プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

うっしー店長より・・・・

どーもみなさまうっしー店長ですscissorshappy01scissors

7月も今日で最終日ですね、なんとも微妙な天気ですがcloudsprinklecloud
今日もガンガン飲みましょう!!!

ヒガシから、『店長ぉ~米山大将みたいに何かサービスをお願いしますぅ』
と、急に言われ『大将が料理なら日本酒で勝負だいsign03

そんな訳で、本日ご来店のお客様に

shineうっしー店長の魅惑の日本酒shine』を


サービスさせて頂きますbleah


何が出てくるかは、来てからのお楽しみheart02って事でsmilesmilesmile


日本酒が苦手な方でも大丈夫ですよgood
軽いタイプの日本酒ご用意してますのでdelicious


ご来店お待ちしております。

2009年7月30日 (木)

米山大将が・・・!!

いや~、sun暑いsign03
sun暑すぎでしょsign02

って事で、ヒガシですbleah

今日のお得情報は??

『米山大将の優しさ満点の一品』です。

いやさっきね、
大将に聞いたの、
「めっちゃ暑いですけど、今日の一品は何ですか?」って。

そしたらね、
ニヤリsmile
ってして、「コレだよ!!」
とだしてくれたんです。

「こ、これはなぞなもし?」と、
聞いてみたところ、

夏のお魚の代表選手、
鱧(はも)のアラを使い、
じっくり煮込んで出汁をとったもの。
それをゼラチンでゼリー状にします。

その上に、先ほどの出汁に
梅肉を合わせ、さらにゼリーをつくります。
2つを重ね、オクラ・じゅん菜・鱧の卵を飾れば出来上がりheart04

その名も、
『祇園』!!

なぜこの名前なのかを聞くと、ちゃんと意味があるみたいhappy01
詳しくは、ご来店時に大将に聞いてねwink


そんで、コレその『祇園』です
         downwardrightdownwardright

どうですか?
みなさんsign03
コレを食べて、
今日という暑さを乗り越えちゃってくださいsign03happy02

因みに数量限定ですのでお早めにお願いしますhorse

それでは、ご来店お待ちしております~lovely

ばいぶ→pig


2009年7月29日 (水)

