プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

熱々ハフハフ、冬の味

どうも、お久しぶりの調理場大久保です。

吹く風がいよいよ冷たくなると、
食べたくなるのがホカホカの中華まん

いつもは螢月のメニューについて書くんですが、
何だか急にここの所寒くなってきて、そろそろ身体が肉まんを欲しているな
と言うわけで、今日は自分の好物、中華まんについて!!

本来は、中華料理店で食べるのが、正攻法なのかもしれませんが、
コンビニでもアツアツを食べれるし、
冷蔵や冷凍のものは、スーパーでも売っているし、
いつでも手軽に気軽に、食べれるものになりましたよね。

最近では、百貨店やインターネットでお取り寄せ系も増え、
老舗の味や、中華街の名店の味など、幅広く楽しめるようになってますね。

そんな中華まん、僕は大・好・物なんですが、
今日は、冷蔵・冷凍肉まんの、美味しい食べ方について!

冷蔵や冷凍で届く肉まんは多くの場合、
蒸し器での調理時間と、レンジで温める場合の2つの方法が
書かれていると思いますが、
これは書くまでもなく蒸し器を使った方が、より美味しく出来ます。
電子レンジで温めると、表面が乾燥しやすいですしね。

基本的に肉まんは、皮となる生地を、1回しか醗酵させません。
それは、温め方が「蒸す」ことを前提に作られているから。
なので、断然蒸した方が良いんですよ。

蒸し時間は大きさによって異なるため、確認が必要。
金属の蒸し器や鍋を使って蒸す場合は、中華セイロに比べて火の辺りが強いので、
2~3分ほど早めに火からおろし、そのまま2~3分置いてから蓋を開けると、
ちょうど良い頃合いでしょう。

それでもやっぱり蒸すのは面倒と言う方に、お奨めな手抜き方法が
お皿に肉まんを置いて、ほんの少し水をお皿に入れて、
上からラップでつつんで、レンジ!!!

水のさじ加減により、若干ベタベタになったり、カピカピになったりと
左右されますが、そこは手抜きならではのリスクと言うことで。。。


ちなみに皆さん、肉まんに何かつける派ですか?何もつけない派ですか?
それからつけるなら、何をつけますか?

僕は断然つける派ですが、
定番の?醤油や練り唐子のほか、味付けの濃い肉まんには、黒酢もいいかも。

大きい肉まんなら、最初はそのまま食べ、調味料をつけるのは途中からにすると、
味の変化がついて、最後まで楽しめますよ。

ちょっと気になって周りに聞いてみると、
なかには、ソースやマヨネーズをつけて食べる人もいるようです。

最後に、最近開発したタレをご紹介!

one大根としょうがをおろしにして、
twoきゅうりや青しそをみじん切りに。
three上の材料を、醤油と酢で合える。コレダケです。

肉汁トロトロの濃い目の肉まんも、
サッパリと美味しく、何個でも食べれちゃいます。

いやっ、何個でもってのは、自分だけかもしれませんが。。。

螢月では、残念ながら中華まんは、やってないですが、
焼売はやってます。
しかも海老×帆立のシュウマイです。

そのうち、日本酒に合う中華まん、考えてみようかなぁ・・・?!

2007年11月29日 (木)

取材を受けました。

 
先日、私うっしー店長は、雑誌の取材を受けました。
日之出出版から毎年出ている『お酒が好き』というムックの取材です。

ムックとは、雑誌と書籍の性格を併せ持つ出版物の事で、「MAGAZINE」の
「BOOK」のOOKを合わせた言葉でして、
ハードカバー風の雑誌を連想してもらえれば、okです。


