プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

魚に豊かで・・・・。

いつもど~もです。うっしー店長なのです。

まだまだ6月だってのにこの暑さは、痺れますね・・・このままどんどん温暖化が進んでしまったら、10年、20年・・・と経ったらどうなっちまうんでしょう???

熱射病に熱中症などなど気を付けなきゃ・・・ですね。

子供の頃と今では、『wavewave』に対するイメージが全然違くて、息子達に聞くと、海・スイカ・花火・お祭り・カブトムシそんな感じです。

大人になると・・・枝豆でbeer、焼き肉でbeer、祭りでbeer・海でbeer、全然ダメですねcoldsweats02

そんなダメオヤジなうっしー店長ですが、夏になると食べたくなるそんな
一品がありますhappy02

それは・・・・『鱧(ハモ)の落とし』なんです。

もともと関東出身なので大人になってから、ハモを知りました。関西(特に京都)では、夏の代表的な食材ですね。祇園祭りには、欠かせないハモ。

海に面していない京都でなぜ『鱧』なのでしょうか??

その昔、まだ現代のような自動車や電車などが無い時代の流通は、人力でした。若狭湾や瀬戸内から海産物を運んでいました。干物にしたり・・・と
ただ鱧は、海水を入れた箱に生きたまま運ぶ事ができたそうです。現代の様な
冷却設備など無い時代ですから、水温も上がりますし、酸素供給も出来ません
通常の魚とは、異なり鱧には、ウロコがありません。その代わりに表面には
ヌメリがあり、体を守ってくれるそうです。※ウナギも一緒です!
瀬戸内から活かしたまま桶に入れられて運ばれた鱧、は鮮度の良い魚が手に入りにくかった京都で大変重宝されたのです。


さてさて、鱧と言えば『骨切り』ですね。鱧の体には、小骨がたくさんあって
そのまま食べることは出来ません。そこで『骨切り』と呼ばれる技法を行ないます。

職人さんの腕の見せ所で、米山大将の骨切り姿を是非とも見て頂きたいですね。かっちょええっすよ。

骨切りをした鱧の身を熱湯の中に入れて、身が丸くなったら氷水に落とし、
旨味を凝縮させます。鱧の落としは別名(牡丹鱧)と呼ばれます。骨切りした
身が広がって牡丹の花が咲いたように見えるからです。

2010年6月24日 (木)

夏だ!野菜だ!!

どもどもです。うっしー店長ですscissorsbleahscissors

ゆっくりとお酒を飲んでないので、ちょいと酒パワー不足ぎみのうっしー店長
ですが、皆様はちゃんと楽しく飲んでますか????

soccerワールドカップsoccerを見ながら、仲間とbeerビールbeerをグイグイ・・・と楽しく飲んでいる方も多くいらっしゃると思います。

昨日は、家に帰ってビール一本飲んでふと気付くとソファーで朝まで
寝てしまってましたcoldsweats01

そんな時間もそれはそれで幸せかななんて思ったりて・・・。

さてさて、今週から『夏酒』×『夏肴』が始まりました。

夏酒は、各蔵元が『夏』をテーマに造られた日本酒です。一口に『夏』と
言っても、各蔵元の『夏』への想いは、それぞれです。

軽快でスッキリとしたタイプだったり、キリッと辛口に仕上げたり、
ハツラツとした活性酒だったり・・・・と
そしてもう一つが『bottle夏燗bottle』です。

『夏燗』については、また後日ご案内させていただきますね。

まだ始まったばかりの『夏酒』×『夏肴』をちょいと御紹介します。

今日の一品は、『夏野菜の盛り合せ』。

夏野菜の特徴は、何と言っても『みずみずしさ』ですよね。

『水茄子』『モロ胡瓜』『エシャレット』『谷中生姜』を盛り合せます。

暑さで食欲が無い時でも野菜って食べれるもんで、ポリポリ・・シャキシャキ・・・そんな食感が楽しい夏野菜なのです。

水茄子を始めて食べた時は、『茄子を生で!』って思ったもんですが、
一度食べたら、もうすっかり虜になってしまい、本当に大好きです。

モロ胡瓜は、通常の胡瓜よりも小さなので、ポリポリと丸かじりして下さい、
特製味噌を付けて召し上がれ・・・。

谷中生姜は、これは葉生姜の品種の一つで、東京都台東区の地名、谷中に因んだもの。かつては谷中が新生姜の特産地だったと言われているとの事。
生姜には、冷えた体を温める効能や血行促進・食欲増進の効果もありますから
是非とも召し上がって頂きたいです。