夏には夏の酒肴を

じりじりと日差しが照りつけ、まさに夏本番といった感じですね。

大変ご無沙汰しておりました。料理長の米山です。

本日は、今夏の企画『夏酒×夏肴』。
その料理について、ご紹介させて頂こうと思い、
久しぶりの登場と相成りました。


さてさて。


今年の夏酒企画、店長がセレクトしたお酒も個性豊かな面々。
企画の度に朝まで盃を傾けつつ、

あーでもないこーでもない

と言い合うのはいつもの事なのですが(笑)、
そのおかげか、今回は良い企画が出来ていると思います。

初日の今日は、うっしー店長セレクトのお酒の中でも、
スッキリ爽快な飲み口のお酒に合うお料理のご紹介。

今回、この『爽快酒』としてうっしー店長が選んだのは、

◎福井県 白岳仙『吟生』吟醸生酒
◎広島県 宝剣『涼香吟醸』吟醸酒
◎三重県 三重錦『涼純』純米酒

の三種類。
どれもそれぞれ、飲み口や切れ味、香りや透明感のある旨味など、
個性的な『爽快酒』の面々。やるな、うっしー。

すっきりとした、飲み易い印象のお酒なので、
一杯目のお酒としてももってこいです。

この様なお酒に合うのは、あっさりとしつつ素材の味わいを感じる、
シンプルかつ優しい、こんなお料理はいかがでしょうか・・・


○『鱧落とし 梅肉醤油添え』


骨切りした鱧を湯引きし、
旨味を閉じ込めつつ、
しっとりとした食感に。

定番の土佐醤油もよいですが、
爽やかな梅肉醤油で・・・

こちらもお奨めです。


○『夏野菜盛り合せ』

もろきゅう、エシャレット、
水茄子、谷中生姜と、
夏が旬の野菜の盛り合せ。

特製の合わせ味噌の奥深い味わいも良し、
シンプルに塩で頂くも良し。

夏野菜の持つ、
爽やかながら力強い味わいを、
ダイレクトに感じられる一品です。


○『焼茄子』

もはや夏肴の定番ですね。
自家火で焼き上げた茄子を、
鰹出汁ベースの地に漬け込み、
冷製に仕立てました。

フワリと香る鰹出汁の風味が、
瑞々しい茄子の甘さを、
さらに引き立ててくれます。

余談ですが、茄子には体の熱をとってくれる作用も。
夏バテの時にも、食べ易く嬉しい一皿です。


いやいや・・・

久しぶりにブログを書いてみたら、随分と長くなってしまいました(汗)

本日はこの辺りで。続きは次回にしたいと思います。

どうぞ、お楽しみに・・・

暑いですねっ

はい、この暑さでウダってます。

こんにちは、ぐっさんですcoldsweats01

さてさて、本日のお得情報は、ワタクシぐっさんプレゼンツ。

と言う訳で今日は・・・


ρ(・д・*)コレ



先日ブログでも紹介した、
小豆アイスで御座いますdelicious

今日は、先着10組様・お食事後に、
こちらのアイスクリームを
サービスさせて頂きますheart04


こんな日は、冷たくて甘い物で、癒されちゃって下さいなlovely


ではでは、皆様のご来店、お待ちしてま~~~すhappy02happy02happy02

2009年7月28日 (火)

さて本日は・・・

こんにちは、暑いを通り越して熱いですね、ぐっさんですpaper

昨日のブログでヒガシさんがご紹介してくれた通り、
本日もお得な情報をご紹介しちゃいますhappy02


本日は・・・・


なななんと、焼酎担当ヒガシさんが一肌脱いでくれましたlovely


本日は、impactimpactimpact本格焼酎半額デーimpactimpactimpact


暑い夏にはビールに夏酒ももちろんですが、
忘れちゃいかん美味しい焼酎たちheart02


今日はグイグイっと飲んじゃって下さいませup


なんせ飲めば飲むほどお得なんですからbleah


皆様のご来店、お待ちしてまーーーーすdeliciousdelicious

2009年7月27日 (月)

いざ!蔵へ

毎度どーものうっしー店長ですscissorshappy01scissors

神奈川県海老名市『いずみ橋』醸造元、泉橋酒造の説明に続きまして・・・
お待たせ致しましたsign03いよいよ蔵見学へ移らせて頂きますhappy02

・・・っとその前に、蔵の敷地内には、『酒友館』という名の『販売』『試飲』『商談』などなど・・・を目的に作られた素敵なshine二階建ての建物があります。(二階は、大広間で勉強会やらミーティングなどで使ってますpencil


『酒友館』の名前の由来は・・・・・

「酒」は造り酒屋酒米から、「友」は安政4年に酒屋を始めた初代「友八」の名前からつけました。酒を通じて皆様と友になれればとの思いで命名されました。

蔵の敷地内に試飲販売所があるって、蔵訪問に行った時の楽しみが数倍も増えますよねlovely我々の様な飲み手に優しい『泉橋酒造』なのですheart04

お酒の他にも『醤油』や『味噌』も売ってますよbleah


さていよいよ・・・うっしー店長は、『いずみ橋』を醸す蔵の中へと突入するのであります
houserunrunrunrunrunrunrunrun

まず最初に見させてもらったのは、2006年に導入した『精米機』でした。
ほとんどの酒蔵は、業者に委託して精米したお米を仕入れていますが、泉橋酒造さんは、ちょいと違います。

どこが、違うのかと申しますと・・・・
自分たちで作ったお米だから、自らの手で精米する。もちろん手間は、すっごく掛かりますが、安心できる品質やコスト面を考えると『自社精米』しかない・・・と、蔵元の橋場さんは、考えたそうです。

