プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

秋の『東洋美人』

毎度どーものうっしー店長ですscissorshappy01scissors

ここ最近、試飲会や日本酒のイベントで蔵元さんや飲食店さんに

ブログ見てるよ』・・・・

って言われて、少し赤裸々heart02な思いをしているうっしー店長です。

多くの方に見られてると思うとなんか興奮upしますね。

さて昨日は、板前さん方にくっついての、

築地デートのブログでしたが、今回は本職に戻りまして、

今月のお奨め、ひやおろしについて・・・heart01

『ひやおろし』バックナンバーはこちらdownwardleft

one秋の天青』 two秋の白岳仙』 three続々と入荷中!!

ではでは、お待ちかねの『秋のお酒』をご紹介致します。

まずは、ラベルからです『読めるかな~???』

ちょっと読みづらいですよねって。見づらいのもありますけど・・。
では、これでどうでしょうか??


これで、お解りでしょうか???
このお酒は、

山口県萩市の澄川酒造東洋美人』の、
純米吟醸ひやおろしです。

東洋美人といえば・・・

透き通る』、『繊細』、『キレイ』・・・

いい言葉ばかり浮かんできてしまうそんなお酒です。

澄川杜氏の酒造りは、『透明感のあるお酒』を目指して醸される。

透明感』・・・なかなか表現するのが難しいこの『透明感』。

透明なお酒ではなく、『透明感のあるお酒』を目指す、『東洋美人』

でも、実際に飲むと感じるんです、この『透明感』・・・

これは、どの『東洋美人』を飲んでも感じられる共通の特徴なのです。

今年のひやおろしを飲んでみて感じる全体のイメージが、

heart04おしとやか~ん・・・heart04』。

上品であり繊細な『東洋美人』に、優しい柔らかさが加わった優酒。

口に含むとふわっと吟醸香が広がり、後からキレイな旨味が出てきます。
後キレの良さも手伝って、とてもおしとやかに仕上がっています。


いつも飲みたいお酒の1つとして、
『東洋美人』、いいですよ~
happy01note

2008年10月30日 (木)

また行ってきちゃいました。

あっどーも、みなさん。
うっしー店長ですscissorshappy01scissors

肌寒くなってきましたね。
何処かの誰か、グッサンみたいに、体調崩していませんか???

うっしー店長は、『ドンッ酒パワードンッ』のお陰で、いつも通り元気でっせsign03sign03

体はスコブル元気ですが、ちょいとお眠なんですね。

あそこに行ったので・・

そうそう、例のあそこですよ・・・

苦手な早起きをしてでも、行きたくなる、
絡みつく布団から、無理やり脱出してでも、行きたくなる、

あの大好きな大好きな


築地』に・・・。


そろそろ、冬の食材が並び始めるかな~って思って、
米山大将と春ちゃんの仕入れに、またまた連れてってもらいました。

AM6時に、米山大将に優しく蹴り起こされて、いざsign03出発ドンッ

こんな時間から、いつも仕入れに行っている板前さんって
凄いな~なんて思いながらも、全く目が開かないうっしー店長。
いや、僕って元々ツブラな瞳eyeが、チャームポイントなんですけどね。

うっしー店長は、『寝不足』は得意upなんですけど、ただ早起きは・・・down
生活のリズムnoteってヤツですね。

深夜2時に営業が終わって、
『よっしゃ~、飲みに行くかぁ~』って気合いが入ると、
朝の6時7時なんて、当たり前のうっしー店長なんですsweat02

その昔、
とーーーーっても仲の良い板前さんと、
パラダイス銀河寮でずーーーーーっと飲んでて、
sun昼になっていた・・・なんてこともありました。

出勤してきた板前の先輩に、普通に怒られましたね。ゴメンナサイ。。。dash

まっそんなことよりも、今回の『築地探索の旅』ですが、

食材で季節を感じたいな~って思って色々と探してみました。

平日だからなのか、いつもよりとっても人が少ない感じが・・・・。
いつもならば、海外からの観光客や築地グルメ客などで、賑わってる
『築地』なんですが、とっても歩き易くてルンルンでした。

さてさて・・・
本日、うっしー店長の目に留まった築地場内風景&食材の画像です。


upwardleft春ちゃんは、一体全体、
真剣に何をみているのでしょうかsign02

あっ、そう言えば春ちゃんは、
ブログ初公開ですねドンッ

そう、この凛々しい横顔が、
調理場の揚げ&焼き方を務める、

チーム螢月のTHEビッグマン、春男くん。


ハイ、春ちゃんが、
凝視していたのは、コチラ

upwardright答えは、大好物の、鮑でしたnote

冬になると
コレマタ
heart04恋しくheart04なります、

ズワイガニsign03

うーん、美味しそうラブラブ


そして
もうすぐお鍋の季節!!