エシャレットは、まだ葉が青いうちに出荷されるラッキョウです。ピリッと
辛味が効いた大人の味わいですね。血液サラサラに効果にビタミンB1の吸収を助けるアリシンを多く含みます。ビタミンB1には、夏バテ予防や疲労回復の効果がありますからこれからの季節に摂りたいですね。

2010年6月21日 (月)

『夏酒』×『夏肴』のスタートです。


どもですsign03うっしー店長ですscissorshappy02scissors

昨日は、父の日って事で次男坊の『父親参観』に行って来ましたrun

凄まじい炎天下の園庭で親子競技をやったり、教室で工作をしたり・・と
父親してきました。

さてさて・・・・今日からいよいよ『夏酒』×『夏肴』のスタートですsign03

爽やかな吟醸酒やらキリッと辛口やら活性のにごりやらやら・・・ご用意してます。

蓴菜に夏野菜の盛り合せ&天麩羅、鱧の落としに長芋の酒盗焼きやらやら

夏場の疲れた体に染み渡る『夏燗』もおススメですよ。

ご来店お待ちしております。

2010年6月17日 (木)

熊本からの使者・・・

どーもみなさまうっしー店長ですscissorshappy02scissors

ちょいとドキドキしてます。だって今日はイベントなんですもの。

熊本県山鹿市 千代の園酒造『bottle千代の園を楽しむ会bottle』なのですlovely

本日は、カウンター&テーブル席で通常営業とさせて頂きますので、会の臨場感を味わいたい方や出品酒をコソッと飲みたい方は是非ともご来店下さいませgood


全国新酒鑑評会金賞酒からうっしー店長の秘蔵の大吟醸の熟成までと
幅広いラインナップでご来店をお待ちしております。

私、うっしー店長は、飲むのをグッと我慢してweep(無理ムリsmile
サービスに徹します。

日本酒が大好きな皆様、是非とも遊びに来て下さいませdelicious

2010年6月14日 (月)

『夏酒』×『夏肴』

飲んでますかぁ~???

昨日は、久しぶりに何も予定の無い日曜日だったので、たっぷりと息子二人に遊んでもらいましたhappy01

5歳の次男坊が、自転車の補助輪を外す練習を最近始めまして、昨日の練習でついに、スタートのから一人で進めるようになりましたbicycle

来月で6歳になるので、それまでには完璧にマスターしてもらおうと思ってます。

息子の成長を見るとつい涙目になってしまいますねdespair

さてさて、いよいよ梅雨入りとの事ですので、もうすっかり夏ですね。
夏と聞いて連想する落語と言えば・・・『酢豆腐』『青菜』『夏の医者』に『怪談噺』ですかね・・。※因みに、酢豆腐と青菜が好きです。

ついつい、話がそれてしまいましたが、螢月の夏の定番は、やっぱり・・・・

  
    shineshineshineshineshineshine『夏酒』×『夏肴』shineshineshineshineshineshine         
夏だけ限定で出荷される『夏酒』にうっしー店長厳撰の夏に向く日本酒を加え
た、螢月『夏酒』と米山大将の魅惑の『夏肴』とのコラボですgood

熱過ぎるミーティングを経て、いよいよ内容が決まりましたsign03

『夏酒』の銘柄をすららぁ~と並べますと・・・

『白岳仙』 『宝剣』 『賀茂金秀』 『開運』 『開春』 『王祿』 『いずみ橋』
『早瀬浦』 『あづまみね』 『睡龍』 『奥播磨』などなど・・・・

『夏肴』で使う食材をざっと御紹介いたしますと・・・

『鱧』 『蓴菜』 『長芋』 『葛素麺』 『汲み上げ湯葉』『みょうが』 『水茄子』 『長芋』などなど・・・・

どんな料理になるかどうお楽しみに・・・・。

『夏酒』×『夏肴』は、21日(月)からスタートしますhappy01


2010年6月 9日 (水)

田植えの後は・・・

どーもです。田植えでほんのちょっとだけ日焼けしたうっしー店長です。
色白なので『日焼け』と言っても、赤くなる感じなんですけどね・・・。

田植えの後は、蔵の敷地内でお疲れ様会が行われました。

鮭・豚肉を熟成酒粕漬けを鉄板で焼いて、取れたてのトマト・胡瓜を丸かじりしたり、『いずみ橋』純米生原酒『夏ヤゴ』やら純米吟醸『恵』、
神力・純米酒をお燗にしたり・・・と自然の恵みをたっぷりと頂きました。