今回の取材の特集は、『利き酒師のいるお店』だったみたいで
全国各地のお店が取材を依頼されたみたいで、
東京で選ばれたのは、弊店も含めthree件だけ

 取材の内容は・・・   
  
 『利き酒師になったキッカケ』や
 『お奨めの日本酒と酒肴』それと
   
 『日本酒に対する思い』をどうぞ・・・    
  
 こんな感じでした。
 

うっしー店長のちょっぴり自慢は、
当時、史上最年少で利き酒師を取得したことでして
もしかしたらもうこの記録は、抜かれてしまったかもしれませんが、
業界でかなり衝撃的な話題となり、
僕自身としても、高校で生徒会長になって以来の
自分セレクト三本の指に入る自慢でした(笑)

取材の最後に、日本酒ケース(冷蔵庫)の前で、写真を撮ってもらいましたが、
これがとっても恥ずかしく、思いっきり顔が引きつってしまいました。
(この写真は、撮影現場を、更にぐっさんが撮影したもの。)       
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いやぁー、本当に僕ってば、
意外と照れ屋なもんだから、
こういうとき、
頑張れない子なんですよね。。。。。。。。

何かすぐ笑っちゃうか、
すごく極悪人面になっちゃたりとか
つぶらな瞳が、更につぶらにって言うか
ほぼつぶってるとしか思えない状態だったり

そんなうっしー店長の
お恥ずかしい顔が見たい方は、

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
12月中旬に発売の『お酒が好き』をご覧下さい。


せっかくなので、この本を持参の方には、
presentお口直しにお奨めの日本酒を一杯プレゼントさせて頂きます。

今日はおまけとして、
どんだけ僕が取材カメラに弱いかってことを
証明する写真を、更にもう一枚サービス!

あっこれは、数ヶ月前に、別の雑誌取材の際に撮っていただいた、
もちろんボツになった写真です!!

あぁ誰か、写真の正しい写り方、お教え下さい!!
切実ですっ!!!

2007年11月28日 (水)

未知との遭遇

どうもこんにちHAhappy01note
GOOD-SUNこと、ぐっさんです(テンション高っsweat01)sign03

何でこんなに、テンションupかと言いますと

昨日仕事上がりに、我先輩、東田さんに呑みに連れて行ってもらったのですよnote


『あのアイドルはあーだ』
『あの漫画はこーだ』
『あのバンドはこーだ』

とか相も変らずくだらない話をしつつ、


メニューも見ずに、『勉強』という名目で、
店員さんお奨めの日本酒を飲んでいたら


気付けば朝十一時(世界じゃそれを昼と呼ぶんだぜ)sweat02

流石にこれ以上はヤバイ、最後の一杯くらい自分たちで決めて〆ようぜ


という話になり

初めてメニューを、マジマジeyeと覗き込む酔っ払い二人spa


するとそこに、見た事も聞いた事も、もちろん呑んだ事もないお酒が


『じゃばら酒』


・・・じゃばら酒?


じゃばらって・・・蛇腹?


え、なに、ハブ酒的な?


イヤーンコワーイdespair

メニューの説明書きを見てみると、製造場所は和歌山県北村山。


和歌山って言ったら・・・みかんとかなのか?

ただ、じゃばら酒そのものについては、さっぱり触れられておらず、
ま、とりあえず呑んでみるか、ということに


で、呑みました。


じゃばら酒。


なんともいえない不思議な味・・・

柑橘系は柑橘系なんだけれども、なんだか花のような香りもあり・・・

レモンでも無し、スダチでもカボスでも、ライムとも違うし・・・


香りの印象は、柚子と、金木犀をあわせたような香り。
甘さは控えめで、マイルドながら存在感のある酸味。


なんだこりゃ!?

でもなーんだか不思議な魅力があるお酒bar

そこで

ワタクシ、ちょいとじゃばら酒について調べてみましたpunch


まず、製造地の北山村は、
和歌山県でありながら三重県と奈良県に囲まれた、全国唯一の飛地の村。


因みに飛地(とびち、飛び地)とは、
国家、都道府県、市町村、市町村の中の町や大字(おおあざ)等の、
行政区画の一部分が、別の国家や行政区画内に、
飛び離れて存在するもののこと。