今年の螢月、
年末スペシャルに登場する、
トラフグさんshine

米山大将の、
腕の見せ所ですねflair

最後に・・・

コチラ人気のドンッぶらり築地deデートドンッシリーズのバックナンバーです。

one 2008年04月04日 私を市場に連れてって・・・

two 2008年06月07日 私を市場に連れてって パート2

three 2008年06月09日 私も市場に連れてってよ( ̄□ ̄;)!!

four 2008年06月24日 My name is

five 2008年09月04日 私を市場に連れてっておくんださいまし☆


今度は、いつ連れて行ってもらえるか、
今から楽しみでドッキドキheart02の、うっしーでしたhappy01happy01happy01

2008年10月29日 (水)

幸水梨と白胡麻のタルト

こんにちは、ぐっさんです∠( ̄◇ ̄)

螢月復帰からこっち、しばらくブログから遠ざかっていました上、
昨日は妙に、愚痴っぽくなっちまいやしたが・・・


別にサボっていたわけではごぜぇませんヽ(-"-;)


ましてや、ヒガシさんに蹴りをいれていたワケでもなく。


ましてやましてや

再び倒れてピーポーピーポーで再入院、
今頃ベッドで気を失っちゃってるんでは・・・


と、心配している俺ファンのみんな(←いると決め付けてる)・・・


     色々あるけれど、私は元気です(≧∀≦*)


では、『何をしていたのか?』と、問われれば。

試作してましたよ、入院中あっためていたアイデア共を!!


そんな中、今回採用に至った、秋の新作が


   こちらρ(・д・*)

幸水梨と白胡麻のタルト
でございます。

幸水梨は、
日本酒ベースのシロップでコトコト煮て、
コンポートに。

白胡麻をたっぷり混ぜ込んだ、
蜂蜜風味のフィリング生地と共に、
コチラも白胡麻を混ぜ込んだ
タルト生地に流し入れ、
ややしっとりめに焼き上げました。


焼栗、ドライイチジク、
胡桃の黒糖衣、
枝付き干し葡萄と、

秋の甘味と共に、
盛り合わせてみました。



深まる秋、
こんなデザートで、
秋を満喫して頂ければ・・・

そんな思いを込めてみました。

うん、久しぶりに真面目なブログに仕上がって、俺満足。


それでは今日はこの辺で・・・(´・ω・`)ノ チャオ♪

2008年10月28日 (火)

オレの話を聞けぇー!!

5分だけでもいいーー音譜
って、
クレイジーなスタートを切った、さん、じゃなくて、グッサンです。

ごめんねぇ、『俺の話聞け』って、命令形punchになってますけど、
コレは決して、読者の皆々様に対しての発言ではなくですね、

そう、昨日の予告どおり

通称で言えば、こう、
「アイドル☆彡ヒガシ
「ドジでのろまな亀☆ヒガシ

ポジションで言えば、そう、
螢月ホール7年目の、落ちこぼれ研修生

に対しての、言葉でございますので、
皆々様、どうかご気分を害さないで、下さいまっしー(゚0゚)(。_。)

コレ、俺です。
そう、眼鏡eyeglassかけるヤツ。
どう?元気そうでしょ??

グッサンが
螢月に復帰して、早1週間が過ぎ。。。

スタッフの皆が、
本当に気を使ってくれて、

バイト君たちまで、
「自分残りますんで、山口さん、どうぞ先に上がってください」って。

nightなのに、俺の周りだけ、
ポカポカの日差しsun心地良すぎだぜ

みんな、本当に最高の仲間だぜドンッ 

俺いま最高に幸せだぜ
幸せすぎて怖いぜラブラブ

って、皆の御好意に、大いに甘えさせて頂いてる日々。


そんな中、俺の日差しsunを遮る、雲的な存在cloudが、
若干1名。。。

たぶん本人には、そんな自覚ゼロ回答。

だって、彼なりに、とーっても俺に対して、気を使ってくれている
ただその気遣い1つ1つが、いつものように空回りしてるドンッだけのことだから。

でも、でもね、彼の優しさheart02はね、裏返りっぱなしheart03って状態で、
俺に、多大なるプレッシャーsweat01・圧力sweat02・ストレスdashをかけて来るのである。