米に野菜、味噌に酒粕などの食材のほぼ全てが、自社のものか、近くの畑で
取れたものばかり、今流行りのスローフードってヤツですね。

いずみ橋は、使っている米のほどんどを神奈川県産にこだわって使い、
ほぼ無農薬で作った米を使っています。

会では、全員参加でクイズ大会があり、全問正解者に前掛けのプレゼント!
全問正解者は、僅か4名でした。
うっしー店長は、なんと全問正解だったので、前掛けをもらってウキウキ気分で試飲会へと向かいました。

budbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbud

地元で酒米を作り、お酒を醸す。地域の活性化に加えて、農家までちゃんと目が届き、『安心』してお米を使う事が出来る。

『安心』って、口にするものだから、何よりも大切な事ですよね。

最近では、スーパーの野菜コーナーを見ると『〇〇さん農場の□□』なんて
良く見かけますよね。

やっぱり、少し値段が高くなっても『安心』して食べられる食材を選んで
買っている奥様達がこれからも増えるのだと思いますね。

『安心』を手に入れる事は、今ではそこまで難しい事ではないですが、作る(造る)ことは、とても大変な労力ですし、なかなか生産者とお会いする機会もないですから、今回の『田植え』を経験できた事での最大の収穫は、
生産者さんや自然に今まで以上の感謝の気持ちを持てた事です。

『いただきます!!』『ご馳走様でした!!』大切で素敵な言葉ですよね。

budbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbudbud

2010年6月 7日 (月)

大地の恵み

両足のもも裏側が軽い筋肉痛のうっしー店長です。

ももの裏側の筋肉痛って、なかなか経験ないのでちょっぴり嬉しかったり・・・。

この筋肉痛の原因は、昨日やってきました『田植え』です。

神奈川県海老名市・『いずみ橋』醸造元、泉橋酒造さんの毎年恒例のイベント、
『ハレルヤの会』に急遽呼ばれて参加してきました。

8時41分発の小田急線に乗り、目指すは『海老名』。電車に乗っている時間は40分位ですので、とても近いですね。

ちょうど一年前に蔵へ見学に伺った時には、蔵の周りの田んぼは、すでに田植えが終わってました。

集まったのは、『いずみ橋』を扱っている飲食店や酒販店の約120名。
今年で15年回目の『ハレルヤの会』は、年々参加者が増えているイベントです。
参加者が予定より多かったため、予定では、2箇所田植えする予定でしたが、
3箇所に増やして、雄町と山田錦の田植えを行ないました。



うっしー店長は、雄町米の田植えをしました。

店で扱っている、いずみ橋・特別純米-晴瑠野(ハレルヤ)は、この『ハレルヤ』の会で植えた完全無農薬『雄町』を使って、造られた純米酒を熟成させた商品なのです。

田植えは、今回で3回目となります。
前2回は、栃木県小林酒造(鳳凰美田)にて亀の尾を植える『お田植え祭』に
行ったキリで本当に久しぶりの田植えでした。

短パン、Tシャツに長靴履いて、頭にタオルを巻いて、準備万全。

いざ!!田植え。最初の一歩目、ズボっと足が長靴のギリギリまで入り、
田んぼの中を30メートル位歩いて、持ち場まで進みました。

不安定な足場の中でズボズボと足をとられながら、足を少し高め上げて進みます。きっとこの動きが、筋肉痛の原因かな・・・。

田んぼには、端から端まで一本のロープが張ってあります。このロープの前に
約50名がずららぁ~と並びます。

ロープの手前に約2、3本ずつの苗を植えます。次にロープを30cm進まし、
また苗を植えます。30cmずつが大事な距離で、これがズレルと除草作業等の
作業が大変になるそうです。この作業を繰り返し、繰り返します。

田んぼには、アメンボがいたり蛙がいたり・・・と普段では余り見る事の無い
自然を感じさせてくれました。


ひたすら腰を屈めての作業なので、腰が痛くなったり、倒れそうになったりで
とても大変な作業ですが、一つ一つ苗を植えながら、元気に育ってね。
秋の稲刈りが、とっても楽しみでしかたがないです。

2010年6月 5日 (土)