確かに、せっせせっせangrysweat01と汗水をたらして作った『大切なお米』を誰かに預けるのは、ちょっと心配sweat02
よっぽどの信頼関係がないと出来ない事ですよね。

自分達で作ったお米だから、そりゃぁ~可愛すぎて『精米』も自分でやりたいんだろうな~なんて思いました。

精米所のすぐ隣には、お酒達がゆっくりゆっくりと・・・熟成され、出荷時期を待っている状態でした。

・・・そろそろ飲みたいなぁ・・・
・・・開けてくれないかなぁ・・・
(うっしー店長の心の声より・・・)



続きまして・・・仕込みタンクの部屋です。
夏場は、仕込みしてませんので発酵中のもろみを見る事は、出来ませんでしたが、ここでお酒が造られているんだな~ 

「次回は、仕込み時期に行きたいな~」ふと、そんな事を思ってみたり・・・
ひんやりとした、この部屋でもお酒を寝かせていました、お酒のタイプによって保管温度を変えて熟成させていました。

・・・そろそろ飲みたいなぁ・・・
・・・開けてくれないかなぁ・・・
(うっしー店長の心の声より・・・)

つづく・・・

実は・・・

昨日までのカラッとした暑さsunもキツイですが、
今日になってまたまたジメジメした暑さになりmist
テンション下がり気味downなヒガシですthink

こんな日は、酒でも呑んで・・・

って、コレから仕事やないかぁ~いsign03

・・・・・・・・・。

さて、本題confident

実は先週から螢月で、
『螢のお得カレンダー』ってヤツを
作ってみましたnotes

内容は、月曜日~土曜日まで毎日のお得情報を記したものですsmile

えっ?
先週に言えって??

いやいや、別にいい忘れてた訳ではありませんよ・・・。

(多分・・・sweat02

まぁ、それは置いといて、

今日から、毎日こちらのブログでも
そのお得情報を流して行きたいと思います!!
(忘れてたらすいませんsweat01

さて、気になる本日は・・・

『19時までにご来店のお客様に限り、onezero%OFFsign03

ですhappy02

ですので、本日はお早めのご来店をお奨めしますwink

さぁ、みんなsign01
螢月へ、レッツゴーhorse

2009年7月24日 (金)

酒造りは米作りから・・・

どーもみなさんうっしー店長です。scissorshappy01scissors
今日は、すっかり良い天気ですねsun日本酒日和ってやつですか・・・

まっsign01そんなことよりも、『shine酒パワーshine』ですよね『shine酒パワーshine』。

今回、訪れたのは、神奈川県海老名市の『いずみ橋』を醸す泉橋酒造さんです。
簡単に蔵の説明をさせて頂きます。

タイトルにあるように『酒造りは米作りから』を信念に地元の契約農家さん
と共に米を育て、その米を蔵で精米して酒造りをしている、全国でも数少ない『一貫生産』を志す立派なお蔵様です。

6月から、蔵の周りの田んぼと地元の農家さんへの栽培委託が始まり、
山田錦』『亀の尾』『雄町』『神力』を無農薬で作っています。
この作られた酒米で『いずみ橋』は、造られています。


『米作りからの酒造り』には、こんな想いがあります・・・・

酒蔵は酒米も自前でなければ酒蔵ではない

海老名市の田んぼは、古来から相模国の国府や国分寺が置かれるなど、穀倉地帯として有名な地区です。神奈川県中央部では、海老名の田んぼは特別に「海老名耕地(えびなごうち)」と呼ばれ、とても良い土壌だそうです。

