プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

試飲会に行ってきました。

どーもです。うっしー店長です。

昨日、錦糸町にて『酒は未来を救う』という、チャリティー試飲会に行って
きました。

今回で3回目のイベントです。

主催者さんが昔からの知り合いだったり、参加蔵元が扱っている銘柄がとても多くほとんどの蔵元さん達を知っているんで、毎年ウキウキで参加してます。

お酒の試飲してチャリティーになるんでしたら・・・いくらでも飲みますよ。
今日は、チャリティーイベントだよって大手を振って参加しました。

参加蔵元は・・・・
吾妻嶺 阿部勘 一白水成 いずみ橋 尾瀬の雪どけ 屋守 鶴齢 
賀茂金秀 開運 小左衛門 紀土 佐久乃花 相模灘 澤の花 
大那 忠臣蔵 天宝一 鍋島 奈良萬 萩乃露 白岳仙 播州一献 
七田 福小町 鳳凰美田 豊香 宝剣 美和桜 三重錦 結人 
陸奥八仙 遊穂 来福 浅間山 忠臣蔵 などなど

ずらら~と人気銘柄ばかり。

そして、焼酎蔵とワイナリーを合わせて約30と年々参加蔵元さんが
増えている魅力的な試飲会なのです。


最近の試飲会は、とっても女性が多くなったなぁ~と感じますね。特に同世代
の女性がとっても増えてきているのが、とても嬉しいですね。


少しずつ日本酒のイメージが変わってきている証拠なんだと思ってます。
美味しいお酒をもっと知ってもらえるような提案をしていかなきゃイカンって
事ですよね。

『若者のアルコール離れ』って言葉を良く耳にします。
面倒なんですかね。そりゃ~酔っ払った上司・先輩の相手は、大変だし、
二日酔いも辛いですけど・・・そこって乗り越えなきゃいかんでしょ。

飲んでる席だから、普段聞けない裏話などが聞ける素敵な時間だと思うんです
けどね。
美味しい日本酒&料理を提供して行くことで、普段飲まない人たちへの
きっかけとなったら良いなと思っております。



なので皆々様、いつもと違う面子で飲むってのもたまには、良いかもです。
新たな一面が見れたり、日本酒に目覚めちゃったり・・・・

日本酒デビューのお力になれるのでしたら、素敵な日本酒をサービスしちゃいますんで、どうぞ御来店下さいませませ。


2011年6月20日 (月)

『夏酒』×『夏肴』

どもです。うっしー店長ですscissorsbleahscissors
父の日は、自宅でのんびりと過ごさせていただきました。
息子達から『酒器』のプレゼントがあり、うれしい限りでございましたhappy02

パパは、いつもお酒飲んでるから・・・そんなイメージなんでしょうね。
正直、もらって嬉しいのが酒器なんで、とっても嬉しかったです。
日曜日位しか一緒に食事する事がないんで、休日の晩酌が何よりも楽しみなんでいつも飲んでるイメージなんだと思います。
平日は、ちゃんと休肝日ありますので御安心を・・・・。

昨日は、貰った酒器でグイグイとお酒を飲んで飲んで飲んで・・・・
王祿・純米吟醸『渓』の4合瓶があっちゅうまに空になっちまいまいた。

うれしい時に飲むお酒は、本当に一瞬ですね。ビックリちゃんでしたcoldsweats01

さてさて、毎年夏の恒例企画『夏酒』×『夏肴』がスタートしましたsign03

この時期にだけ出荷される『夏酒』に暑い夏にこそ食べたくなる『夏肴』を
ご用意致しました。

『夏酒』×『夏肴』の×(プラス)ですが、お酒と料理って掛け算なんですね。

まっ単純に1×1=2って、訳ではないんですけどね・・・。

お酒と料理の掛け算は、1×1=2・3・4・・・∞ってなります。

もちろん相性に寄っては、残念ながらマイナスになる事もありますが・・・。

食べ合わせによって得られた感動って、本当に物凄いんです。
苦手だった食べ物・お酒が食べ合わせによって『好き』になっちゃう事もあります。

特に熟成酒や発酵食品って結構、好き嫌いが分かれますよね。正直ウッシー店長も苦手な発酵食品がありますが、お酒と合わせる事で好きになったのもありますし・・・。

そんなこんなで、今回のメニューも夏の定番『水茄子刺し』や『蓴菜酢』などの
さっぱりメニューから『米茄子の粕チーズの田楽』や『三元豚のアラレ揚げ』
などしっかりとパンチの効いたメニューまで幅広く御用意しました。


食欲が落ちやすい夏だからこそ、ガッツリと食べていただきたいし、
冷たい物を取りがちな夏だからこそ、体に優しい『bottleお燗bottle』がおススメなんです。


お酒は、『SOKAI(爽快)』   『UMAKARA(旨辛)
SPARKLING(活性)』   『NATUKAN(お燗)』に分かれてます。

夏をテーマにしても各蔵元で出荷されるお酒のタイプは、違うんです。

蔵の個性を活かした『夏酒』をどうぞお楽しみ下さいませ。

2011年6月17日 (金)

