プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

ご無沙汰です。

どーもご無沙汰しております。うっしー店長です。

スイマセン、あんまし更新しなくて・・・・。

最近、ウッシー店長&螢月が何をしていたかと申しますと。

石川県『遊穂』のお酒の会をやったり・・・
秋田県に行って、食材探しツアーに参加したり・・・・
いつものように飲みまくってたり・・・・
スタッフとお燗酒の勉強会したり・・・・・


な、日々を過ごしていました。ちゃんと仕事してんのか???と
叱られそうな日々ですが、相変わらずのうっしー店長なのです。

色々な経験を積んでこそ、魅力的な飲食人だと思ってますので、
その辺は、ご勘弁いただいて・・・。

さてさて、10月ももう終わりですね。来月から新螢月となって
バージョンアップしていきます。

何が変わるのかは・・・・乞うご期待。

週末&月末で何かとバタバタしてて、完成度の低いブログでスイマセン。

2010年10月21日 (木)

初めての体験・・・・

どーもどもども。うっしー店長ここに登場しました。
雨ですね~足取りが重くなっちゃいますね・・・・。

落語のCDを返しに行かなきゃいけないのに・・・。

さてさてと。
泉橋酒造にて行なわれた、稲刈りの続きです。

会長・社長のお話の後は、いよいよの稲刈りのスタートです。

前回植えた『雄町』を2反分(600坪)刈ります。
田植えの時と比べると足場が乾いていますので動き易く作業もやりやすかったです。

鎌で稲の束をザクっと刈って刈っての繰り返しです。
泉橋の田んぼは、農薬を全く使わない為に色々な生き物が生息しています。
子供連れで参加している方も多く、虫やカエルを捕まえている子供たちがとても多かったです。

子供たちに鎌を使って稲刈りさせるのは、ちょいと危ないので虫捕りを
していたほうが、安全でよいかな・・・とも思いました。

200人位の参加者で約1時間掛かって、稲刈りの終了。いずみ橋のシンボル
マークである、赤とんぼを撮影しようと色々やってみたんですが、難しいですね。全然止まってくれないし、近くには来てくれないし・・・。

よって、トンボの画像は、ありません。撮れませんでした・・・・。

作業の後は、待ちに待った『田んぼ講座&収穫祭』です。

いや~ビールが飲みてぇ~なんて野暮な事を思いつつ、橋場社長による
今年のお米についてのお話がありました。猛暑の年、冷夏の年のお米の出来の
違い、お米の品種によっての収穫時期の違いなどなど・・・面白くとても
ためになるお話をいただきました。

料理&お酒の準備が整ったところで『収穫祭』のはじまりはじまりです。

乾杯は、いずみ橋 山廃純米吟醸『紀(はじめ)』H21BYです。

橋場会長の『乾杯』の掛け声でキュイっと始めました。

今回、ずらら~と並んだ料理をご紹介します。

【料理】
◎トン汁・地元食材をたっぷりと使用。味噌は、いずみ橋の吟醸みそ仕立て。
◎相模川の天然鮎の塩焼き
◎キュウリと吟醸みそ
◎新米のおにぎり『えびな錦(コシヒカリ)』
◎野菜の朝漬け
◎粕漬けキュウリのクリームチーズ和え
◎吟醸みそを使った無添加ソーセージ


【お酒】
◎晴瑠野 H15BY~H20BY
◎恵、青ラベル、海老名耕地
◎純米大吟醸、神力
◎秋とんぼ~山田錦~

今回で15年目を向かえた、田植え・稲刈りの会。酒米作りを消費者参加型の
勉強会としてもおこなっている『いずみ橋』。皆で汗をかいて育てた酒米を
蔵人が引き継いで丁寧に醸し、その出来上がったお酒を皆で飲み喜ぶ。
そういった愉しみを共有することがまた一層お酒を美味しくするスパイスなの
かもしれません。因みにこの会の名前は、『晴瑠野(ハレルヤ)』といいます。
『晴』はお日様を、『野』は大地を指し、それら自然の恵みを宝もの
(瑠は宝を留る意味があるそうです)のように大切にいただこうという思いを
込めました。またハレルヤは、ヘブライ語で『収穫』や『感謝』という意味が
あるそうです。「酒造りは米作りから」をモットーに栽培醸造蔵である原点が
ここにあります。※当日配られたチラシから抜粋しました。


