プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

試飲タイムそして・・・

どーもみなさんうっしー店長です。冬服をクリーニング屋さんに出した
ばっかりなのにこの寒さ・・・厳しいっす。

花粉なのか?鼻風邪なのか?鼻水が湧き水ドンッドンッの如く流れっぱなしな
うっしー店長ですドンッ

『磯自慢酒造見学レポート』は、今日で最終日です。

時間が掛かりすぎてしまって本当に申し訳ございませんでした。
とりあえず、今日で最終日ですので御安心下さいませ。

『麹室』『酒母室』『仕込み蔵』と見学させてもらって次は・・・

何よりも楽しみhappy01の『試飲』&『宴会』です。

凄すぎる設備の蔵を見学させてもらって興奮度が最高潮のうっしー店長を
待っていたのは、

磯自慢 純米大吟醸 『山田錦』
磯自慢 純米大吟醸 『愛山』
磯自慢 大吟醸   『愛山』
磯自慢 大吟醸   『山田錦』
磯自慢 純米吟醸
磯自慢 純米吟醸

でした。

出荷前の状態だったので、ラベルが張っていない4合瓶をひたすら試飲しました。

まだどれも搾ったままの若々しさが漲っていたので、美味しさってよりも
蔵で飲むお酒の美味しさをたっぷりと堪能いたしました。

うっしー店長としての一番のお気に入りは、

純米大吟醸『愛山』でした。

『愛山』は、とても優しい甘味が特徴です。まだ若干の苦味を感じられたので
低温でじっくりと熟成させ、円やかさが加わりゆっくりとした流れが
『これぞ磯自慢』と呼ぶに相応しいお酒になるかな~なんて思いました。

ご用意して頂いた4合×6本が『あっドンッ』と言う間に飲み干し、次に向かったのは待ちに待ったドンッ『宴会場』。

やはり日本酒は、
shine料理と合わせる事で更に輝くものshine』だと思っています。

しかも、地元の名産や郷土料理を食べながら飲む日本酒こそが本来の楽しみ方
であり最高の贅沢だと思います。

そして、向かったのが、磯自慢酒造からドンッで10分ほど走った所にある蔵人さん達も通う居酒屋さん

ドンッどんた久ドンッ』さん。


ちゃんと看板に、磯自慢のロゴが入っている素敵な居酒屋さんです。
磯自慢のロゴが入っている看板を見たのが、初めてだったので、
ここでも感動してしまいました。

『どんた久』さんは、焼津港ドンッ
から仕入れた新鮮な魚介類と磯自慢を中心に
『焼津ドンッ』を存分に楽しめる居酒屋さんnotesです。

『初カツオ』や『アワビ』に『金目鯛』のお造りに『マグロのカマ焼』や
『白魚の踊り』など・・・

出てきた『磯自慢』は、大吟醸の『水響華』と本醸造『しぼりたて』、
純米吟醸『青春』に純米大吟醸『ブルーボトル』etc...

この辺から、気持ち良くなりすぎて写真を全然撮ってなかったみたいです。
(どーもスイマセンドンッ

みなさんも
『近所にこんな居酒屋さんがあればいいなぁ~っドンッドンッ』って思いますよ。
お酒ちょうだいって注文すると『磯自慢-本醸造』が出てくるんですよ。

やっぱり蔵見学に行ったら地元の居酒屋さんで飲むのが
『最高だぁぁぁぁぁ』
とまたまた実感した今回の『磯自慢見学』でした。

2009年3月23日 (月)

聖地へ・・・

どーもみなさんうっしー店長ですscissorshappy01scissors

いつもお待たせしちゃってスイマセンですドンッ

だって・・・
目がカユイのですドンッ。鼻水が止まらないのですドンッ。ノドもカユイのですドンッ

早く治まってくれぇぇぇぇぇぇええええええええええええ~~~

では、そろそろ本題に入りますね


いつも『蔵見学レポート』は、3~4日に亘って書き綴りますので
ちょっと飽きてしまうかもしれないですけど、もう少しご辛抱を・・・・

さて、『酒母室』に入った所で終わってしまった前回の『磯自慢レポート』

今日は、『酒母』の説明からスタートさせてもらいます。

酒母造りとは、酵母を増やす行程のことで、「もとだて」とも言います。

酵母にはブドウ糖をアルコールに変える働き、すなわち醗酵作用があるものの、大量の米を醗酵させるためには、微生物である酵母が一匹や二匹ではまったく足りず、米の量に見合っただけの酵母が必要となります。