例えばすうじ
「グッサン、アイスは仕込めるようになったから、コレは俺に任せてよドンッ

例えばすうじ

「グッサン、ブログも一人で書けるようになったから、もうチェックしなくていいよドンッ

例えばすうじ

「グッサン、データ処理はもう俺がやっといたから、今日はもう帰っていいよドンッ

って、先回り先回りドンッして、
いろいろ俺の仕事を、精力的にこなしてくれる彼、ヒガシ


「うんうん、ありがとう、ごめんね。何から何まで、ヒガシさんに頼りっぱなしで
って、安心したのもツカの間。。。。。

ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン

その翌日の、準備時間中。

すうじ「オイ、ぐっさんさぁー、アレどうなってんのよ?」
と、調理場からクレームドンッ

ドロドロのアイス、残念ながら、救出できず。。。


すうじ「あの子のブログ、また馬鹿丸出しのまま、アップされてるんだけど」
と、鬼マネからクレームドンッドンッ

グダグダの文章、世界中に、しばしダダ漏れ。。。


「ぐっさぁーんっ、このデータ入力しても、数字が変換されてないんだけど」
と、うっしー店長からクレームドンッドンッドンッ

せっかく苦心して作った、Excelの計算式、崩壊を防げず。。。

ぅわ━━。・゚ ゚・(p>□<q)・゚ ゚・。━━ん


(o ><)oもぉぉぉ~っ!!
もお、こうなったら、ヒガシに、直談判ですよ━━━━(`ε´♯)━━━━!!

あれもこれもドンッほんと、おめぇannoyって勢いで、控え室に行ったんですけど、

言うときゃ言うpunchくらいの剣幕で、行ったんですけど、

えっと、控え室、いなかった。。。。。。。。。。。。。。
∑(O_O;)Shock!!

なのに、
アイスは溶けるわ、ブログはアホ丸出しわ、データは破壊するわ、
あげくのはてに、お前いまドコにいるんだドンッ

あっおりました。
toiletトイレに。Σ(o>艸<)

ほら、彼ったら、さっきまでそう言えば、いそいそと、開店準備に励んでいたし。
なんか、彼ってば、すげぇ頑張ってる感、全身からアピールしまくってたし。


「あ、トイレ行ってたんですね、探しちゃったぁ、あっはっはっsweat02

くらいの、にこやかさで、話しかけましたよ。
グッサンの目の下は、ヒクヒク痙攣しかかってたけどね( ̄ー ̄;)


「おうっ、こっちは全部俺がやっといたから、もう完璧!
 グッサン、開店までの時間、ちょっとでも、休んでれば?

って。


おぉぉーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w おぉぉーーー!!

もうね、猛烈な勢いで、頭に血が昇りましたよドンッドンッ


o(`Д´*)o

このままじゃ、膵炎じゃなく、
脳梗塞とか脳溢血で、俺、死亡ドンッするんじゃないか、ってくらいに。。。


そして、ひっきりなしに押し寄せてくる、
もう爆発しちゃえよ、ガツンっと言ってやれよ、あいつに!

o(*≧д≦)o″))

って言ってる、大多数のグッサン怒り爆発君たちを、
必死に押さえ込んでいる最中、

わずかな手勢を引き連れ、踏みとどまってる、冷静クールドンッなグッサンは、

この時、この瞬間、こんなことを考えていました。


sign05sign05sign05sign05sign05sign05sign05sign05sign05
 
もしココで、

本当に俺が死んだらば、

タラバ、

コレって、

もしや、完全犯罪!!!?

  
ヒガシさんって、
 
もしや、知能犯??!!

sign05sign05sign05sign05sign05sign05sign05sign05sign05


大変だぁ!! ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ 大事件だぁー!!

おっ俺、∑(▼ロ▼;)こっこのままじゃ、こっこっ殺されるぅー・・・・・・
憤死への道を、意図的に誘導されてる気がするぅーーー

うううううううううううっしー店長ぉーーーーー
もう自分限界です、助けてください!!!!!!!!!!!!!!!


俺の仕事、もう自分で全部やりますんで、ヒガシさんには申し訳ないけど、

rock
金輪際、一切、手出しすんじゃねぇーよ!触るな!!俺の仕事に触るなぁーー

じゃなくて・・・
rockrock
お手伝いはもう結構!二度と結構!!三度目はないと思え!!!

