プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

こんにちは、螢月店長の牛山です。
このブログでは、新入荷の日本酒、料理や
螢月ニュースをどんどんと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

締め切り迫る・・・

おはようございますsign03うっしーですhappy01
10月が今日で終わりいよいよ『秋本番』。

肌で感じる気温が少しずつ低くなり、そろそろ木々が
赤く染まりだし『』を目でもを感じることが出来ます。

でも、なかなかゆっくりと『』に浸る時間ってないですよね。

そこで・・・

busバスbusに乗って一緒に『最高の秋』を満喫しに行きませんか??

そうです。毎年恒例のshine『大人の社会科見学』shineです。

螢月の『社会科見学』はもちろん日本酒蔵です。

今回訪れるのは、栃木県小山市の人気銘柄
鳳凰美田』を醸す、小林酒造です。

threezero名様限定のツアーです。

気になる内容は・・・

見学そのone『蔵内見学』
 なかなか見る事の出来ない仕込み現場を小林専務に案内して頂き。

見学そのtwo『果実園見学』
果実酒を仕込む農園にて果実酒造りの現場を見学。

そして・・・notenote試飲notenote
そしてしぼりたての日本酒をたっぷりと試飲・試飲・試飲。

お楽しみのshineshine『大宴会』shineshine
地元料理と『鳳凰美田』を堪能。宴会には、スペシャルゲスト小林酒造の
方々にも参加して頂きます。最高の宴会になること間違いなしsign03

皆様お誘いあわせの上、是非ご参加下さいませ。

flairちなみにぐるなびのカスタムページにも詳細を載せてますので、ドシドシ覗いてくださいね!!

2007年10月30日 (火)

旬の西京焼

はい、こんにちはぁーsign03

今日もぐっさんがお届けする、
shine魅惑のメニューshine』のお時間がやってまいりましたnote


今日のメニューは・・・


旬のお魚の西京焼』ですsign03わぁーっパチパチパチnotenote

螢月で
定番の「焼物」と言えば
この旬の魚の西京焼!!

春は鰆、
夏は甘鯛などなど、
その時々の季節のお魚を
丁寧に下ごしらえして、
西京味噌に漬け込んだ自家製の一品flair


そろそろ寒くなるこの時期。

螢月ではどんなお魚の西京焼を用意しているかといいますとsign03


いい塩梅で脂が乗ってきてますnote『銀鱈』ですshine

くせが少なく、しっとりとした身質の銀鱈は、
煮付けなどで食べる事が多いお魚ですが、
西京焼にはまた違った独特の魅力があります。

西京味噌に漬け込み、熟成させることで、
素材である銀鱈の持つたんぱく質が分解され、
旨味成分のアミノ酸に変わります。

また、味噌に漬ける事で余分な水分が抜け、旨味が

ぎゅぅーーーっとsign03


ぎゅぎゅぎゅぅぅーーーーーっとsign03sign03


凝縮されるわけですshine


そして・・・
西京味噌の上品な香りと
風味を身にまとった銀鱈を
直火でじっくりと炙り焼きにする事で

香ばしさをプラスsign03

御飯が・・・御飯が欲しいぃぃsign03sign03sign03


はっ、またイキすぎた・・・sweat02sweat02


というわけで、いつもの通り「萌え〆」になってしまいましたがwobbly


御飯にぴったりの西京焼、もちろん日本酒にもよく合いますよupup

是非、お試しくださいませhappy01note

2007年10月29日 (月)

『 初 潮 』

昨日呑み過ぎて、二日酔いの『ヒガシ』です。
でも、二日酔いになんて負けませんsign03angry
今日の元気にレッツGO→punch

今日は、麦焼酎で有名な「西吉田酒造」のお酒。
福岡県筑後市にある
明治26年創業の歴史ある酒蔵です。
今回は数ある商品の中、
『初 潮』をご紹介させて頂きます。

初潮は、国産はだか麦のイチバンボシを使い、
常圧蒸留で造られ、
そこに、5年物の常圧古酒をブレンド。
麦らしい香ばしさがありながらも、
柔らかく軽やかなのみ口、「いや~、旨いsign01happy01