この村に、世界で唯一の『じゃばら』という柑橘類があります。
やっぱり柑橘類だったんすねflair

この地方に江戸時代から分布していた柚子や九年母、
紀州みかんなどの自然雑種の香酸柑橘。

昔から、北山村がある熊野地方は、
北山川を通じて、紀伊半島や四国方面とも海路の交通があり、
“柚子”や“九年母”、“小蜜柑”なども入植されていたことから、
本地の気候に最も適した、強い固体の品種が定着したのでは・・・
と想像されているとの事。


このじゃばら、昭和54年11月に品種登録された、
ワタクシと同い年の果物。


さて、じゃばらの特徴はcute


じゃばらの大きさは130g位。
球形、ないし短球形をしており、皮まで有効に使えて、
捨てるところはありません。

例年5月頃に開花して、実をつけます。
11月下旬から、12月上旬頃に収穫期をむかえるじゃばらは、
糖度・酸度のバランスのとれた、まろやかな味が特徴で、
柚子、スダチ、カボス等とは異なった、独特の香り・風味をもっています。

地元では、昔からお正月の料理に珍重されて来たものであり、
その名の由来も『邪気を払う』→『じゃばら』
から付けられたといわれていますkissmark

更に余談。


北山村は、林業と筏(いかだ)下りの歴史を持つ、伝統ある村ですが、
近年では人口530人と、
典型的な、少子高齢化と過疎化が進んだ村となっており、
じゃばらでの村おこしに真剣だそうです。


村の想いを、少しでも多くの方に届けたいと、
様々な形でじゃばらの製品化・商品化が進められているのですが、
この『じゃばら酒』もその一環up

『じゃばら』という無二の素材を活かし、
酸味・甘み・苦み・が一体となった、
まさに " 通好みの大人のリキュール " flair

たっぷりの果汁に、アクセントとして、
有効成分が多く含まれる皮も使っています。


まさに捨てるところ無しsign03のお酒ですup


最近では、柑橘系のお酒も珍しくありませんが、
なんと言ってもじゃばらは純国産、
というよりも純北山村産ですsign03
残留農薬も厳重に検査され、一切検出されておりません。


これも面白いポイントの一つ。

地域のものを、全国に発信していくというのは、
やはり、製品に自信を持っていないと出来ない事だと思いますし、
それだけ、地域全体が力を入れて、
広めて行こうとしていると言う事punch


食の安全が叫ばれている今だからこそ、品質管理に徹底した商品は、
やはり、信頼して手に取れる、と言う物です。


それに、“レモン・ユズ”などのお酒と、全く違うじゃばら酒独特の風味は、農薬の心配がない果皮を存分に使うことで初めて引き出せる味わい。

だからこそ生産者の方々は、残留農薬の点には、
特に気を使って造っていらっしゃるのでしょうねflair


けど、この風味のため、じゃばら酒は少し苦手という方、
多分多いんじゃないかなぁsign02

でもこのクセのある風味だからこそ、2杯・3杯・・・と、
飲むたびにクセになり、多くのじゃばら酒ファンが生まれているのですshine
近年では、花粉症への効果も注目されていて、
毎年花粉症の季節になると、テレビや新聞雑誌などに、
盛んに採り上げられています。


さて、実は花粉症もちのぐっさん。


体が求めたのか、単純にファンになったのか、はたまた酔っ払ってたのか。
それは定かではありませんが・・・


気付けばまたこんなになってましたdespair



けれど、たまには他の店に行って、呑んだ事のないお酒と出会うcute

これもまた、楽しいものだと思ったのでしたhappy01

2007年11月27日 (火)