じゃなくて。。。
rockrockrock
今までサンザン助けてくれて、マジありがとう!でも、もうお手伝いはイイや!!
rockrockrockrock
ヒガシさんの手伝ってくれた仕事の、後始末に、マジ俺忙しいんです

って、伝えてもらっていいっすかsweat02sweat02sweat02sweat02sweat02sweat02sweat02

2008年10月27日 (月)

遺作

ども→v(≧∇≦)v

ヒガシでやんす!!
いやぁ、ヒガシは懲りずに、またまたやってしまいました!!

何かってぇとぉ・・・( ̄ー+ ̄)

いや、でもまぁ、
前回の僕のブログを見て頂いた方には、
お分かりかもですが・・・(-。-;)

実は、またまたデザートのアイスを作っちゃいました!!

今回は、アイスの基本、
バニラアイス』でやんす(* ̄▽ ̄*)

そうなんです、前回は基本のバニラではなく、
いきなり、
抹茶アイスに挑んだ僕( ̄_ ̄ ;)

そりゃあ、螢月御三方(うっしー店長・米山大将・鬼マネ)
にちゃぶ台をひっくり返されたり、
無言で蹴られたりと、する訳ですね(^田^;)

いやでもね・・・
ホントはね、閉店後に、みんなに秘密で・・・

夜な夜な一人で『バニラアイス』を作ってた時があるんです(〃 ̄ω ̄)

そう、アレは抹茶アイスを作る一週間前・・・

こっそりアイスの作り方を、あらかじめ調べて、
って言うか、
入院中のグッサンに、レシピ書いてもらったり、夜中にメールで聞いたり、
んでもって、材料を揃えて挑んだ訳です。
閉店後、夜な夜なね。

材料並べて確認後、「材料おっけ→!!」
量りを使って、「分量おっけ→!!!」

材料を混ぜ、温めて、濾して、冷やして・・・
「おっしゃ→!
後はアイスクリームメーカーにぶち込むだけじゃ→!!(`口´)/」
と、自信満々で一人閉店後の店で騒いでいました。

そう、夜な夜なね。(しつこい?)

一杯引っ掛けながら、余裕の笑みを浮かべて、待つこと数十分。

アイスが固まり、「おっ?そろそろ良いかな♪」と
味見をしてみた所・・・

・・・ん?

もう一口。

・・・・・・・・んん!?

ま、まずい(TへT)・・・

そうなんです、実はヒガシ、グッサンレシピどうりにやったにも関わらず、
失敗しちゃったんです( p_q)エ-ン

とっても粉っぽく、滑らかさの欠片もない、バッサバサな仕上がり。

自分の不器用さがイヤになる・・・。
(この時、ため息を20回はしたと思う)

でも、ヒガシも男の子!!
こんな事で挫けちゃいけない!!

そう!ヒガシお得意の【即座に開き直り!!】を使い、

今度は、螢月御三方の徹底管理のもと、抹茶アイスが出来たわけです(o^∇^o)

しかし、ヒガシは負けず嫌い(ホントか?)なので、
リベンジ!!と言う事で、
今回『バニラアイス』を作る事にしたんです♪

今回は、御三方ではなく、
螢月でヒトキワ輝く、帰ってきたパティシエ。

ぐっさぁぁぁぁぁぁんんんん!!

にご指導して頂きました。

ヒガシに、唯一優しくしてくれるグッサンは、
ゆっくり、そしてやっぱり優しく、教えてくれました。

アイスを作っているのに、その優しさで、溶けそうでした(笑)

同じ材料、同じ手順(多分ね)なのに、
教えてもらいながら作ると、仕上がりが全然違う ( ̄□ ̄;)ガーン!

とても滑らかで、濃厚な甘味・・・♪

グッサンのデザートに対する、優しさを感じました(*´v`*)

そして出来たのが、コチラ!!

自力で作ってみた前回のとは、
月とすっぽん!

比べ物にならないほど、
上手くできました( = ̄+∇ ̄=)v

パティシエぐっさんのおかげです!!

ちなみに、写真を上手く撮れないヒガシは、
グッサンに撮ってもらいました(^3^;)

何から何まで優しいグッサン♪

愛してるぜぃ(^田^)b

こうして、グッサンのおかげでデザート(アイス)作りが
楽しくなってきたヒガシでしたが、

その喜びもつかの間、
うっしー店長から、こう言われました。

ヒガシ、もうデザートは、やるな、やってくれるな」と。

理由は良く分かりませんが、
flair明日グッサンがブログ上で、
その理由を発表してくれる
そうです。

ふーむっ、そんなの今、
直接言ってくれれば良いものを!
と思いますが。

と言うわけで、今回の、
ほぼほぼグッサンが作ったけども、ヒガシ作のバニラアイス、
ヒガシの遺作になりますので、是非食べにいらして下さい。。。

2008年10月25日 (土)

続々と入荷中!!