そしてもう一杯。

って、旨さに浸ってしまいましたが、
そもそもはだか麦とは何ぞや? 常圧蒸留って何ぞなもし?
という方の為に、簡単にご説明させて頂きます。

はだか麦とは、大麦の一種で
殻から子実が簡単に取れる所が特徴。
主に麦味噌・押し麦、そして焼酎にも使われます。
生産量が少なく、イチバンボシは
平成4年に品種改良で誕生しました。
国内のはだか麦の七割はイチバンボシだそうです。

次に、常圧蒸留とは、
高温(90℃~100℃位)で蒸留spaする事で、
素材(今回は麦)の成分を
より多く抽出できるという方法です。
麦の香ばしさはここから(全てでは無いですが)
出てきているのですhappy01

2007年10月28日 (日)

青春18切符!⑥―香川・名古屋篇

今回で最後の旅日記、アルバイトの天川です!
downwardright予告篇
downwardright第一回 神戸篇
downwardright第二回 京都篇
downwardright第三回 鳥取篇
downwardright第四回 岡山篇
downwardright第五回 広島篇

六日目 香川高松

昼過ぎに、やたら居心地の良かった友人宅を出て、
電車で瀬戸大橋を通過しました!

そして四国上陸

でも、乗り継ぎなどの関係で、
滞在時間はわずか三時間ほど(笑)

高松で、さぬきうどんを二食いただきました!

そして、その短い滞在時間でも、嬉しい出来事が!

道路わきで、明らかに道に迷っていると、
車が止まり、eyeglassサングラスをかけた
cuteイケメンcuteが、窓から顔を出し、

お兄さん、何探しているの?

と声をかけてきました。

さぬきうどんの老舗を探している」と告げると、
車のナビで探してくれます。

しかも雨が降ってきたので
連れて行ってあげるよ」と。

誘拐されちゃうかも、僕?!と、一瞬ビビリましたが(笑)
イケメンのお隣、助手席には女性がflair
どうやらデート中notesの模様

まさか、デートと装って、誘拐?dash
とまでは、さすがに深読みせず、ご好意に甘えちゃうことに!

よくよく考えてみれば、
こんな貧乏旅行ルックeyeの僕を誘拐したところで
何のメリットもないのは明白でしたし・・・sweat01

後部座席に乗り込み、お2人と会話して、ものの10分ほどで目的地に。

滞在時間は三時間だったけど、なかなか嬉しい体験。
人の優しさに感動しました。

感謝!感謝!


七日目 名古屋

名古屋城に登って、さらっと帰路につきました。

本当に時間がなかったんです・・・

鈍行で池袋に帰るのには、
10時間以上sign03かかるんですよ。

名古屋と言えば、美味しい味噌カツ
食べたかったんですが、あえなく断念して、
東京を目指しました。

途中の静岡あたりから、
ようやく聞き慣れた標準語が耳に入ってきて、
帰ってきたということを実感しました。


楽しかった旅も終わり。
すっかり日焼けしてしまいました。
初めて訪れる場所ばかりでしたが、
ゆっくりと楽しむ余裕はなかったので、
リベンジしたい場所ばかりです。

特に京都は・・・一度住みたいw

また必ず行ってきます!

社会に出ようとも、一泊で!


今回の日記は、割愛したところも沢山あります。
思い出話が聞きたい人は、ぜひ僕まで
paper

そして、土日集中連載も今日で終わり!って見せかけて、
実は番外編をご用意しましたので、
次回こそラスト、どうぞお楽しみにhappy01

2007年10月27日 (土)

青春18切符!⑤―広島篇

まだまだ続きます、旅日記、アルバイトの天川です!

downwardright予告篇
downwardright第一回 神戸篇
downwardright第二回 京都篇
downwardright第三回 鳥取篇
downwardright第四回 岡山篇

完全に、螢月とは離れてきていますが、
今回は少しだけ、お酒に関係していますよ(笑)

