プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月14日 (月)

新メニュー

どーもどもどもうっしー店長です。

11月も半ばになり、もうすっかり冬になってきましたね。
でもまだまだ日中は、暖かい日もありますんで昨日は、息子二人は、半袖で
走りまわってました。

でも・・・今週は、かなり冷え込むらしいんで要注意ですよ!!

あっそうそう。明日から鍋スタートします。今年は、出汁や具材をチョイス
して頂いて、お好みの鍋を作ってもらう感じにしました。

近い内にご案内します。

今月から、料理のグランドメニューがちょいと変更したんです。ガラッと変わる感じではなく、味付けのベースを変更したり、オススメメニューから昇格したりと。

毎週金曜日の深夜に行なわれる魅惑の『ミーティング&試食会』にて、
新メニューが開発されてます。
今回、ご紹介するのは、『牛すじの煮込み』です。

今までの『牛スジの煮込み』は、『デミグラスソースと西京味噌』をベース
にした、牛スジの和風デミグラスソース煮込みって感じでした。

ですんで、一緒に『ご飯』を注文するお客さんも多かったですね。
酒肴ってよりもおかずでしてね。ランチで『牛すじの煮込み定食』やったら爆発するんじゃんなんて・・・思ってみたり。
※ランチは、やってませんよ。

深夜の試食会で米山大将が醤油ベースと塩ベースの二つに分けてそれぞれに違う具材を入れて4タイプの牛スジ煮込みを作ってくれました。

そこで全員一致で決まったのが今回の『牛すじの塩煮込み』なんです。


ではでは、さっくりと仕込み風景をどうぞ・・・・


その① 旨味を閉じ込める為、牛スジを炒めます。

その② 炒めた牛スジを水で晒して、脂を落とします。

その③ 葱・人参・生姜などの野菜達とコトコトと煮込みます。

その④ 野菜を取り除き、あたりをつけます(味付け)

その⑤ またまたコトコトと煮込みます。

その⑥、味付けです。


その⑦ 仕上がりに豆腐・揚げ牛蒡・長葱をのせて完成なり。

かなり、ざっくりとした説明ですいません。

是非ぜひ食べに来てくださいませ。絶品ですよ!!


冷え込むこれからの時期に最高の一品です。ちょいとしっかりめのお酒をお燗にしてキュイッとやりたくなりますよ。

2011年11月 8日 (火)

初の・・・・

ご無沙汰しております。うっしー店長ですcoldsweats02

先週の土曜日に人生初の救急車に乗っちゃいました・・・。

営業後に店で寝てたんですけど、激しすぎる腹痛で目を覚まし、真っ暗な店内を一人で、もがき苦しみまして、どうしようもなく救急車を呼んでhospital病院まで運んでもらいました。。。

救急車の中で救急隊の方に色々と質問されるんです。『いつから痛いの?』とか『なんか変なもん食べた??』とか『お酒はよく飲む??』とか・・・・

痛すぎて何にも喋れません・・・なのに・・・恐ろしい質問攻めに気絶しそうでした。。。


病院に着いて、レントゲン撮ったりやらやらでしたが、これって原因が分らなかったですが、腸が超お疲れみたいです。

飲みすぎ&食べすぎですね・・・これからが、忘年会で飲みまくりなので、
しばらくは、ほどほど飲み、ほどほど喰いにします。。

さて・・ここからが本題です。


先週の木曜日『maple文化の日maple』に初の『bottle開運の会bottle』を行ないました。

毎年、10月11月12月は、店内で蔵元を囲む会をおこなっています。

10月は、石川県羽咋市の『遊穂』でした。

開運は、毎年必ず春にに蔵に見学に行ってます。
蔵の敷地内にある桜の下で新酒を飲んだり、蔵の中を見学したり・・と

毎年の楽しみの一つなんです。

米山板長も大好きな『開運』。今回は、開運って事でお目出度く
『真鯛尽くし』で開運の会を盛り上げていただきました。

当日は、専務の『土井弥市』さんにお越し頂きました。

まず出品したお酒のご案内から・・・

◎22年度全国新酒鑑評会金賞受賞酒 大吟醸

◎22年度名古屋局新酒鑑評会受賞酒 大吟醸

◎吟醸生原酒『御日待家』

◎特撰純米吟醸

◎純米吟醸 無濾過生原酒21BY

◎7年度純米大吟醸 山田錦

◎7年度純米大吟醸 雄町

◎特別本醸造 生酒

◎ひやおろし

そして・・『真鯛尽くし』の献立の御紹介

◎先 付 真鯛わた和え

◎造 里 昆布〆 松皮造り 平造り

◎口替り 味噌焼 奉書揚 八幡巻 唐墨 豊年蒸し

◎鍋   鯛しゃぶ 頭 白菜 新菊 湿地 榎木 葛素麺 
     豆富 もち 紅葉麩 柚子 浅葱 紅卸し 橙酢


◎食 事 鯛飯の後、茶漬け(山葵 海苔 胡麻 刻み三つ葉)
     香の物 


うぁ~お!!ですよね。なんて素敵な会なんだろう・・・。

いっぱい飲んで食べて飲んで食べてお1人様8,000円です。

いつも参加したいなぁ~と思ってるんですけど・・・無理っすね。

今回は、料理とお酒の相性が最高だったよ。と多くのお客様からお褒めのお言葉を頂きました。。。

弥市さん、本当にありがとうございました。
            また来年に蔵でお会いしましょう!!


次回のイベントは、12月10日の『あづまみねの会』です。

時間 18時30分~22時30分
会費 8,000円
定員 30名様
※もう既に20名様以上の御予約を頂いてます。
御予約は、お早めに・・・。

03-3981-0280

螢月