どーもどーものうっしー店長scissorshappy01scissorsです。

日本酒飲みのうっしーにとって、とてもいい季節の『』。

きっとみなさんも、街中で見かけると思います。

そう、『ひやおろし』。


きっとほとんどの酒蔵が、
この『ひやおろし』のお酒を出荷していると思います。

うっしー店長のには、ちょっとしたこだわりがありまして・・・

ひやおろし』の解禁日を、
毎年、10月1日の『日本酒の日』に合わせています。


10月も、この頃にもなると、
日本酒の冷蔵庫に『ひやおろし』が所狭しと並び、
うんうん、いい眺めだなぁ~』なんて、しみじみ思っています。


うっしー店長が感じる、今年の『ひやおろし』の傾向は・・・


今現在では、どれも若干『堅い』感じですね。
やっぱり昨年の、記録的な猛暑の影響で、
お米がとても堅く、お酒を仕込んでも

溶けねぇ~wobbly』って、


どの酒蔵の蔵元や杜氏さんも、嘆いていました。


全然溶けなければ、旨味やコクなどが少ない、
淡白なお酒になってしまいます。
溶けすぎても、雑味やクドさの原因となりますので、
溶け過ぎず、溶けな過ぎず』が、いい加減なんすね。

堅くて若いお酒が多い、今年の『ひやおろし』・・・
抜栓してから2~3日。それ位経つと、
じわじわ~っと旨味もコクも増してくるんです。


これが『ひやおろし』そして『日本酒』それ一丁『醸造酒』。

醍醐味なんですね~。


抜栓して空気と触れることで瓶中で『熟成』がグ~ンと進みます
このいい状態になったお酒が正に


飲み頃


なんですね。


この『飲み頃』になったお酒は、
うっしー店長としては、
我が子の成長の様に嬉しき事であり、
悲しき別れの時なのであります。

日本酒の面白さの1つ・・・。
それがこの『変化(成長)』だと再認識したうっしーでした。

2008年10月24日 (金)

土瓶蒸し

こんにちは、螢月の『月イチブロガー』こと、煮方の大久保です。

・・・え。

大久保、最近良く登場するじゃん』って?


良かった~ドンッ、気づいてくれる人がいてドンッ
まだ、存在が定着していなかったら、どうしようかと・・・sweat02

そうなんです。

実は、先月末、緊急入院したぐっさんから、
こんなメールdownwardleft名指しimpactで届いていたのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大久保殿ニオキマシテハ、増シテ健ヤカト、存ジマシテ候。
ツキマシテハ、イザ来タル秋本番。
『月いちぶろがー』→『週いちぶろがー』へト、
飛躍的ナ進化ヲ遂ゲ、更ナル高ミヘト、至ッテ頂キタク

~云々・・・~(長いし、意味不明なので割愛)

大久保殿ノ、食材ヘノ思イ、豊富ナ知識ヲ、皆ニ知ッテ頂キタヒ。
ソシテ、ほたぶろデノ、確固タル立チ位置ヲ、確立シテ頂キタヒ。
私ハ、ソフ思フノデアリマス。


ソシテ私ハ、物言ワヌ貝ニナリタヒ・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・・・う~む、成程。

確かにこの登場頻度では、さすがに賢明な読者の方々でも、
僕の存在に気付かず、読み飛ばされていたとしても、
不思議じゃないよなぁ~・・・sweat01


ただ、下線部を読むに、ただサボりたいだけにも受け取れますが(笑)


そこで、当時小説の影響で、旧仮名遣いが抜けきらないまま、
病床からけなげなメールを送ってくれた、ぐっさんの気持ちを汲み、
螢月徒然日記読者の方々の記憶に、sign03バシッsign03と、僕の印象をつけるべく、
秋の食材についてのネタを、何本か用意していたのです。