五日目 広島

宮島に行きました。

その前日に、近くのユースホテルに泊まったんですが、
あまりの部屋のランクの低さに驚きました。

oneテレビは妙な壊れ方をしていて、画面が真ミドリ
two正面の道の交通量が多くて、車の騒音で、たまに夜起きる。
three泊まった部屋が和室で、幽霊も虫もウジャウジャ出そうな感じでした。

出るものはすべて出るような、そんな部屋でした。
布団もダニが怖かったです・・・

それで
ついに・・・・・人生初、金縛りsweat01

ビックリしました。
wobblydespairsad底抜けに怖かったですmobaqmobaqmobaq

相部屋だったので、
隣で寝ている方に話しかけようとしても、声が出ない

何か見えたら嫌だったので、目をつむっていると、
そのうち腕が動き、でもやっぱり怖いので目を閉じたまま、
そのまま眠ってしまったのでした(笑)

翌朝、相部屋の方に、一連の出来事を告げると・・・

笑われました
見事に笑い飛ばされました。。。
ついでに僕も笑っちゃいました!!!


そして宮島へ!

厳 島 神 社 !
この厳島神社は、『三大○○』の宝庫でして、

「安芸の宮島」、one日本三景のひとつ、
というのは皆さんもご存知だと思いますが

two日本三弁天の一つでもあり

更に、厳島神社の平舞台は、
three日本三舞台の一つ。

そしておまけに、と言うよりとどめに
fourユネスコの世界遺産なんです!

さてさて、ウンチクはこれくらいにして

僕の感想は・・・

①鳥居は大きかったです。
②鹿が島中うじゃうじゃいました。

いや、昨夜の
虫と幽霊がウジャウジャと同じくらい
うじゃうじゃの鹿たちなのでした。

そして僕のチケットまでも、
目敏く喰らいついてくる鹿たちの
shineハングリー精神shineに、
衝撃を受けました(笑)

宮島は牡蠣と穴子が名物らしく、
露店で焼き牡蠣を食べ、
昼から、
穴子一本まるごと天麩羅うどんセット
をいただきました!どちらも美味!

潮が完全に引いた鳥居に行って
鳥居に石を投げて乗せてきました。

なかなかうまくいかず、
30分くらいかかりました・・・・

そして、広島の友人と合流!
この日は、友人宅に泊まることになっていたのです。
そこは、広島でも有名な酒処、西条

年に一度全国から地酒を集め、「酒祭り」を開催する土地でもあるのです!

まずは
広島風お好み焼きを食べてから、
友人宅で、地酒を頂きました!

でも、広島の西条の酒ではなく、
鳥取県の「元帥 大吟醸」(笑)
さっぱりとした辛口で口当りがよく、
すいすい飲めました!

久々にゆっくり安堵につける宿・・・
と言うか、友人宅。
この旅で一番、ぐっすりと眠れました。

さすが、心許した友!
shine本当に、ありがとうshine

さて、次回はいよいよ最終回、帰り道です!

2007年10月26日 (金)

凌ぎを削る

こんにちはぁはっはぁーっ、
今日もやってきたゼ、俺グッサンの
shine魅惑のメニューshineショーゥ・ターァーイムッkaraoke
ok
ホラそこの君、テンション☆アゲアゲェ~イェーイっupupup

げほっ、ゴホゴホゴホッ・・・
(テンション高くし過ぎて、ちょいと咽ちゃいました、テヘっ)

では早速いってみよぉうっいょーうupwardrightupwardright

って、やっぱりこのノリノリ系up
自分には無理があるので、いつも通りに戻ってもいいですか?

本当すいません、
自分ノリノリイケイケ系なんて、onezerozero年早かったっす。。。
と言うより、onezero年遅かったっす(笑)

本日は、音楽でもなくお酒でもなく、久々にお料理の話題
しかも、ちょいと趣向を変えまして
弊店の特別コースメニューの中からの一品をご紹介致します。。。

螢月では、グランドで4種類の会席コースのお料理を御提供しているのですが、
その中でも調理場が、こだわりにこだわって作り上げたコース

その名もenter螢 籠moon3

店名と同じ『』を
コース名に冠した、自信を持ってお届けするコースです!