それで、少量の酵母を大量に育てます。このように大量に培養されたものを酒母(しゅぼ )といいます。

ではでは、寺岡社長に酒母タンクの中を見せてもらいましょう・・・・


酒母のタンクの中には、『暖気樽』と呼ばれる、中にお湯を入れたり、氷を入れたりして温度調節する道具が入っていました。

タンクの中からは、バナナやパッションフルーツ、イチゴやらメロンなどの
様々な果実の様な香りが部屋中に広がっていました。
この香りをお伝え出来ないのがとても残念で仕方ありませんが、とても心地良い甘味のある香りでした。

次は、一階に降りて『仕込みタンク』の部屋を見させてもらいました。
ここが、噂の『総ステンレス張りの壁、部屋が冷蔵庫』です。


仕込み部屋の壁は、総ステンレス製で雑菌の混入を防ぎます。
そして、部屋が冷蔵庫のように一定の温度(3~5℃位かな)に保たれていて
本醸造クラスから低温でじっくりと醗酵させる『磯自慢』ならではの
蔵の工夫そして拘りなんだと思いました。


仕込みタンクの中では、『モロミ』がブクブクと元気良く醗酵をしてました。
ここでも甘い果実の様な香りが部屋全体に漂っていました。
麹室や酒室など色々な部屋を見させてもらいましたが、この総ステンレスの
仕込み蔵を見てしまったら、磯自慢の大好き指数がグンとアップしちゃいました。


磯自慢を見つけたら、このブログを思いだして飲んでみてください。
美味しさがきっとアップしますよドンッドンッ


2009年3月19日 (木)

いざ!!突入!!!

どーもみなさんsign03うっしー店長ですscissorshappy01scissors

磯自慢酒造への蔵見学レポートの2日目です。

お初の方はまずこちらをご覧下さいませ。

杉玉がなかったら、酒蔵とは思えない綺麗な玄関でした、玄関先には、
磯自慢の樽酒が積んであり、僕たちをお出迎えしてくれました。



どこを見てもキレイ~綺麗な磯自慢酒造。
パチパチッと撮影しまくっていると、寺岡社長の登場。

蔵は、10年位前に立て直したばかりとのことでとてもキレイなのです。

ではでは、夢にまで見た『磯自慢酒造』の蔵中に入ります。

と、その前にお決まりの白衣へチェンジします。ここで注目
磯自慢酒造の白衣には、磯自慢のロゴが入っていました。

この『磯自慢白衣』を着た瞬間にテンションがupup酒パワーがupup
となりました。

うっしー店長の今までの人生において白衣を着る機会は、蔵見学の時だけ
なので白衣を着るととてもウキウキワクワクしちゃうんです。
(ちょっとしたコスプレみたいな感じなんですよね。)

蔵の外見は、小さな工場の様な作りで今まで見てきた酒蔵とは、全然違う
雰囲気でした。

蔵は、三階建てになっていて一階は、搾りの部屋と仕込みタンクがあり
二階には、酒母室・麹室・分析室があります。
三階は、蔵人さん達の休憩室みたいで見る事は出来ませんでした。

まず、2階の麹室から見させて頂きました。
とても天気が良かった焼津市ですが、まだちょっぴり肌寒かったので
30℃を超える麹室に入った瞬間は、とても『暖かいなぁ~』と思いましたが
じわじわと額に汗が出てきました。

この麹室で本醸造から純米大吟醸までの麹を造ります。本醸造だからとか
大吟醸だからとかの差別のない麹造りをこの麹室で行っています。

麹室の次は、向かいの部屋の酒母室です。
酒母と書いて(しゅぼ)と読みます。
読んで字の如く、『お酒の母』となる
とても大切な作業なのです。

つづきは、また次回に・・・。

2009年3月17日 (火)