日本酒フェア2011

どもどもです。うっしー店長ですscissorshappy01scissors

先日、池袋・サンシャインで行なわれた日本酒フェアに行ってきましたrundash

日本酒フェアとは、独立行政法人種類総合研究所と日本酒造組合中央会が主催の年に一度の大大大大イベントなんです。

日本酒フェアは、大きく2つのイベントに分けられます。

まず、一つ目が『平成22酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒会
そして、二つ目が『第5回 全国日本酒フェア』です。

今回は、公開きき酒の方は、とっても混んでて何かと大変なんで
『日本酒フェア』の方へ行ってきました。

『日本酒フェア』は、全国の酒造組合から各県毎にブースを出して
『うちの県の酒は~』って、蔵元さん達がお酒を提供してくれます。

各蔵1~2銘柄飲めるんで、ざっと1000アイテム位あるんじゃないでしょうか??

試飲会やお酒のイベントって、最初の一杯目ってとても重要ですよね。
どこのブースのお酒を飲もうかな~誰に会いに行こうかな~って感じで・・、


とりあえず、会場をふらふら・・・と知ってる蔵元さん居ないかな~と
回ってみると、おっとsign01石川県ブースに美人蔵元発見!!!


『遊穂』醸造元、御祖酒造代表の『藤田美穂』さんです。
昨年、遊穂の会をやって頂きました。先月のイベントでも遊穂ブースの
お手伝いをさせて頂き、そこそこ仲良し??な蔵元さんなのです。。

銘酒の多い石川県にして、しっかりと石川県らしい旨味のしっかりとした
ザ・食中酒を醸しているとっても素敵な蔵元さんです。


先月作った、『遊穂』の酒粕を使った、『クリームチーズの粕味噌漬け』がとっても良い感じに馴染んできたんで、夏メニューに使ってもらおうと、
米山大将にお願いしました。


素敵な一品への完成は、来週から始まるの『夏酒』×『夏肴』を楽しみに
して下さいませませ。。。


さてさて、日本酒フェアですが、水曜日の午前中は、流石に一般の方よりも
飲食店スタッフがとても多かったです。

知り合いが多かったんで『うっしー』って遠くから呼ばれたり、隣で試飲して
る人がたまたま知り合いの飲食店さんだったりと、久しぶりに多くの同業者に
会った一日でした。


その他、お会いできた蔵元さんは、『七本槍』の冨田さん、『篠峯』の堺さん、『〆張鶴』の宮尾専務、『開運』の土井社長、『七冠馬』の田村社長などなど

こんなに多くの日本酒関係者さんが、池袋にいるのがちょいとビックリな
イベントでした。日曜日とか祝日にやってくれればなぁ~なんて思いつつ、
早々と会場を出ました。


日本酒好きな人たちが池袋に集まる訳で、日本酒フェアの後に蔵元さんが来てくれたり、フェア帰りのお客さんが寄ってくれたりと、いつもに増して『日本酒』な店になるんです。

正直、マニアックな人も多いんで精神的に、ものすっごく疲れましたけど・・・。

2011年6月13日 (月)

白露垂珠の会

とっても嬉しい事があり、超超超ご機嫌なうっしー店長です。
内容は、内緒ですけど。。。

さてさて、先週の木曜日に山形県鶴岡市羽黒町より『白露垂珠』醸造元、
竹の露合資会社より代表社員で製造責任者の『相沢政男』さんをお招きしまして、『白露垂珠と初夏の料理を楽しむ夕べ』を行ないました。

久しぶりのイベントで米山大将はじめ、チーム螢月気合い入りまくりでした。

さかのぼる事約1年前、とある試飲会で相沢さんと数年振りに会いました、
試飲会位しか会う機会がないのが本当に残念ですが、ほとんどの蔵元さん達も
同じですね。年に数回(主に春と秋)の試飲会で会うのが毎年の流れなんです。

そこからまた半年ほど経った頃、相沢さんが店に飲みに来てくれました。
その時に、6月に『白露垂珠の会』をやろうと相沢さんと日程を決めました。

もう半年もたったんだなぁ~なんて思いつつ、『白露垂珠の会』が開催されたんです。

今回の料理のテーマは、ずばり『初夏』でした。
米山大将に白露垂珠のイメージを伝えて、初夏をテーマで献立を作ってもらいました。

     『白露垂珠』と初夏の料理を楽しむ夕べ』の献立

◎先付け 鮪の煮凍りトロロ掛け
◎造 り 伊佐木の焼霜造り 本鮪赤身 妻、一式
◎冷し鉢 夏野菜の胡麻浸し
◎焼 肴 牛ヒレ肉の更沙焼
◎揚 物 蝦蛄の黄味焼 沢蟹空揚げ 青唐 
◎酢の物 蓴菜酢 鮑の酒蒸し 長芋
◎食 事 葛素麺