田植え・稲刈りを行ないって、酒米・飯米どちらも農家さんが毎日とても
大変な作業をしている事を体験しました。

大変な作業は、やってみないと分りませんし、なかなか見る事もないと思います。最近では、休日などに一日農家体験をする方が増えているようです。


やったことがない方は、是非とも一度体験していただきたいです。
お米一粒一粒のありがたみを、作業後のおにぎりの美味しさを、
是非とも実感して頂きたいです。

来年は、息子たちを連れて参加したいな・・・と思ったのでした。

2010年10月18日 (月)

ハードな一日・・・。

どもどもです。太モモの裏側が筋肉痛なうっしー店長です。

昨日は、とてもハードな一日でした。久しぶりの『bottle酒パワー充電bottle』でしたbleah

まず、土曜日の営業後、久しぶりの常連さんが来てくれました。営業は、
終わってたんですが、この常連さんは、転勤で神戸に引っ越してしまい、
年に2度来店する常連さんなんです。
この年に2度ってのが、昨日のハードな一日に関わってきます。

昨日は、毎年春と秋に行なわれている『純米酒フェスティバル』だったんです。うっしー店長も今回で7回目の参加ですが、この常連さんは、第一回目
から全ての会に参加している、酒好き・・酒仙・・酒オタク・・酒バカ・・
なとても素敵なおっちゃんです。

常連さんの中でトップ3に入る程、日本酒の知識を持った、うっしー店長が
到底かなわない凄いおっちゃんなんですcoldsweats01

毎回、純米酒フェスティバルの前の日には、池袋で宿を取り、ふらっと
寄って(酔って?)くれます。

『○○杜氏の若い頃は・・・』『○○の造った日本酒が飲めて幸せだなぁ~』
とか、もう引退された杜氏さんの話や現役杜氏の昔などを話してくれます。

全然昔の話ですが、とても面白いんですよね。

空き地に来て紙芝居を面白く話してくれるおじさんの様な存在ですね、
うっしー店長にとって・・・。


さてさて、面白いおっちゃんが宿に帰ってしまった後、もう時間は、3時頃
でした。

日曜日の朝から海老名で『稲刈り』のイベントに参加するので、早く寝なきゃ・・・


新宿から8時41発の小田急線に乗る予定だったので、7時に起きれば大丈夫
と寝床に就いたもののワクワクしちゃって寝つけないんですよね。

初めての『稲刈り』だったもんで・・・しかも、5月に自分で田植えをした
稲を刈るですから、興奮しますでしょ。
ちゃんと成長してるかな・・・。
天気は、大丈夫かな・・・。
『プロフェッショナル』ちゃんと録画してくれたかな・・・。

そんなことが気になってたら、あまり寝れませんでしたwobbly

そんなこんなで、海老名に着いてタクシーで『泉橋酒造』へと向かいました。

半年前の海老名の風景は、どの田んぼに稲が植えてあって緑一色でしたが、
稲刈りを終え、干している田んぼもあれば、黄金色の稲がまぶしいほど、
輝いていました。秋ですね。半年で風景がこんなに変わるのって、池袋では
あまり感じられませんので、とても素敵でした。

蔵に着いたら、既に200名位参加者が到着してました。
受付を済ませて、荷物を預けて準備万端。

よっしゃ~sign01やったるぜぇ~sign03と気合い十分でした。

橋場社長から稲刈りの方法や注意点、会長から刈った稲の縛りかた等の
お話の後、いよいよ『稲刈り』のスタートです。

2010年10月16日 (土)

そろそろ・・・・

どもです。うっしー店長ですscissorshappy01scissors


少しずつ秋も深まってきましたねmaple。涼しくなって過ごしやすくて
好きですね・・・・『秋』。


ここ数年、落語しか聞いてないので、久しぶりにカラオケkaraokeに行ったら、知らない曲ばかりで正直ビックリしました。

もともと新曲とか知らないんですけど、流石にシビレました。

IPODには、落語しか入ってないんです。32ギガでは、全然足りない位
入ってます。

落語しか入ってないの???とビックリされるくらい落語だけなんです。

だって、落語が好きなんだもんlovely。通勤時に2~3席聞いてますが、
定期的に増えてるんで、全て聞き終えるのは、いつだろう・・・と
思っちゃうほどたっぷりと詰まってます。