穴子粕味噌漬け

酒肴』・・・お酒を飲む時、つまむもの

螢月は、日本酒専門店ですので、酒肴にもちろんこだわっています。
酒蔵から直送される『酒粕』を使った料理も、螢月の看板メニューです。

そんな中でも、弊店オープン以来の息の長い商品がコレ
『穴子粕味噌漬け』(\1,470)です。

店長うっしーの修業の聖地、岩手県銘酒『吾妻嶺』の吟醸粕を
更に熟成させてから使っています。

穴子の旨味を見事に閉じ込め、

熟成酒粕の独特の風味が一体となった

お奨めの中のお奨めメニューです。

穴子粕味噌漬け』を食べながら、『吾妻嶺本醸造』を
ちょっと高めの温度につけて一杯。

日本人に生まれた事を感謝する、そんな嬉しい瞬間を是非。。。

もう何も言う事はない、、、
と言うより、言葉に出来ない美味しさなんで、
何より先に、まずご賞味下さいませ。

2007年11月26日 (月)

いよぉーっ、パンっ☆

今年もあっという間に11月後半。
って言うか、今週末には師走に突入dashdash

こんにちは、板場の米山です。

今日は店長が公休のため、いつもの対談シリーズが出来ませんsweat02
つまりは、初となる単独文章を書くことになったわけです。
きっとこの先もレアなので、皆さんしっかり噛み締めて、お読み下さい(笑)

これまでの対談シリーズの中で、
自分が祭り好きだということは、散々出てくると思いますが、
今日は、そんな自分の得意分野、祭りの文化忘年会を絡めた、
ちょっとflair粋な雑学flairを書きたいと思います。


さて本題、年末の締めくくりといえば、忘年会ですね。

一年の労をねぎらい、美味しいお酒を飲むbeer
これもやはり、素敵な日本の文化の一つ。


ただ、なかには、会社の忘年会の幹事役を不幸にも(?)
仰せつかってしまった方もいらっしゃるのではsign02

アレは結構キツいですよね~・・・
店探しから始まって、会計を集めたり、二次会の準備をしたり・・・

しかも自分は酔っ払えないsad


でも、幹事さんがしっかりしている方なら、俄然宴席は盛り上がるsign03

全国の幹事さん、頑張って下さいsign03sign03


そんなわけで、今日は私米山から、幹事さんに送る雑学を一つflair


忘年会の締めくくりといえば、『手締め』です。

「一年間お疲れ様sign03」の意味を込めて、
「いよぉー・・・パンnote

と、お手を拝借するのが、日本の慣例。

でも、この手締め、一般的には『一本締め』と呼ばれていたりするけど、
実はその呼び名は、誤りだって知ってました?

「いよぉー、パンnote
と1回だけ手を叩くのは、『一丁締め』と言って、略式の『一本締め』です。

正しい『一本締め』は、

「パパパン、パパパン、パパパン、パンnote
これを1回だけやるのが『一本締め』、
3回繰り返すのが『三本締め』です。

「パパパン、パパパン、パパパン、パンnote」と手を叩くのが『三本締め』だと、
こちらの解釈でも勘違いされてた方、多いんじゃないでしょうか?

でもなぜ『3・3・3・1』拍子で手を叩いて締めくくるのだろうsign02

『3+3+3=9』ですね、この9を漢数字で書くと『九』となり、
『九』に点(1)を足すと、『』ですよねflair

丸く納めましょう」という願いであったり、
めでたく丸く納まりました」と礼を込めて打つ。

つまり「手締め」とは、

いろいろな行事が、トラブルもなく無事終了するように祈願、
もしくは無事終了したことの締め括りとして、行われるのが一般的なんですshine

それから、ちょいと余談ですが、
手締めの前に「いよぉーっ」という掛け声をかけますねぇ。

これは「祝おう」が「いよぉーっ」に転じてるんですよhappy01


手締めが行われるシチュエーションとしては、
例えば、祭りの「宮出し」「宮入れ」の際だったり、
証券取引所の、年末の大納会や年始の大発会なんかは、
ニュースなんかでも、良く見かけると思います。


3回繰り返すのは、舞台のエンディングやカーテンコールで行われる
三方礼(さんぽうれい=右・左・中央の客に礼をする)」
のようなもので、3回やることで諸方を示し
あちらの方もコチラの方もそちらの方も皆々様、ありがとうございます
ってニュアンスです。