手前味噌ですが、何度も日本酒のイベントを一緒にやってきた米山大将らしい『白露垂珠』との相性を考えた見事な献立でした。


透明感のあるとてもキレイな酒質ですが、しっかりとした旨味と酸が全体と支えている。こんな感じの大まかな『白露垂珠』のイメージを米山大将に伝えました。

白露垂珠は、夏野菜の持つ『みずみずしさ』『苦味』と抜群の相性なんです。
ちゃんと野菜の持ち味を引き出して受け止めてくれる素敵な仕事をするんです。

例えば、茗荷や茄子・白瓜に胡瓜なんかも最高に良く合いますね。
冷し鉢「夏野菜の胡麻浸し」には、茗荷・茄子・玉蜀黍・白瓜が入っていて
正に、ぴったしな料理でしたね。


さてさて、今回出品した『白露垂珠』の御紹介をします。

◎純米大吟醸 出羽燦々 全国新酒鑑評会金賞受賞酒 特別バージョン
◎純米大吟醸 出羽燦々 「ウルトラ33」
◎純米大吟醸 出羽燦々 
◎無濾過純米吟醸 美山錦
◎無濾過純米 出羽の里
◎無濾過純米 ミラクル77
◎純米大吟醸 斗瓶囲い原酒 出羽燦々40
◎無濾過純米吟醸 生詰め原酒 改良信交
◎純米吟醸 亀の尾 原酒
◎無濾過純米66 5年熟成原酒 京の華
◎清酒 竹の露

・・・・・・とずらら~と11アイテムと今までの会で一番種類の多い会に
なりました。

11アイテムかぁ~皆さん最後までちゃんと辿りつくのかな・・・なんて
心配をしてみたんですが、特に問題なかったですね。

ほとんどのお客さんが、しっかり最後まで飲んで飲んで飲みまくってました。

いつも思うんですけど、『酒の会』てスタッフでなくお客さんとして
参加したいな・・・なんて淡い期待を胸に次の企画を考え中なのです。


2011年6月 6日 (月)

素晴らしき休日

どもどもです。うっしー店長です。

最近ブログ更新してないじゃん・・・って多くの方々に言われてしまい、
ヤベ~と言う事で更新します。

昨日、久しぶりに神奈川県海老名市へ行ってきました。約半年振りですね。
半年前は、人生初の『稲刈り体験』をしたんです。

今回は、田植えでした。もう毎年恒例のイベントですね。

泉橋酒造主宰の田植えイベント『ハレルヤの会』に参加してきました。

天気がどうなるかな~なんて心配でしたが、作業中は、とっても良い天気で
日焼け止めクリームを塗ってえっさえっさと雄町の苗を植えまくりました。


参加者は、約150名でいずみ橋を取り扱っている酒販店か飲食店のスタッフ
が中心です。お子さんを連れて参加している姿も結構ありました。

『山田錦』と『雄町』と2種類植えるです。『山田錦』が2反分、雄町が1反分植えます。
山田錦100人、雄町50人って感じです。

うっしー店長は、毎年『雄町』を植えています。

毎年、同じ場所で雄町を田植えして同じ場所の稲刈りをやってるんです。
そのほうが、俺の場所って感じで愛着が湧きますので。。。

久しぶりに田んぼに足を入れた瞬間は、なんとも懐かしい気持ちになりますね
童心に戻った気持ちが込み上げてきます。

今までは、長靴を履いてやってたんですが、今回は足袋でやってみました。
足袋のほうが、田んぼに浸かってもとても動き易く、作業がとってもやり易かったです。

毎年やっているからでしょうか?今回は、とっても作業が早く終わった感じが
しました。作業の後は、お楽しみ時間の『お疲れ会』です。

くわぁ~ビール飲みてぇ~って参加者のほとんどの方が思ったと思いますが
もちろん乾杯は、日本酒です。

昨年植えた『雄町』で造った山廃純米生原酒です。

しっかりとした味わいと酸によるキレの良い『いずみ橋』らしい純米酒。

ビール・・・・を忘れさせてくれる美味い純米酒ですね。

今回は、梅酒や苺リキュールも出してくれたので、ソーダ割りが飛ぶように
出てましたね。やっぱり暑い日には、シュワッとしたのが飲みたくなりますよね。


冷しトマトや新玉葱のスライス、豚肉の吟醸粕漬け焼、梅&ユカリのおにぎり
ザル豆腐などなどがテーブルに並びました。


いずみ橋らしく、お燗のブースがありお酒にあった温度で飲ませてくれます。
うっしー店長の好みとしては、晴瑠野19BYがとても美味でした。

一通り飲んで会がお開きになり、小田急線で新宿へ16時オープンの飲み屋
さんにそのまま吸い込まれるように入店し、待ってましたの生ビールを
グビグビグビグビ~と立て続けに3杯生ビールを飲んでその後は、
奥播磨・山廃純米、不動・純米吟醸、鼎・純米吟醸などなど・・・を
飲み、そして、またまたビールで〆くくりました。

ちょいと飲みすぎてしまったみたいで、フラフラで家に着いて、
息子達よりも先に寝てしまいました・・・・。

久しぶりに日本酒漬けな休日を過ごしてとても幸せな一日でした。。。

朝起きて、体中が痛くて、ちょいとしんどかったです。


螢月
  • TEL050-3461-9902