その中でも特に御好評頂いている一品、いや・・・逸品sign03

それが、「凌ぎ」としてお出ししている
岩手牛の握り』(要予約)です♪

岩手和牛
舌の上でとろける、見事なサシの入った最高級のサーロイン肉なんですが。

余談ですが螢月では時季によって色々な場所で育てられた和牛を仕入れています。
どれも皆大切に育てられた最高級noteOH牧場が緑sign03

よしっ、テンション上がってきたぞup

そんな僕のテンションまでアゲてくれるお肉。


握りに使うのは、
その特に柔らかい部分だけ!

薄切りに。

そして・・・表面をサッと炙っちゃいます!!

握るは、もちろん螢月の『寿司マスター』、春男兄さん~♪パチパチパチ~ッ♪
新宿の老舗寿司屋で、13年間修行を積んできた松本が担当します。

その風貌とはウラハラな(←失礼)punch
繊細な手つきで優しく握られたお寿司は・・・

口の中に含むと酢飯がさらりと解け、
その酸味が脂をサッパリと食べさせてくれると同時に、
肉のもつ旨味・甘味が更にハッキリとした輪郭を描いて、
しっとりとしたハーモニーnoteを奏でだして、
そのジューシーで上質な脂に、とろけること間違いなしですsign03


あ~~~もう


辛抱堪りません!!!ゴクリ。



まさに、エエトコどり!珠玉の宝箱shineやぁ(○○麻呂?)っ!!!


まぁ、いつもの事なんですが、今回もワタクシ萌え萌えでございますよ。

ワタクシの萌えっぷりを、
是非もっと見たいという物好きさんには、コチラをどうぞ↓↓↓
イワシ


この『牛握り』、さらには以前うっしー店長がご紹介した『丸鍋』。

これらがご堪能頂ける、螢月のshine味の結晶shine螢籠』コース(\10,500・要予約)


是非一度お試しくださいませ♪
upup

2007年10月25日 (木)

ひやおろし紹介第5弾 『秋櫻』

こんにちは、店長のうっしーです。
最近なんかとっても眠くて眠くてぇ~sleepy・・・。

・・・んsign02スイマセンちょっと寝てしまいました。
この時季のお昼の暖かさには、恐ろしい睡魔が潜んでいます。
みなさんもご注意を・・。

さてさて・・・どんなに眠くてもお腹が空いててもお酒の
紹介だけは別腹です。

今回ご紹介させてもらいます銘柄は・・

富久長』(ふくちょう)広島県の銘柄です。

最近では、少しずつ増えている女性杜氏の『パイオニア』。
今田美穂』氏の情熱と感性が日本酒の持つ可能性をどんどん広げています。

富久長の人気商品『秋櫻』(コスモス)は、女性からの支持がとても多い
『ひやおろし』です。

やわらかな味わいとサッパリとしたキレ味。香りを抑えることで
素朴な旨味を引き出しています。

お奨めの酒肴は、『生湯葉刺し』です。お互いの優しい甘味や旨味が
見事に調和します。

『こっこれは凄い発見だsign03』(自画自賛です)

お酒と酒肴は、お互いを『求め』『引き出し』『寄り添う』ものだと
改めて実感しました。

秋の夜長には、ゆっくりと『お酒』と『酒肴』との関係をもっと
深く知りたいと思っているうっしーでした。

2007年10月24日 (水)

酒を飲むときの音楽 其の四

こんにちは、山口です。トーーーールです。

また性懲りもなく音楽話ですよ。
もうこの路線で行くわけですよ。
思わずサンボマスター口調になるわけですよ。
ボーカルはおなじ氏名「山口」だし。


こうやって『酒を飲むときの音楽』が

シリーズ化されることを

狙ってるわけです。淡々と。虎視眈々と。

グフフ。

とまぁいつものようにトリップ気味なトーーーーール(三十路手前)ですが


今回は初!!の邦楽をご紹介!!