ただ手締めは、業界や地域によってやり方や、解釈が異なります。
今回ご紹介した、一般的な一本締めのやり方や意味合いは、
江戸型』と呼ばれるもので、江戸時代から口承されてきたもの。
ちなみに全国標準は、東京・浅草の「三社祭」の型なんですよ。

同じ関東でも、埼玉や群馬、多摩西部では独自のやり方があるようです。
そして、大阪型というのもあり、
「打~ちましょ(パンパン)も一つせ(パンパン)祝うて三度(パパンパ)
おめでとうございますぅ~(パチパチパチ)note
ってだいぶ違いますよね、
「パン、パンnote」と2回ずつ手を叩くのが、基本だと言われているそうです。


好きな話題なので、ついつい長くなってしまいましたが、これが最後sign03

酒席で是非お奨めなのが『一つ目上がりhappy01

最初は、人差し指だけで一本締めをして、
次に中指を加えて打ち、
次は薬指、そして小指を加え、
最後にすべての指で打つ方法です。

少しずつ、大きな音になっていくのを楽しむ手締めですから、
酒席の楽しみの一つになるのではhappy01up


というわけで、今年の忘年会からは、
一丁締めで、お手を拝借sign03」とか、

一つ目上がりで、お手を拝借sign03」と、

音頭をとってみては、如何でしょうかhappy01note

2007年11月25日 (日)

山梨・冨士急ハイランドに行ってきました! part2

どーも、アルバイトの天川ですhappy01

carouselpony冨士急carouselpony話の続きです!

ジェットコースターがまったくダメな大学生『天川大地』
そんな僕が冨士急で唯一楽しんだアトラクションsign03

「戦慄迷宮×BIOHAZARD」

そう、日本でone番長いとされているお化け屋敷ですdespair

しかも、期間限定でバイオハザードのコラボが!!

が、かなり人気なようで・・・
待ち時間one時間以上・・・
平日ですよ・・・昼間ですよ・・・

とにかくジェットコースターがダメなメンバーfive人で並んでみました。

one時間という待ち時間ですっかり中の妄想を繰り広げ
徐々にビビり始めるfive人。

そしてようやく入館。
お化け系が大丈夫な僕ともうone人で前と後ろを固めていましたが、
中に入るとコースの先から悲鳴が聞こえ、この二人のテンションが上がり、
two人でスパイの真似事など始め、はしゃぎまくる!!
後方を守るはずの僕が、思いっきり前方に!

手薄になった三人(男1女2)のうち男が女の子two人を盾に取り始め非難を浴びてましたが、
そんなのお構いなしに、はしゃいでいましたw

そして、ミッションは進んでいき、
シューティングエリアゾンビを撃ちまくり
ミッション成功sign03

そして無事脱出dash

バイオハザードバージョンは短かったのか
最短fivezero分かかると言われていたアトラクションをthreefive分ほどで
クリアしました!


ジェットコースターはまったく楽しめませんでしたが、
戦慄迷宮はしっかり楽しんできましたup

帰りの車では疲労もありましたが、
無事池袋到着sign03

サークルを引退してなかなか会わないメンバーと久しぶりに時間を共にして、
なかなかいい思い出ができました!

2007年11月24日 (土)

山梨・冨士急ハイランドに行ってきました! part 1

こんにちはsign03
アルバイトの天川ですhappy01どうも、どうもscissors


つい先日、大学のサークルの同期と一泊二日で遊びに行ってきましたflair
この前みたいな一人旅ではないですよup
12人の小旅行ですdash

池袋集合で8人乗りのレンタカー1台と友人の車一台でいってきましたsign03


とりあえずドライブな感じで高速を走り、

パーキングエリアの思いつきで
富士山の五合目まで車でのぼり、


みんな厚着していたのに、


その寒さにギブアップしながら
山梨名物放蕩をいただきましたspa


そして、そのあとは宿にチェックイン。

貸し別荘に泊まったんですが、
かなりいい宿でしたheart04
なんといっても目の前に富士山がドーンsign03
ベランダから、素晴らしい眺望が広がっていましたshine