そう、きっかけは何だっていい。

これはこのブログにおける、僕の存在権の為の戦い・・・

いわば聖戦。
ブログ達のジハードです。


ところがどっこい、最近まで入院していたウチの貧弱ボーヤ
こともあろうか言いだしっぺのグッサンの、
「入院日誌」と言う変り種、

いわば『細菌兵器』が、戦場を牛耳るかの如く、
アレヨアレヨと言う間に『これでもか!!』とUP。

言いだしっぺは、お前だろうが!!!」とツッ込む間もなく、
僕が、手塩にかけて育てた精兵(ネタ)達は、
あえなく、退却に追い込まれてしまい、
長く苦しい篭城作戦を、取らざるをえませんでした・・・。


そしてグッサン退院。

戦局が落ち着いた今、満を持して我が軍の猛将、
土瓶蒸し』を送り込む事に相成りましたドンッ

ただまさか、昨日春ちゃんに、
焼松茸』で、
松茸ネタの先を越されるとは・・・

思わぬ伏兵。
青天の霹靂。
寝耳に水。
一升、いや一生の不覚。
棚から牡丹餅。
(←ちがうかっ!?)


まぁ松茸ネタがかぶってしまい、少しケチは付いたうえ、
なんだか、グッサンみたいな言葉使いも移ってしまいましたが、
気を取り直して、土瓶蒸しの紹介に参りましょう。




松茸、海老、
銀杏、紅葉麩、
結び三つ葉・・・

シンプル且つ定番ながら、
上品で滋味深い食材を、
厳選しました。


鰹出汁をベースにし、じっくりと火を入れる事で、
食材の香りを余す所なく引き出し、
それぞれの旨味が、ぎゅっと凝縮した仕上がりに。


お好みで、スダチを搾って、ご賞味くださいませ。



合わせる日本酒には、
うっしー店長推薦、

先日のブログでも紹介した、

千代の園 螢月

はいかがでしょうか。


円やかで深い味わい、
熟成感と爽やかさを併せ持つこのお酒と共に、
ぜひ土瓶蒸し、楽しんで頂きたいです
heart04


2008年10月23日 (木)

焼き松茸

こんにちは、螢月の焼・揚物担当のcute春男です。

すっかり、秋本番ですね..。.(´∀`人)

と言いたいところですが、
まだ半袖でイイ!くらいの、ポカポカさ加減が残ってますよね?

まぁー今日は、久々の雨ですが。


季節はずれの紫陽花なんかも、咲いているようで、
地球温暖化の影響を、実感してしまいます。


外がポカポカの日は、日中の店内は、暑いくらいでして、
特に自分の持ち場は、最も火を使う場所

厨房の奥に陣取っているので、営業中も仕込み中も、
もうそこら中で、火をボーボー使ってるわけです。

特に沢山の仕込みのある日や、満員御礼の営業中、
我が螢月の厨房内は、ちょっとしたサウナのような暑さに見舞われます(;´д`)ゞ

もちろん厨房には、専用のパワフル冷房taurusが2機もついてるわけですが、
コレが、焼き・揚げ・煮、更に蒸し作業なんかを、バカスカ続けていると、
だんだん追いつかなくなって来るわけです、バテますよ、本当に。

毎日暑い日が続いていますねヾ(´Д`;●)って感じです(笑)

螢月イチの身長&体重を誇る、『ビッグマン』春男としては、
ちょっと勘弁して頂きたい・・・sweat01sweat01

早く秋本番を迎えてくれるのを、お天道様sunに祈るばかりです。


そんな中、食材に関しては、まさに秋本番を向かえています!!

秋刀魚に秋鮭、きのこに米茄子・銀杏等等・・・。
秋の風物詩たちが、毎日続々と、入荷中です。

そんな中でも、やはり人気№oneと言えば・・・


そうです
ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

今年ももちろん、

松茸』ですヽ( ´¬`)ノ

まさに、秋の味覚の王様。

ドンッ KING OF AUTUMN



酒と醤油をうっすらと纏わせ、
直火で焼き上げた松茸は、

香ばしさが加わって、
更に薫り高く。

shine繊細な味わいと、
しっかりとした食感が、
なんとも、たまりません
shine


本当に、焼いている自分が、
自分で、食べたくなっちゃいます( ´Д`)

焼いているときの、
あの『キュッキュッnoteって
音が鳴るのが、
また食欲をそそります(*^▽^*)

これだけ存在感の有る一品、お酒を選ぶのでは?と、
思われる方もいらっしゃると思いますが、

ご心配なく。

アナタのうっしー店長が、
松茸にピッタリのお酒を、

グッドチョイスscissors
してくれることでしょう。

\(^∀^)メ(^∀^)ノ


今回は、焼物として、松茸を紹介しましたが、
天麩羅でも、ご用意致します。

どちらを選ぶかは・・・

(・ω・)σアナタしだいです。

2008年10月22日 (水)

柿食う客

こんにちは、ホタブロ月イチ男、煮方の大久保です。

前回の登板から、日は浅いのですが、
もうこんな時期が来たドンッと、実感できるお話があったので、
是非ご紹介したいと思います。


ある日の螢月カウンター。。。

おおっいいね、一つちょうだいpaper

一人のお客様の、この一言がキッカケで、
ドンッ伝言ゲームtelephoneのように広まり、一人一皿、皆さんお召上がりになったもの、

そう、あの果実の旬が、やって参りました音譜

ハイ、flairです!

