プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

11月も・・・

毎度ありがとうございます。うっしー店長ですの。

すっかりと寒くなってきましたね。冬だなぁ~なんてしみじみ思いますね。

しぼりたてを開けるドキドキした気持ち・・・やっぱり最高ですね。

新酒ハンター(自称)のうっしー店長は、この時期がとっても好きですね。


11月も今日で終わり。11月って予想以上にのんびりとしてるんですよね。

嵐の前の静けさ・・・な一ヶ月間なんです。長すぎですけど・・・。

11月も後半になると、年末年始の事で頭が一杯ですよね。
うっしー店長も忘年会の事やイベントの事ばっかり考えちゃいますね。

忘年会の料理何にしよう・・・・とか、
今年の締めくくりの日本酒は、何にしよう・・・とか、
年越しは、誰とドコで過ごそうかな・・・なんてね。うふふ・・・

とりあえず、明日から師走なんですもん早いもので・・・
今年は、ビックリするほど一年が短かったな・・・

あと一ヶ月、突っ走っていきますよ。


12月4日の『あづまみねの会』、締切りは、2日までです。

超スペシャルな日本酒が出てきます。この会で位しか飲めないと思います
ので是非ぜひご参加下さいませ。

2010年11月24日 (水)

温かなおもてなし

どもです。うっしー店長です。

すっかり寒くなって冬ですね。鍋を囲んでお燗をキュイッと・・・
そんな素敵な季節になりましたね。

螢月でも本日から『鍋』がスタートとなりました。

今年の魅惑の鍋は、『比内地鷄鍋』と『ねぎま鍋』です。

忘年会・新年会におススメな『鍋コース』もご用意致しましたので、
こちらをご覧下さいませ。

鍋には、心も体も温める素敵な魅力がたっぷり詰まっていますから、
是非とも召し上がって頂きたい、冬のご馳走ですsign01

『鍋』に欠かせないのが・・・やっぱり日本酒ですね。

『しぼりたての日本酒』続々と入荷しております。

とりあえず、今現在の『しぼりたて』達をご紹介しますと・・・・
鳳凰美田・獺祭・八海山・義侠・あたごのまつです。

宝剣・東洋美人・十四代・白岳仙・開運・〆張鶴も近いうちに入荷します。
『今年の新酒達』とっても美味ですよsign01


2010年11月15日 (月)

あづまみねの会のご案内。

どーも皆様sign03うっしー店長ですよscissorshappy01scissors

先日行った、『岩の井・横坂杜氏を囲む会』は、
とても大盛況でとっても素敵な会をおこなう事が出来ました。
参加してくださったお客様、横坂さん本当にありがとうございましたhappy02

蔵元を囲む会に一度来てしまうと、『次はいつなのsign02』とよく聞かれます。

蔵元さんのお話を聞きながら、美味しい日本酒・料理を楽しめるそんな素敵なイベントを見逃してしまったら、正直もったいないですよ。

さてさて、次回のイベントは・・・

岩手県紫波郡紫波町『吾妻嶺酒造店』から13代目蔵元『佐藤元』さんをお招きして『あづまみね-佐藤元さんを囲む会』を行います。

あづまみねは、色々と思い出がありまして・・・かれこれ9年前に
まだ螢月のアルバイト君だった頃に日本酒の仕込み体験に
行かせてもらった、思い出の酒蔵です。
仕込みの後に、spa温泉spaに行ったり、noodleわんこそばnoodleを食べに行ったり、barバーbarで飲んだりと色々とお世話になっちゃいました。
『元さん』は、僕にとって『大好きな岩手のお兄ちゃん』なのです。

前回のあづまみねの会の様子は、こちらを見て下さい。

ではでは・・会の詳細です。
    

bottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottle   

        日 時  12月4日(土)

        時 間  18時00分~22時00分

        会 費  男 性 8000円 
              女 性 7500円

        
        定 員  30名様
 
 bottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottlebottle


お申し込みはtelephone03-3981-0280telephone
  もしくはloveletterinfo@hotaruzuki.comloveletterまで
御予約お待ちしておりますbleah

2010年11月10日 (水)

しぼりたて入荷!!