ナイショですよ・・・・

どーもみなさんうっしー店長ですscissorshappy01scissors

元気してますか???うっしー店長は、元気モリモリupupっすsign03

だって・・・行って来ちゃったんだもんheart02憧れのあの蔵に・・・・

7年越しの夢が叶ったんです。一度で良いので行ってみたいと思っていた
あの蔵ですよ、あの・・・。



磯自慢』です。

静岡県いや日本酒業界をリードする『磯自慢酒造』へ行ってきましたドンッ

場所は、静岡県焼津市鰯ヶ島307です。

マグロやカツオで有名なドンッ漁港ドンッのある街です。

『意外~』と思われるかもしれませんが、

静岡県は、『吟醸王国』と呼ばれるほど吟醸造りのレベルが高く
人気銘柄がとても多い県なのです。

例えば・・
『開運』、『初亀』、『正雪』、『喜久酔』、『志太泉』などなど・・・

その中でも『開運』『磯自慢』は、静岡酒のツートップを飾る、
実力と人気を誇る銘柄でありうっしー店長の大大大好物なのですドンッ


『開運』を醸す土井酒造へは、ほぼ毎年見学に行かせてもらってますが、
『磯自慢』は、なかなかタイミングが合わず行く事が出来ませんでしたドンッ

14日(土曜日)の夕方に取引先の酒屋さんから
『明日、磯自慢酒造へ一人だけなら連れて行けるけど行く??』って連絡があり、
『もちろん行くよ~sign03sign03』って事になりました。

『磯自慢行きたい~磯自慢行きたい~』っていつも念仏のように行ってたので
優先的に僕に声を掛けてくれたみたいです。ありがとねhappy01

そんな訳でチーム螢月にナイショで行ってきました(ゴメンネみんな・・)

全国的にとても人気が高くそして生産量が少ない為、入手困難の銘柄として
とても有名なこの『shine磯自慢shine』。

『最新鋭の設備』『特A山田錦』『最高級の技術』などなど・・
そんな『磯自慢酒造』の日本酒造りへのこだわりを見てみましょう。

と、その前に・・・
ここでflairうっしー店長の『磯自慢』豆知識です。
昨年に行われた北海道洞爺湖サミットにて初日の夕食会の乾杯酒として
この『磯自慢 中取純米大吟醸35』が使われました。

ここだけの話しですが、まだ同じ年の物を一本隠し持ってますので、
何かイベントでもやって開けたいと思っています。

蔵の様子は、また次回にドンッ

2009年3月12日 (木)

お燗です!!

どーもみなさんうっしー店長ですscissorshappy01scissors

美味しい日本酒飲んでますか???最近のうっしー店長は、
相変わらず『お燗酒の魅力』から抜け出すことができず、
お客さんやアルバイトちゃん達に『お燗酒』をつける事が最近の何よりも
楽しみなのです音譜
ドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッドンッ

新酒のピッチピチの香り&口の中で弾ける感触ラブラブ 大大大好きラブラブ
なんですが、ちょいと飲みすぎた次の日なんかに『癒し』を求めるとやっぱりお燗酒が『いいなぁ~』って思うんです。