そして僕らは近くの温泉に行きspa体を温め、
帰ってからはみんなで鍋宴会beer

しかし、宴会の席には日本酒は並びませんでしたsweat01
学生なんてこんなものですwobbly


鍋もまったく何のテーマもなく
好きなものを勢いだけでいれていきましたpunch

思い出の公演のビデオtvを見て、
(僕らは英語劇を作る団体だったのです)
そしてバタバタとつぶれていき、
生き残ったメンバーでなぜか「天空の城~ラピュタ~」を見て
深夜三時まで話し込み
少し寝て
冨士山の朝日を拝みましたshine


翌日は冨士急ハイランドにdash

しかしまったくジェットコースターがダメな僕は

最もテンションが低かったですdespair


「フジヤマ」はなんだか高いし長そうだし、
「ドドンパ」は訳のわからん速度で駆け抜け垂直に降下するし、
「ええじゃないか」は人が回転しながら垂直降下してるし・・・

もはや地獄の入り口にしか見えない。


そんなわけで・・・僕はひと時話題になった戦慄迷宮へとGOdashsign03


・・・続くsign02

2007年11月23日 (金)

『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー④

どーも皆さんsign01四話連続でうっしー店長happy01です。
今日のこのブログで、『鳳凰美田』酒蔵見学ツアーが完結しますsign03

少しでも皆さまに
bus蔵見学ツアーbus』の魅力をお伝えたくて・・・
sun鳳凰美田sun』の素晴らしさを伝えたくて・・・
第四話までかかってしまいました。

ここまでお読み下さった皆さま『誠にありがとうございました』。

ツアー連載を今日初めて開いた皆様は
まずは『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー①

    『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー②

    『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー③を順番に、ご覧下さい。


さて、今回のブログは、蔵を出てから向かった先・・そこは。。。

予定では、アンズや梅の木が植えてある
アンズの里』に見学に行く予定でしたが、
バスが大型だったために、近くまで行けず、
渡良瀬遊水地』への見学に、変更しました。

ここは、栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県の4県にまたがり、
元々は洪水対策目的の施設です。
利根川に流しきれない渡良瀬川の水を、いったんこの地に貯め
利根川の水位が下がってから、徐々に水を放水する仕組みです。

遊水地の周りには、三メートル以上の葦が生い茂りっていて、
まるで、アフリカの草原を連想させるような景色でした。
自然に触れる時間ってなかなかないので、とても貴重な時間を過ごせました。

その後は、いよいよお楽しみのshine大宴会shine
会場は、地元の名店『あやめ寿司』さんで行いました。

見学よりも『この時間が何よりも楽しみheart02』そんな常連さんもいますが、
そりゃぁーやっぱり、この時間は楽しみです。


豪華なお料理と『絞りたて純米吟醸』と『発泡にごり
そして、『梅酒』に『ゆず酒』に『あんず酒』・・・
途中で、お酒が無くなってしまい、蔵から『しぼりたて純米吟醸』の追加有。

本当にどこまで飲む気なんだ、この集団!!!!!

いやぁー、見りゃあご理解いただけると思います。
とっても盛り上がった『大宴会』でした。flair
果実酒が予想以上に大好評で、普段日本酒以外飲まない常連さんたちが
果実酒をガブガブ飲んでいたのは、我々スタッフとしては、見慣れない面白い光景でした。
でも、小林専務は、果実酒の予想以上の大反響にちょっぴり寂しそうでした・・・。
(専務やっぱり日本酒ですよねnote BYうっしー)
最後に、
ツアー参加者の酒豪の皆様、お疲れ様でした。
そして、小林専務を始めとして、
小林酒造の皆々様、大変お世話になりました<(_ _)>
ありがとうございましたぁー!!!!!!!!!