どもどもです。うっしー店長ですscissorswinkscissors

先週の土曜日に千葉県御宿町の岩瀬酒造『岩の井』の熱血杜氏の横坂安男さん
を囲んでお酒の会を行ないました。

自称、百笑(百姓)の横坂杜氏は、年齢50歳。趣味は、なんとsign01トライアスロンsign03

半農半酒:半年稲作、半年酒造りという、一年中お米に関わる仕事をしています。

横坂杜氏は、蔵人としては、25年位のキャリアですが、
岩瀬酒造では、今期で二造目です。

岩瀬酒造の前は、石川県『常きげん』、岡山県『歓びの泉』、新潟県『八海山』、群馬県『貴娘』で酒造りをしてきました。

中でも、岡山県『歓びの泉』は、何かと思い出の多いお酒で、
大吟醸『極至』や『袋吊り』シリーズ(山田錦、雄町、朝日)。
本当に本当に美味しくて美味しくて、赤坂プリンスで行なわれいた、
『吟醸メッセ』では、『極至』の山田錦&雄町をグビグビと頂いてました。
そんな大好きな『歓びの泉』ですが、最近あまり見なくなったなぁ~と
思ってたら、昨年蔵が廃業になった事を聞いて、『えっ何で??』と
全然信じられず、悲しくて泣いた事を思い出します・・・。

横坂さんは、中田酒造(歓びの泉)では、杜氏として勤め、
その後石川県の『常きげん』で農口杜氏の下で山廃造りを学びます。

20年以上酒造りをしてきたが、山廃造りの経験が無い。山廃が出来なくて
杜氏と呼べるのか・・・そんな思いの末『常きげん』で山廃造りの修行を
行なったそうです。

『常きげん』では、2年間『もと屋』と呼ばれる『酒母造り』を担当。
『酒母(しゅぼ)』とは、『山廃もと』『生もと』『速醸もと』など、
いくつかの造る方法がありますflair

この造り方の違いで味わいや骨格などの大まかな特徴が分かれます。

酒母の説明は、とても複雑で長くなるので、控えまして。

ちょうど一年前、岩瀬社長に注文のお電話をしていたら、今年から杜氏が変わるよと言っていて、元『歓びの泉』の横坂君だよって教えてくれました。

えぇぇっ!!横坂さんが岩の井に!!』うれしビックリでした。
でも、『歓びの泉』と『岩の井』全然酒質が違うので結びつかない・・・
それが知った時の第一印象。

でもでも・・・
横坂杜氏は、半年間千葉県印旛郡で米造りをしています。
『自分で作った米で酒造りをやりたいsign03』そんな思いを持った
熱きおっとこまえ杜氏です。

千葉で作った米を千葉の蔵で、しかも山廃造りで。その思いが結びついたのが
岩瀬酒造(岩の井)だったのです。岩の井と言えば、山廃造り。
海に近いためミネラル分が強く、カルシウムやカリウムが多く含まれ、
発酵がとても旺盛になります。硬度の高い水は、山廃造りのような旨味のある
濃厚で酸のしっかりとしたお酒にとても向きます。

自分で米を作り、酒を造る。最高の流れを実現した『横坂』杜氏の2年目の
闘いが始まる。

仕込み中に会いに行きたいな・・・。絶対に行きますけどね。

2010年11月 2日 (火)

デザート修行中なり。

どもです。うっしー店長ですscissorshappy02scissors

10月でヒガシが辞めてしまって、ちょいと寂しいチーム螢月ですbearingbearing

そんな訳でチョイと私の仕事に変化が起きてしまいました。
それは、デザートも担当する事になりましたbirthday

螢月は、ぐっさん以来、デザート作成をホールが担当していますので、
今月からは、私、うっしー店長がデザートを作るわけなんです。

昨日作った、デザートをご紹介する前に。。。

先日、秋田県へ食材探しに行ってきました。
ぐるなびさんの企画で、比内鷄生産者さんや酒蔵や味噌・醤油の製造蔵
りんご農園・稲庭うどん工場などを巡りました。

この食材探しツアーで試飲して、とっても美味しかった『ジャージーミルク』を使って濃厚なアイスを作りました。

ジャージー牛乳taurusは、ミルクが優れた栄養成分を持つ様に改良された、最高の
乳牛種です。うす茶色の柔らかな毛と大きな目が特徴です。
鉄分・カルシウム・ビタミンAが驚くほど豊富に溶け込んでいます。

太陽の恵みsunに自然の恵みbudがいっぱい詰まった、本当に美味しいミルクです。

このまま食べても美味しいアイスですが、私うっしー店長がおススメしたい
食べ方があります。

それは、熟成酒をかけて召し上がって頂きます。

今回、一緒に楽しんで頂く銘柄は、うっしー店長の大好物である、
王祿の『琥珀のしずく』平成6年醸造です。

濃厚なアイスに優雅でほろ苦い『琥珀のしずく』をかけると絶妙のマッチングを楽しめるんです。

一度食べたら、忘れられないそんな絶品スイーツなのです。
自画自賛ですいませんbleah

螢月