酒屋さんで試飲した時、『何度位が美味しいかな???』とか
『お燗して飲みたいなぁ~』って思う事が最近のうっしー店長なのです。

こんな『Iheart01お燗』なったのも見学に行った『久保本家酒造』の
大宴会で飲ませてもらった『美味しすぎるお燗酒』が原因の一つです。

『美味しいお燗酒』ではなく『美味しいすぎるお燗酒』を
飲んでしまってからお燗酒にメロメロ~ドンッになってしまったんです。

温度変化による『お酒の表情の変化』や『料理との相性』などお燗一つでも
とぉ~~~~~~っても深くて魅力が一杯なんですよ。

《お燗をつけて試飲》《お燗をつけて試飲》《お燗をつけて試飲》を毎日、毎日繰り返していると、少しずつお酒の本来の旨味が見えてきた感じがします。

冷たいお酒では、見る事の出来なかったそのお酒の『素顔』ってヤツを・・。

≪知らなかった一面が見れた・・・≫そんな感じなんですね、お燗酒ってドンッ

冷えている状態では、そんな特徴のないお酒なんですが、お燗をつけることによって、もの凄い魅力が出てきたりするんです。

飲んで話してみたらこんなにイイやつだった・・・そんな経験ありますよね。
(もちろんその逆もありますけど・・・・)。

お燗好きのうっしー店長最近、お奨めのお燗酒をご紹介いたします。

岩手県 『あづまみね・本醸造》 
山形県 『東の麓・純米三年熟成原酒』
群馬県 『群馬泉・山廃本醸造』
奈良県 『睡龍・きもと純米酒』
兵庫県 『奥播磨・きもと純米《誠保》』
島根県 『扶桑鶴・純米酒《高津川》』
福岡県 『栄田・上燗純米』
福岡県 『旭菊・純米酒《大地》』


まだまだ御紹介したいお奨めのお燗酒がありますので、
またの機会にご紹介させていただきますドンッ
 

2009年3月10日 (火)

レア物

こんにちは、ぐっさんです(○`ε´○ゞ

先日チーズケーキを作った、と言う記事を書きましたが、
今回はその後日談をば。


ぐっさんは新作デザートを作ると、お店のみんなに試食をお願いします。


日記にも書きましたが、この間のチーズケーキはぐっさん一番の自信作。
言ってみればアタイのとびっきりを見せたワケでござんす。

どんなもんじゃい!!と満面の笑みで差し出したぐっさんに対し、
うっしー店長・米山板長・春男兄ヤンの御三方、
口を揃えて開口一番こう言いました。


俺、レアチーズケーキの方が好きなんだよなぁ~

ナニィィィィーーーΣ(゜ロ゜;)


まさか三人が三人とも、レア物が好きだとは・・・(|||_ _;)


がっくりうなだれるぐっさんを見て、優しい御三方はこう仰いました。


『いや、これはこれで美味しいんだよ』
『でもやっぱレアチーズだよな』
『じゃ、今度はレアチーズケーキね、ぐっさん』


慰められてんだか貶されてんだか褒められているんだか良く分からんまま、


『・・・ハイ』


と返事をしたぐっさんだったのですが

その日、家に帰ってから気付きました。


「あΣ(・o・;) 、俺レアチーズケーキ作った事無いや」


・・・マズイ。非常にマズイ。

ま、正確には学生時代彼女へのプレゼントに一回、
カフェ時代にお客さんに頼まれて一回作った事があるのですが、
たった二回の経験しかないんです。
レアチーズケーキだけに、レアなんです。

取り敢えず落ち着こう、なんか使える材料はないもんかと、
我が家の冷蔵庫の中をごそごそごそごそ・・・


クリームチーズ発見。
サワークリーム発見。
生クリーム発見。
ヨーグルト発見。
ブルーベリー発見。


・・・・なんとかなりそうじゃね?イケるんじゃね?閃いたんじゃね?


と言うわけで、早速作ってみました。

ブルーベリーのレアチーズケーキ


材料は・・・


前述の通りです(笑)


ま、他にも色々入れましたが。


取り敢えず、店に持って行って食べてもらうと、大好評!!
次回はもう少し酸味を利かせて作ってみたいと思います。


さて、賢明な螢月ブログ読者の皆様。
ここまで読めばお分かりですね。


そう、今回のケーキはぐっさん持ち込みです。


なので恒例の、『ブログ見たよ』で、


皆様にも、サービスでお出しします(ノ・ω・)ノ

・・・平たく言えば人体実験です

それでも食べたい方は、
ぐっさんまでどうぞヾ(@゜▽゜@)ノ


あ、お早めにお願いします。


春男兄ヤンとうっしー店長が、なんか知らないですけど
凄い勢いで食べてますからo(・x・o)o(・x・)(o・x・)o

はっ、そうこう言ってる内にも、冷蔵庫のドアがあく音が・・・
ちょっと止めてきますので、今日はこの辺で・・・(´・ω・`)ノ チャオ♪


ε=ε=ε=ε=ヾ(;▼ヘ▼)σコラーー!!