そして・・・

自分の子供を育てるように蔵の酒を醸したい

自分の子を健康ですくすくと育ってもらいたいという気持ちは、どの親にも有ると思います。
そのためには、どのような食事を取らせようか必ず考えるはずです、食材は食品添加物などを含まないもの、そして、何処の誰が作ったのかわからないものではなく、できれば知っている生産者が作ったもの、そして何よりも信頼のおける、そして、自分で責任をもてるものでなければならないという考えです。

そして、結論・・・

酒蔵は精魂こめて酒を造るはずなのに、大切な酒の食事に無頓着ではいけないのです


米から手造りだから本当の意味でうちの蔵の酒と云えます


ほっとんど、泉橋酒造のHPからの引用ですが、

もっと、泉橋酒造のことを知りたい方は、こちらをどうぞ・・・

最近のうっしー店長の休日は、酒蔵か田んぼや畑を見に行っていることが、
とても多くて、偉大なる自然の力をたっぷりと浴びて、すくすくと成長してるなぁ~なんて思っていますbleah

美味しく日本酒を飲める事ってとても素敵でとても凄い事なんですよね。
そんな想いをたっぷりと今日もガンガン飲みまくりますbottlebottlebottle

後半へ続く・・・happy01

2009年7月21日 (火)

酒パワー充電(休日編)

どーも皆さんbleahうっしー店長ですscissors

いつもの質問ですが、飲んでますか~sign02sign02

うっしー店長は、夏休みの入った息子達からの熱い・・イヤ・・冷たすぎる視線を掻い潜り、この連休ももちろん『bottle酒パワーの充電bottle』に行って来ました。

まず初日の19日は、神奈川県川崎市の『たけくま酒店』さんの試飲会へ
と初参戦happy01

『試飲会』は、うっしー店長にとって『猫に鰹節』、『馬にニンジン』、
『米山大将に神輿』に匹敵する、大好きなものですので、
『試飲会』という、単語を聞いただけで行ってしまうんです。
何処へでもbottlebottlerunrunrunrunrunrunrun


関東近辺の蔵元さんに絞り『おいしい日本酒がすぐそこに』というイベント
でした。

flairこの会のテーマ
『飲食店でメニューを開いて地酒を頼むとき、新潟県や東北といった寒い地方の酒が多くて、私たちの住む地域のお酒がなんで少ないんだろう・・・』と
思った事はありませんか???
現代では、醸造技術や設備の進歩などにより、首都圏郊外の地酒と寒い地方の
お酒との地域差は以前より縮まっています。今回のこの会で、地元で酒造りする「人(造り手)と触れ合って頂き」、地元のお酒を知るきっかけになればと
思っています。
「地酒=地元の酒。」たまには、身近な場所にも目を向けてみませんか??』
(一部ホームページからの引用です。)


気になる参加蔵元は・・・・

神奈川県・・・・泉橋酒造『いずみ橋』
        熊澤酒造『天青』

静岡県・・・・・初亀酒造『初亀』
        高嶋酒造『白隠正宗』。

群馬県・・・・・龍神酒造『龍神・尾瀬の雪どけ』
                     の、以上5蔵でした。

ここまで地元に絞った試飲会は、初めてだったので、とても興味upupupでした。

熊澤酒造の『五十嵐杜氏』は、つい最近お店にフラッと来てくれました。
昨年は、蔵に二回もお邪魔してしこたま飲んで来ました。
とてもお世話になりましたsmile
『風露おりがらみ』&『純米吟醸』がとても美味しかったです。

『いずみ橋』さんについては、また次回にお伝えします(蔵見学リポート有)

初亀酒造さんは、日本酒のF1(究極の酒)を目指した酒造りをしてます。
約35年ほど前に一升1万円(当時日本一の最高小売価格)の『亀』を
発売するなど、吟醸蔵としてとても人気の高い蔵元さんです。
有名杜氏『滝上秀三』のいる蔵としても有名です。
全体的なレベルがとても高く、今回の目玉は、参考出品の
shine純米大吟醸『滝上秀三』の2003年醸造shine
(参考出品ですので、発売は未定weep