柿を使った、柿膾kakinamasu が、
地味な存在のワリに、大ブレイク中です。

正岡子規の
柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺
でも歌われ、

秋の果実の代表格と言えば、


さて、この柿、どうして弊店で人気なのかはてなマーク
と言いますと・・・


柿って言うのは、
二日酔いに効くドンッと言われているからなんですね。

つまり、
弊店に集う、
酒のツワモノたちにとって、

まさに歴戦の疲れを癒す、
ドンッ宝の果実

となっているわけです(笑)

柿の二日酔い予防効果
本当なのか検証致しますと・・・

すうじこれは他の食物にはない「果糖」に、利尿作用があるからです。

果物の中の果糖は、アルコールの酔いを、早く覚まします。
だから、また飲める・・・(笑)

ちなみに、
柿の糖質は、ブドウ糖(4%)、果糖(2~3%)、ショ糖(8~9%)。
軟熟果や干柿では、ショ糖はほとんど分解され、ブドウ糖と果糖になってるので、
より一層、効果を発揮してくれますね。


すうじ続いては、「ビタミンC」。

100mg中の含有量は、70~80mgとピカイチで、
たとえばブドウなら18mg、みかんは35mg、りんごは3mgと
比較になりませんup

柿に、酸っぱいイメージってないので、意外に思われるかもしれませんが、
他の果物で、柿に勝るとも劣らぬ量のビタミンCを含むのは、キウイくらいでしょう。

大きめの柿1個で、1日に必要なビタミンCが摂れちゃいます。

ビタミンCには、血液中のアルコール分を、外へ排出してくれる働きが
あるので、二日酔いには持ってこいドンッ、というわけ。


すうじ更には、渋みをもたらす「タンニン」

「渋柿」と聞いて、お口の中に、苦味を感じてきませんか?
タンニンは、整腸作用を発揮したり、防腐剤に使われたりします。
胃壁からのアルコールの吸収を、抑えくれる効果もありscissors

甘柿と渋柿、そのどちらにも、タンニンは含まれていますが、
熟すと、自然に渋みが取れて、甘くなるのがenter 甘柿で、
熟しても、なかなか渋みが抜けないのがenter 渋柿です。

柿の果肉をよく見ると、ごまのような黒い点がありますよね、
これが、タンニンです。

柿特有の、この渋み成分シブオールと、アルコールデヒドロゲナーゼという
アルコールを分解する酵素が、
血中アルコール濃度の上昇を抑制し、利尿作用のあるカリウムとの相乗効果で、
二日酔いに効果
がありますrock

ちょっと話は逸れるけどdash
お酒のつまみとして「柿の種」を
思い浮かべる人も多いと思いますが、
当然ながら、果物の柿と違って、こちらには
二日酔い防止効果はありませんsweat01ので、あしからず(笑)


話を戻して・・・
柿なますは、柿の甘味が嬉しいアクセントにcute
サッパリしていますので、箸休めにもオススメです。
そしてもちろん、お酒のアテにも、最適ドンッです。

ところで、膾(なます)とは・・・
野菜などを細く薄く切ったものを、
三杯酢などのお酢系のもので、和えたお料理のこと。
お正月のおせち料理にも、良く出てくる、アレのことです。


普段のなますに、柿をプラスするだけで、
見た目upも食感もupup楽しめる一品に!

柿と大根、
この相性は大丈夫なのか?
と苦手sweat02に思う方も、
いらっしゃるかもしれませんが、

柿の自然な甘みが追加されて、
とても良い旨味を、感じさせてくれます。

実は柿って、料理の隠し味
いろいろ大活躍してくれる果物なんですよ。


酢豚にパイナップル、とか、
カレーにリンゴとハチミツ、は抵抗のある人も、
なますの柿は、加熱しませんので、
抵抗感が少なく、楽しめると思います。


秋の夜長ドンッをのんびり過ごす日に、
名脇役の、味わい深いドンッツマミドンッとして、重宝したいものです。

2008年10月21日 (火)

秋の『白岳仙』

どーもみなさん、うっしー店長です。。。

昨日まで、three回連続グッサンに、ブログを奪われておりましたが、
さすがに今日は、奪還punchしました(笑)

さすがにグッサン復活祭、そろそろ皆さん飽きたでしょ?