2009年3月 7日 (土)

超濃厚

どうもオヒサシブリデス。


前回のバレンタインデー日記から、随分と間が開いてしまいました・・・


NOブログNOライフが聞いて呆れるぜ、ぐっさんです(。・"・。)ノ


というのも、ここ最近お約束の如く風邪を引いておりまして・・・
出勤するのが精一杯、とてもとてもとても、
ブログを書く体力が残ってなかったんですよHAHAHA


とまあフラフラの状態ながら、新作を作りました。
今回は

チーズケーキ

新作と言っても、ぐっさんがカフェで働いていた時代、
つまりは6~7年前から

ずーっと

ずぅぅーーーーっと


作り続けているケーキです。
ぐっさんの、最も得意としているケーキ、それがこのチーズケーキなのです。

その頃からレシピはほとんどいじらず。


マイルドで、超濃厚な口当たりの、
リッチな味わいのチーズケーキでございます。


さて、いつもなら、ここで写真でも一発載せて、
どんな物を使って作っているのか、
ある程度公開させて頂いているのですが・・・

今回ばっかりは、一切秘密にしたいと思います( ̄≠ ̄)クチチャック♪


ま、公開するほどの物でないってのもありますが( ..)


これは、是非お店で味わって頂きたい。
そして、出来れば早めに『チーズケーキ取っといて』と、
お電話頂きたい・・・


ぐっさん調子に乗って、ガンガン勧めて、すぐ売り切っちゃいますので。


ご興味お有りの方は、是非ぐっさん宛にご一報くださいませ☆


それでは今日は、この辺で・・・(´・ω・`)ノ チャオ♪

2009年3月 2日 (月)

お燗酒の宴

どーもみなさんうっしー店長ですscissorshappy01scissors
3月に突入しましたが、みなさん花粉は大丈夫ですか????
うっしー店長は、重度の花粉症ですので、もう目がかゆくて
パソコンの画面が見えませんsad
もう少し治まってくれるといいんですけど・・・・。

さてさて、『久保本家酒造』見学の続きです。
今日で最終日ですのでご安心下さいませドンッ


今回の久保本家酒造の蔵見学は、大阪の酒屋さんの企画でしたので、
大阪の飲食店さんが約25名ほど参加しての大イベントでした。

前半組と後半組に分れて蔵内を見学して昼食(大宴会)にて全員が合流。
飲食店&酒屋スタッフ&蔵人さんを合わせると35名位の大所帯での大宴会。

これだけの人数が入る部屋が母屋にあるのがとてもビックリちゃんでした。

仕出しのお弁当に『睡龍三昧』の夢の様な宴でした。


久保本家酒造には、東京でとても有名な日本酒専門店の『お燗付け名人』として働いていた女性が働いています。

うっしー店長の今回の蔵見学のお目当ての一つがこの女性でした。
会ってお燗の話をして、美味しいお燗酒を飲ませて頂くこと。

この業界に入ってからの夢の1つでしたので叶ってとても幸せでしたドンッ


この女性のお燗酒の特徴は、食事に合わせた温度帯の変化やお燗を高温まで
上げて急激に冷ますお燗や生酒のお燗やら・・ドンッドンッドンッドンッドンッドンッ

色々なお燗を楽しませて頂きました、中でも特にお気に入りだったのは、
≪睡龍-純米吟醸生もと造り≫と≪睡龍-純米生もと≫でした。

『お燗酒』といってもこんなにたくさんバリエーションがあってとても勉強に
なりました。
そして、なにより『お燗は、やっぱり体に優しいんです』よね。

全然嫌な酔い方にならないし、次の日もスッキリで朝から試飲・試飲・試飲が
可能でしたから・・・。

ドンッお燗のお酒がドンッ
、また大好きになった今回の蔵見学でしたhappy01

うっしー店長の渾身のドンッお燗酒ドンッ
が飲みたい方・・・
ご来店お待ちしておりますよドンッ

まったくの余談ですが、『久保本家酒造』の近くの道の駅で
ほろ酔い気味で帰りのバスを待っている時にうっしー店長大好きな
ブルーベリーソフトを食べました。

また近いうちの蔵に行く予定ですのでまたご報告いたします。
どうぞお楽しみにドンッ

螢月