まったく食と関係ないブログになってしまったので、ちょいとうっしー店長
らしく、日本酒の事を書きたいと思います。


『秋』といえば、やっぱり『bottleひやおろしbottle』ですね。
春先に搾ったお酒を、火入れ(熱処理)をして夏を越して涼しくなった
今頃の時期に出荷します。

最近では、お盆が過ぎたら『ひやおろし』を出荷する蔵もありますが、
もともとの『ひやおろし』は、涼しくなって、外気温とタンクのお酒の温度が
同じ位になってから出荷する事が定義ですから、
9月なんてまだまだ残暑がたっぷりですし、10月でも半袖で大丈夫な日も
多い。

10月半ばになってやっと『秋らしく』なってきたなぁ~と思うんです。
なので、螢月では、最近『ひやおろし』をはじめました。
『季節感』てとても大事ですから。特に飲食店は・・・。

『しぼりたて』、『夏酒』、『ひやおろし』等の季節限定ものは、
通常メニューよりも薦めやすいので売れるですよね。
だからって、早まっちゃ~いけません。日本には、素晴らしい『四季』が
あるんですから・・・・。

2010年10月13日 (水)

大阪大好き!!

どもです。うっしー店長ですscissorshappy01scissors

9日、10日と雨で延期になった次男坊の運動会も11日の
体育の日に無事に終える事が出来ましたgood

ちょっと天気良すぎて、軽く日焼けしちゃいました・・・。


先月末に行きました、大阪旅日記の続きです。ハイ。


目的は、『王祿の会』。会も終盤になり、お酒も進みかなりいい感じで
『え~ここでお客様からスピーチを頂きます。』きたぁぁぁぁぁ~!!


まず最初は、大塚の老舗日本酒専門店『串駒』の女将さん。

王祿さんと古くからの付き合いらしく、蔵にも何度か行ったことがある
みたいで、思い出などをメインにお話されてました。

『次は、池袋の螢月のうっしーさん』。

ちゃんとスピーチの内容を前日にメモしてきたんですが、実際に
丈径さん・ちあきさんにお会いしてメモを読んだんじゃツマラナイと
思って、正直な感想。王祿ファンの飲食店として今後やるべき事、
酒造りに対して正直に真っ直ぐにぶつかっている丈径さんを
我々もちゃんとお酒への知識を高め、多くのお客様の心に響かせましょう。
なんて、カッコつけちゃいましたwink

その後も丈径さんの友人の飲食店さんや焼酎の『佐藤』の蔵元さんなどが
スピーチをし、いよいよ会も終わりに近づいた頃。

山中酒の店社長から丈径さんへ花束が送られました。


ここで丈径さん・ちあきさんからお礼のご挨拶が・・・・。


丈径さんは、毎年一本一本お酒を造る事への責任を強く語り、
ちあきさんは、丈径さんに酒造りだけに全ての力を注げるようにしっかりと
支えていきます・・・って、この夫婦凄すぎる・・・と正直思いました。



会の後、場所を山中酒の店4階に移して二次会に参加させてもらいました。
丈径さんと少しお話することが出来て、

『お前のスピーチ、すっごく良かったよ!!』

『俺は、お酒を造るのが仕事。お客さんに伝えるのは、お前の仕事だぞ!!』

来年、酒造りが終わって、落ち着いたら店に行くよって言ってくれました。

お酒に惚れて、人に惚れて、ますます『王祿』が好きになった大阪旅日記でした。

大阪の夜は、まだまだこれからですが、後は、ヒミツです。

2010年10月 9日 (土)

『王祿の会』スタート

どもですpaperうっしー店長ですscissorsbleah


今日、次男坊の幼稚園の運動会だったんですけど、雨で延期になりまして、
朝方の3時頃に帰宅してそれからお弁当の仕込みを軽くやって、6時頃に
起きて、玉子焼きやら唐揚げやら、煮物やらriceballやら作ってて
唐揚げが揚がり終えた位で『今日は中止』と連絡があり。
『まじで~』ってちょいと泣きそうになりましたthink

明日に延期なんですけど、明日も雨っぽいし、月曜日かな??
ちょうど『体育の日』ですからね。
また、お弁当の仕込みをやらなきゃ・・・。
何を作ろうか、ちょっぴウキウキしてます。