白隠正宗さんの蔵元兼杜氏の高嶋社長とは、最近色々な試飲会でお会いして、もうすっかりお友達??な関係なのです。共通の趣味が『落語』なので、
試飲会でも『落語』の話に盛り上がってしまいましたhappy02

お酒は、ふっくらと柔らかい飲み口からじわわ~と広がり、しっかりとした
旨味がとても好きで特に『山廃純米』のお燗は、いつも何回も「お代わり」してるので・・『いつもの』と言えば、出してもらえる大好きすぎるheart04lovelyお燗酒なのです。


龍神酒造さんは、とても華やかな吟醸香が特徴。
どちらかというと女性向きかな・・
ブースには、とても女性のお客さんが多くとても賑わってました。
とても混み合っていて、お酒をもらう余裕がなくてコメントは、控え目です。

今回も画像がなくてスイマセンですcoldsweats02

2009年7月14日 (火)

祭だ祭りだ

こんにちは、ぐっさんです。

今日は、『』と書いて、『おとこ』と読む。

そんな日記です。押認。


螢月の祭り大将』こと、米山板長。
昨日の日曜日、板長の地元のお祭りに、
螢月の最終兵器』こと春男兄さんと、
螢月の最短余命』ことワタクシぐっさんが、参戦してまいりました!!


え、何をしに行ったのかって?

もちろん、お神輿を担ぐためですよ!!
昼間ッから浴びるほど呑みたいからじゃないですよ、
やだなぁははははははははは。


螢月から約一時間程、
春男兄さんとぐっさんが板長の地元の駅に到着。

車で迎えに来てくれた板長は、すでに褌に祭り半纏姿!!
気合入ってます、流石地元。

車で神社の詰め所に行き、着替える二人。
春男兄さんはガタイがいいだけあって、半纏姿が様になるのですが、
ワタクシぐっさんはというと、お二人曰く

スルメにノシ付けたみたいな姿


だそうな(泣)

でも気合だけは入ってるんです!!

さて、お神輿なのですが、お昼の2時出立。
かわるがわる皆で担ぎながらぐるっと町内を一周し、
目的の神社へ宮入りさせる、と言うコース。

大体担ぎ手は40人ほど。一度に担ぐのは20人くらい。

3時間ほどのコースのうち、1時間半ほど担ぐ計算ですな。

実はぐっさん、去年もこのお祭りに参戦したのですが、
あまりの皆の迫力に、ほとんど担げずじまい。

今年こそは、是非花棒に触れるくらいはしたい!!いざ、出陣!!

で、実際担げたかと言いますと。

担げたなんてモンじゃなかったです、ほぼフル稼働(笑)
左肩がバッキバキで、後半危うく昇天しそうになりました。


でも楽しかった!!
昼から皆でビールを飲みつつ、わっしょいわっしょいってのは、
お神輿じゃなきゃ味わえない楽しみだと思います。
途中の休憩所で地元の皆さんとお話が出来たり、
土地の野菜を力付けに準備していてくれたりというのも、また嬉しい。


さて神社への宮入れがすみ、祭り半纏のまま、地元の居酒屋さんへ。

板長の地元仲間の中に混ざって、奥の座敷に陣取ります。
ドンドン人が集まってきて、6時過ぎから宴会スタート!!

結局、終電間際の11時まで、飲みまくってしまいました。
電車の終点が池袋で本当に良かった・・・
もし終点が他の駅だったら、


100%その駅まで乗り過ごしていた自信があります
(なにせ池袋~家までどうやって帰ったか覚えてない)


一年振りのお神輿、堪能させて頂きました。
ま、とても接客出来る状態で無いのでブログを書いてるんですが(笑)


明日からはまた、ホール業務頑張りたいと思います。


長々雑記になりましたが、今日はこの辺で・・・(´・ω・`)ノ チャオ♪

螢月
  • TEL050-3461-9902