またいつの日か、
『鳳凰美田』ツアー第三弾!やりたいなぁ

さて、
次回酒蔵見学ツアーは、
年明け2~3月辺りを予定
致しております。


今回の『鳳凰美田』大人の社会科見学をご覧いただいて、
羨ましいなぁーっheart02、なんて
つい思っちゃった人は、是非次回ご参加下さい。

何せ弊店としては、毎回大赤字downのこの企画!
だけれども、
みなさんに日本酒の楽しみをいろんな角度から知っていただくために
敢行しているわけなのですup

そして、
flairたまには童心に返って、
ウン十年ぶりの社会科見学ってちょっとワクワクしませんか?
flair

2007年11月22日 (木)

『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー③

今日もしつこいくらいに、私うっしーでぇーすっ!えっ?!もう嫌だって??

そうはいきませんよ、今日も変わらず
『鳳凰美田』大人の社会科見学ご報告の続きです。

まずは『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー①

    『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー②を順番に、ご覧下さい。


華やかな香りの吟醸酒が入ったタンクの蓋をいよいよご開帳
香りや発行段階を見させてもらった後は、さぁお待ちかねの試飲noteです。


モロミの状態や、当日絞ったばかりの純米吟醸を、飲ませてもらいました。
モロミを飲んだ感想は、旨味等はまだ少ないですが、
アルコール度数はしっかり17.8度ありました。

ドロっとしたニゴリ酒を連想して下さい。

絞りたての方は、純米吟醸(若水55%)の絞った日にち違いでの飲み比べです。
飲み比べたのは、当日絞りと二日前絞りでした。

二つを飲み比べると、
二日前に絞った方が旨味や味わいに、奥行きや厚みが出ていました。
同じ企画(使用米、酵母、精米歩合など・・)でも、明らかに違う日本酒に感じました。

flair飲み頃の見極め(出荷時期)が、とても大事だと改めて実感しました。flair

前回、蔵を見学させてもらった時よりも、
低温発酵に欠かせないサーマルタンク(温度管理が出来るタンク)
の数が、倍以上に増えていました。
ここ数年の酒質の向上や安定に、一役買っているのだと思いました。


では、しばし、ツアーメンバーの飲みっぷりの良さをご堪能下さい(笑)



ココで・・・
≪今日もちょっと話は逸れますが・・・sweat02

もう11月も下旬に差し掛かり、さすがに寒くはなってきましたが
そうは言っても昔ほど寒くない、
刺すようなあの頃の寒さと比べれば、そんなでもないなんて、最近よく感じます。

特に、ココ近年真冬でも、来店される女性客の洋服は、意外と軽装だなぁ。。。ってボンヤリ思ってたんですよ。
まぁコートがものすごく高性能になったのかもしれませんが、
年々季節感がボーダレス化してるような。。。
例えばキャミソールやら、半袖ニットやら。

これって地球温暖化の余波がジワジワきてるってことなんでしょうか??

このまま、日本も季節自体がボーダレス化していく、って未来が待ってるんでしょうか???

もしもそんな環境におかれても、今以上に美味しいお酒を、
求め、造り続ける姿勢が、一体いつまで続けられるのだろう・・・。

日本酒には、移りゆく四季が必要です、
とりわけ、日本の冬らしい寒さが必要なんですよ。

そんなことを考え、だいぶ不安になってしまった、うっしー店長でした。

sign01ストップ!!地球温暖化!!日本酒の危機が迫っていますsign01


おっと、寄り道している間に、字数制限の壁が・・・
だいぶ道草が過ぎました、ごめんなさい。

さてはて、何ぼ何でもこのツアー報告を引っ張りたい!
・・・なんて思ってるわけじゃありません!!
って書けば書くほど、返って疑わしくなりますね、うふふふふ

まぁ、僕が確信犯かどうかは別として、
明日は、いよいよフィナーレの宴会!!!!!!drama

たぶん、明日で書ききります。
元々は前後編の2回で書くつもりでいたんですけど、
僕の日本酒への熱い思いが、もうどうにも止まらなくて、本当すいません。

本日も、ご清聴ありがとうございました<(_ _)>

2007年11月21日 (水)