これからしばらく、
うっしーのブログ当番の日には、
ひやおろし』や
秋上がり』の日本酒を、
ご紹介していこうと思っています。

前回『天青』をご紹介
しましたので、
今回は
【秋のお酒・その2】です。

ご紹介する銘柄は、いつなん時にも登場する、大好きラブラブな『白岳仙』音譜

杜氏は、すうじすうじ代目の安本岳史さん(通称;やっさん)。

ヒガシの『はじめてのおつかい』の試飲会にて、写真付で登場しましたが、
うちの米山大将に匹敵するほどの、かなりおっとこ前shineなんですね。

  upwardrightupwardrightupwardright
 enter男前好きLADYたちは、やっさん生写真camera要チェックeyeだぜ!

本題の『ひやおろし』の話の前に・・・

大人気だった韓国ドラマ、四季シリーズばりに、
暑く、熱く、アツく、季節ごとの『白岳仙』を、ご紹介。


まずは、「春のワルツ」。

試飲会会場では、いつも大行列の人気銘柄で、今年の冬に出荷された、
山田40あらばしり』は、あまりの美味しさに感動して、泣きましたドンッ


春酒ランキングでは、並居る強豪相手に、すうじ位にランクイン、さすがですドンッ

※ちなみに、このお酒は、弊店地下室にて、こっそりと熟成させてます

秘蔵熟成酒の、ドンッお披露目は・・・

来年に行う、と勝手に、そしてかなりアバウトに予定している
白岳仙を楽しむ会(仮)』の時かな!??

というわけで、ブログに書いちゃったんで、
telephone≪やっさん、螢月まで遠征、お願いしま~すっ≫


続いて、「夏の香り」。

『夏酒』の白岳仙(吟生)は、
夏場の日本酒へのイメージを、一新させる見事な夏っぷりsun

夏酒ランキングでも、堂々のすうじ
位だったのは、
記憶に新しいところ!
いや~、来年の夏が、すでに待ち遠しいっすドンッ

この吟生で、日本酒デビューを、見事に果たした女性の方も多いし、
日本酒嫌いを克服した方も多いんですよドンッ


そして、ようやく本題flairの、「秋の童話」。

今期から『ひやおろし』は、
グレードアップドンッドンッしたんです。
まず、本醸造からenter純米酒へ。

そして、五百万石からenter山田錦へと。。。

つまり、この『ひやおろし』は、
shine山田錦60精米の純米酒となります。

しかも、旨味と力強さを
しっかり味わってもらう為に、
原酒での出荷ですドンッ

極寒の中、仕込まれた純米原酒を、
じっくりと蔵内で熟成させ、
夏を越すことで、
『力強い旨味』に『滑らかさ』が加わります。

ではでは、待望の白岳仙『ひやおろし純米』をグビッと一杯・・・・。

原酒特有の力強い骨格の飲み口から、ほのかに熟成香が感じられます。
まだ少しフレッシュな苦味も感じられ、
これからの変化が、とても楽しみな酒質。
後口のキレの素晴らしさはお見事sign03です。

焼き鳥を無性に食べたくなってしまった、コクとキレがとても素晴らしいお酒です。

ここまでは、冷蔵庫から出したばかりなので、
これからがいよいよ本番の≪お燗≫にして、じっくりと味わってみたいと思います。

お燗(43℃位かな)、
だいぶ表情が変わってきました。

低めの温度帯では、
若干の苦味を感じましたが、
それがキレイに無くなり、
お米の旨味や甘味が、
じわ~っと広がってきます。

ドカベン『山田太郎』をイメージさせる
気は優しくて力持ち』なお酒です。

チーム螢月のメンバーで例えるなら、
揚&焼方の『春ちゃんcute』的なお酒です。


いやぁ~、大好きな『白岳仙』も、
残すところ、後は「冬のソナタ」だけですね。。。

長めのマフラーsnowを買いに行こうと目論む、
うっしーなのでしたhappy01happy01happy01

・・・あ・・・チェ・ジウ役がいないわ・・・wobbly

螢月