さてさて・・・。
大阪旅日記の続きです。大阪の『山中酒の店』主催
『丈径・ちあき夫妻を囲む会』がスタートです。

まず、丈径さんのスピーチから始まります。山中さんとの出会いから始まり、
この会がどれだけ『酒造り』へのモチベーションを高めるか・・・などなど。
いきなり、熱すぎる話を頂きました。

まだ、始まったばかりなのに、あまりの熱いお話にウルウルときちゃいました。『泣くのは、まだ早いよ!』と隣に座った『かむなび』の女将さんに
言われました。

乾杯のお酒は、王祿・純米吟醸『渓』の活性にごりの上澄みだけを丈径さん
の手によって慎重に注がれます。

爽やかな活性にごりの上澄み部分のみだけって贅沢すぎですよね。

『かんぱーい』『かんぱーい』

口の中をピチピチと弾ける爽やかな飲み口は、乾杯酒として極上ですね。

いやぁ~気分が高ぶりますね。ガッツリと飲むぞぉ~。

料理にお酒が続々と運ばれます。

天然鯛、ツバスワサビオイル蒸し
魚貝の紅葉おろし蒸し
野菜とクリームチーズのテリーヌ
わかさぎとだだ茶豆の岩塩焼き
果実のレモン酢箱寿司
野菜の酒盗漬け、ぬか漬け サラダ風盛り
クリーミー大福

渓にごり 20BY
超辛純米・直汲み 21BY
超辛純米・冷や卸し 20BY
渓本生・21BY
丈径・生原酒 20BY
琥珀のしずく 6BY

続きは、次回に・・・。

2010年10月 6日 (水)

スイマセン・・・

どもどもです。うっしー店長ですscissorshappy01scissors

ご無沙汰してしまってスイマセン・・・。

大阪に行ってたり、体調を崩してたりしてブログ更新してませんでした。

大阪には、『王祿の会』に参加してきました。

取引先である、『山中酒の店』の年に一度の大イベントです。

『王祿酒造・丈径・ちあき夫妻を囲む会』に行ってきました。

螢月で人気トップ3に入る『王祿』の丈径杜氏に一度お会いしたくて、
大阪まで行って来ちゃいました。
うっしー店長がとっても大好きな『王祿』ですから・・・・。

常連さん達に『丈径さんに会うんだ』って自慢して大阪に行きました。

朝11時発の羽田空港~伊丹空港で約1時間の快適な空の旅。

あまりに快適すぎて離陸してすぐに寝てしまって、気付いたら伊丹空港
に着いてて、もう少し景色とか見たかったなぁ~なんて思いつつ、
もう少し寝たかったぁ~が本音でした。

伊丹空港からは、バスでなんばを目指します。25分位ですかね・・・。

『なんば』って普通に都会ですので、大阪だなぁってあまり感じないんです

心斎橋とか新世界とか行くと『おおさかだぁ~』って感じるんですけどね・・

と・・言ってもお目当ては、いつもお酒なんです。
まっ!どこでも同じなんですけどね・・・。

興奮しすぎちゃって、会の始まる1時間位前に到着しちゃって、準備の手伝い
とかしながら、丈径さん&ちあきさんの到着を待ちました。

大好きなアーティストや芸能人さんを見たときって興奮しますよね。
柳家小三治さんを生で見たときの興奮は、今でも忘れません・・・。

本当にそんな感じなんですよね。丈径さん&ちあきさんが到着した時に
目の前がフワッと明るくなったような気がしました。

紹介してもらっても、なんてアイサツすればよいのだろう??そんな事って
今まで無かったので、本当に緊張してたんだなと思います。

そんな、緊張しまくりのウッシー店長に一つ大きな課題が待ってました。
会の終盤で東京の飲食店代表としてスピーチをしてちょうだい・・と。

2日前に連絡がきて「スピーチして」って依頼されて、『いいよ』って簡単に
応えていまい、当日になって心底後悔しました。

超アウェーの大阪で憧れの丈径さんの前でスピーチですよ。みなさん!!
しかも、微妙に知っている人が、多いんですよね大阪って、毎年行ってますし、「どーもうっしーさん」って声かけられるんですよ。
ちょっとビックリでしょ。


でも・・・・ここでバチッと決めれば振り向いてくれるかも・・。
そんなうら若き乙女の様な想いで必死になってみました。

「まくら」が長くなりましたが、いよいよ会のスタートです。

螢月