『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー②

コンニチハ、店長です。
先日行ったばかりの『鳳凰美田』大人の社会科見学ご報告の続きです。

まずは
『鳳凰美田』酒蔵見学ツアー①をご覧下さい。


≪見学スタート≫ PM0:30

蔵に入る前に大事な作業、しっかり手を洗って殺菌して、
いよいよ蔵入りupです。

いやー久しぶりの小林酒造に、とってもウキウキheart02です。
初めて訪れたのは、7年前
そして、前回のツアーや田植えなどで、かれこれ6度目の小林酒造訪問

そうそうこの『大人の社会科見学』にて、
記念すべき第一回目がここ小林酒造でした。

あれからもう5年、
いやまだまだ5年ですよね、専務!
shine日本酒業界の発展の為に
誓った、専務とのあの約束shine
まだ叶えられてないのが残念ですが、
いつか必ず・・・
ちょっと男くさいっすね。
(珍しく脱線しました、僕までも。。失礼)


話を戻して、、、
蔵に入った瞬間に、午前中に搾ったばかりの、
吟醸酒の爽やかな香り、優しい桃のような香りが、
我々、日本酒愛飲家達を優しく迎えてくれました。

通常の日本酒蔵では、麹の甘酸っぱい香りが広がりますが、
小林酒造では、吟醸酒特有の爽やかな果実香が、蔵に入った瞬間に強く感じました。
flairこれが、小林酒造の特徴なのです。

蔵内をじっくりと廻り、日本酒造りの工程や裏話を聞きながら、蔵内を見学していきます。

小林専務の説明には、分かりやすい様に『例え話』が
繰り込まれています。

『鑑評会への出品酒は、F1のマシーンと一緒!
何台も試作を繰り返し最高の状態で出荷するんだよ・・。』とか

『日本酒も、スレンダーな女性の様に、シルエットが美しいのが良い』とか

これは、初めての蔵見学に行った方でも、非常に分かりやすくて素敵
(うっしー、目から鱗ですeye


まずは、日本酒造りには、欠かせない作業『洗米』と『浸漬』です。

最初に見させてもらったのは、精米したお米です。
山田錦45%まで精米した状態です。

この後、水に浸して蒸し器にかけます。
水に浸す時間が10秒違うだけで、酒質に影響が出るので、
水から引き上げるタイミングの駆け引きが、
長年の経験と勘を持つ杜氏の、大事な仕事の一つ
だと感じました。

45%まで磨いたお米は、ビックリするほど小さく、そしてとても綺麗でした。

吟醸酒は、お米を約半分にまで磨いて日本酒を造ります。
小林酒造は、shine吟醸酒蔵shineと呼ばれるほど、
吟醸酒が占める割合が、他の酒蔵よりも多いので、原料コストが、
とても掛かります。

例えば、鳳凰美田の吟醸酒クラスから
酒袋にモロミを入れてenter吊るしてenter滴り落ちてくる「雫取り」で絞る
という過程を辿るため、手間rockと時間clockがとってもかかっているわけです

この絞り方は、通常であれば、
大吟醸や鑑評会出品酒などの、特殊で高価なお酒でしかやらない方法です。
美味しい日本酒を出荷するために、業界の常識を破ったpunch小林酒造
なんともご立派です。尊敬です。


そして仕込み用のタンクが並ぶ部屋へ移動。

ここでは、発酵途中のもろみが入ったタンクが、ズラズラーっと並んでいます。
バナナイチゴマスカットの様な、
華やかな香りの吟醸酒が入ったタンク、それぞれタンクの蓋を開けてもらい、

いよいよ、本日の山場の1つ、heart02試飲heart02へと進む訳なのですが、
今回は、もったいぶるとかそういう問題以前に、
字数オーバーになりそうなので、明日に続きと致します。

いやぁー、書きたいことが沢山ありすぎて、なかなか進みませんね、すいません<(_ _)>
出来ましたら、また明日お付き合いいただけると嬉しいです。

それでは、サラバイ☆

螢月
  • TEL050-3461-9902