一の酒蔵『熊澤酒造』に到着。

天青・曙光・湘南ビールを醸し、敷地内には、ビアレストラン・和食レストラン・パン屋さんなど、

005

従業員を日本酒の仕込みの無い時期に遊ばしておくのは、勿体ないとドイツからビール職人を招いて2年半ほどみっちりとビールの仕込みを習い『湘南ビール』を造り始めます。

日本酒を飲める和食レストラン・ビールを楽しめるイタリアンレストランを始めます。そしてパン屋さんまで。一日居ても全然飽きない素晴らしい施設です。

006

杜氏の五十嵐さんにビール工場・酒蔵・防空壕貯蔵庫を見せてもらい。念願のビールを飲みにイタリアンレストラン《MOKICHI TRATTORIA》へ。

地元の食材に拘ったイタリアンレストランです。ピザ・パスタ・サラダ・テリーヌなどを注文。

生ビールも四種類注文。いやいや最高っすね。やっぱりビールは美味い!!スイマセン。

五十嵐杜氏がこっそりと日本酒を日本持って来てくれました。防空壕貯蔵酒と常温生熟成酒。ピザに合うんです。テリーヌに合うんです。パスタのホワイトソースに合うんです。

こんなレストランが近所に欲しい!!

すっかり飲みすぎてしまい、予定時間よりかなり遅くなってしまいました。

帰りは、茅ヶ崎から湘南新宿ラインで池袋へ。グリーン席で快適にぐっすり寝て元気復活。

もう一件大塚でがっつりと飲んで酒パワーをバリバリ充電しました。

螢月
  • TEL050-3461-9902