神奈川へ行きます。

どもです。うっしー店長ですscissorshappy01scissors

あんまし、更新しないでスイマセンです。ちょいとバタバタとしちゃってまして・・・

6月にもなると、もうすっかり夏ですね~暑いっすもんねsun

万年坊主のうっしー店長に日中の直射日光は、かなりダメージ喰らってますcoldsweats01
ビールが美味しい季節になってきて、それはそれで楽しみなんですけど、
昨日も朝までお燗酒の勉強って事で、ひたすらお燗をつけまくってましたbottlebottlebottle

春夏秋冬、いつだってお燗酒をゆるゆると飲むのが大好きで、時間を忘れて
つい飲みすぎてしまうんです。(今朝も6時頃まで)

今回は、お燗の話ではなくて、明日ちょっくら『神奈川県』へ行く事に
なりました。

海老名市の泉橋酒造にて毎年、行なわれているイベント『ハレルヤの会』への
お誘いを急遽、頂きまして行ってきます。

泉橋酒造さんへは、ちょうど一年前に蔵見学に行かせて頂きました。
その時のブログはこちら

ではでは、『ハレルヤの会』のHPから『ハレルヤ』についての説明を
お借りします。


いづみ橋では酒米作りを消費者参加型のイベントとして行っています。田植え、稲刈り、を皆さんの手で行っていただくものです。

 農家の考えからすると、田植えはきつい農作業なので、喜んでする物好きがいるのか、と半信半疑でしたが、今のこの時代お金を払ってでも、わざわざ遠くへ行ってでも農村体験ツアーがあるくらいですから、予想を超える参加希望にうれしい悲鳴をあげています。

 皆で汗水かいて育てた貴重な酒米を、蔵人が引き継いで丁寧に醸し、その出来上がった酒をまた皆で喜ぶ、そういった愉しみを共有することがまた一層酒をおいしくするスパイスなのかもしれません。

 ちなみにこの酒の名前は「晴瑠野(ハレルヤ)」といいます。「晴」はお日様を、「野」は大地を指し、それら自然の恵みを大切にいただこう(瑠は宝という意味があるそうです)という思いを込めました。またハレルヤはヘブライ語で「収穫」や「感謝」という意味があるそうです。

 「酒造りは米作りから」をモットーに栽培醸造蔵を目指すいづみ橋の原点がここにあるともいえます。

そして、田植えの後は、赤レンガ倉庫で『丸十酒店』さん主催の

日本酒蔵元サミット&ブラウマイスターを楽しむ会』に行ってきます。

ハードな一日を前に胸ドキドキのうっしー店長でしたlovely

2010年6月 1日 (火)

6月のスタート!!

どもどもです。うっしー店長ですscissorshappy01scissors

今日から6月のスタートですね、6月は・・・遠足・運動会など、外で行なう
イベントの多いイメージですが、雨の日が多く、室内で過ごす日も多くなるのでは??なんて思ってます。
(因みにうっしー店長の長男坊は、昨日遠足へ行きましたbusdash

螢月では、6月半ばから【夏酒×夏肴】をやります。

毎年恒例の夏を楽しむこの企画。スカッと爽やかな『夏酒』と旬の食材を使った、『夏肴』を存分に楽しんで頂くこの企画。

まだ、詳しい内容は、秘密ですが夜な夜な螢月では、米山大将とうっしー店長の熱きミーティングが繰り広げられているとか・・いないとか・・・・。

夏酒は・・・爽やかスッキリタイプ、しっかり辛口タイプ、活性酒を数種類
ご用意する予定なのです。そして、体に優しい『夏燗』も数種類考えてます。

夏酒は、企画物なので無くなり次第終了となりますので、お早めにお願いいたします。

あっそうそう・・・

6月17日に久しぶりにお酒の会をやります。

熊本県・『千代の園酒造』から番頭(営業主任)の龍さんをお招きして、千代の園と酒の会限定の特別料理を楽しんで頂きます。

詳細は、下記の通りです。

       日 時・・・・・・6月17日(木曜日)

       時 間・・・19時00~21時30分

       会 費・・・・・・・・・7,500円

       定 員・・・・・・・・15名様くらい

急なお誘いでスイマセンです。龍さんから土曜日にメールがきてその勢いで
決まったイベントですので、ご勘弁下さいませ。

ご予約は・・・・03-3981-0280までお願い致します。

お酒好きなお友達を誘って、是非とも起こし下さいませ。

螢月
  • TEL050-3461-9902