「はっぴぃえんど / 風街ろまん」    1971年作品
1.  抱きしめたい
2.  空いろのくれよん
3.  風をあつめて
4.  暗闇坂むささび変化
5.  はいからはくち
6.  はいから・びゅーちふる
7.  夏なんです
8.  花いちもんめ
9.  あしたてんきになあれ
10. 颱風
11. 春らんまん
12. 愛餓を


あーぁ

おん前ぇ~・・・今更かよ!!というツッコミがバンバカ聞こえる気がする・・・

超メジャーなアルバムですいません!!
が、酒を飲むときにはいいんですよ、この音楽が。世界が。空気が。

このケダル~イ感じと綺麗なメロディが♪

所謂「日本語ロック」の金字塔

今活躍している人達もこのバンドから受けた影響は大きいみたいですね、
よく話題に上るバンドです。

先述した「サンボマスター」や「くるり」、「スピッツ」や「ミスチル」なんかも
影響を受けたバンドに挙げています。

だってメンツがねぇ…すごいもの。

細野晴臣』に、
大瀧詠一』に、
松本隆』に
鈴木茂』。


改めて書いてみるとホント凄いメンツだなぁ~…
いまだに皆さん第一線でガンガン行ってるじゃないすか。

生涯現役じゃないすか。

男児の憧れンヌじゃないすか(強調)!!

個人的にも随分影響を受けたものです、若かりしバンド時代。嗚呼。


曲も素敵なのですが、やっぱり詩が素晴らしい!!

この独特の世界観はほんと引き込まれてしまいます。


路地裏をブラブラしている気分というか…


なんともいえないリラックス感
を感じてしまい、
いつの間にかお酒が進んでこのCDをリピートで


かけっぱなしにしながら朝を迎える


なんてこともありましたw

特に「空いろのくれよん」や「風をあつめて」・「春らんまん」の
ふわりと包んでくれるような優しい曲は・・・


ふくよかな味わいを持つ懐の深いの日本酒をの世界を、
更に美味しく円やかに演出してくれる、僕のオススメです♪

2007年10月23日 (火)

『 豊永蔵 』

お米が大好き『ヒガシ』です。
僕は、炊き立てのあの御飯の甘い香りと味が
たまらなく好きなのですheart01
あ~、食べたいnote

おっとっと、いきなり自分の世界に
入ってしまいました。すいませんwobbly

なぜ、こんな話になったかと言うと、
今回ご紹介する焼酎の原料が「米」sign03
だからです。

僕は、日本酒も好きですが
、同じお米で造った米焼酎も大好きですheart04

熊本の南部、熊本と宮崎の県境にある
山に囲まれた球磨盆地の中に米焼酎を醸す
豊永酒造はあります。

以前、壱岐焼酎(確蔵)の話をしましたが、
それと一緒で球磨焼酎にも定義があるのです。
簡単に言うと、球磨川の伏流水(熊本県人吉市の地下水)
を使い、造った米焼酎。
こう言うのを原産地呼称と言うのです。
(シャンパーニュ地方のシャンパンなど)flair

芋のしっかりとした旨味も、麦の香ばしさも
いいですが、
食中には、米の穏やかな味わいが合うのですpunch

2007年10月22日 (月)

うっしー『癒しの空間』

どーもです。店長のうっしーですscissors
今回のブログは、とても個人的な内容で恐縮です。

昨日、日本酒の仕入れに『三鷹の酒屋さん』まで行ってきました。

15時頃から18時位まで『ひやおろし』から『大吟醸』やら
『果実酒』にちょっぴり『焼酎』までたっぷりと試飲してきました。

「お会計は?」と聞きたくなるほどがっつりとやっちまいましたhappy01

僕は、疲れた時こそ『酒屋さん』に行きます。

  「様々な美味しいお酒との出会い」に
         「お酒が大好きな人達に会いに」に  

美味しいお酒に出会うと元気がメキメキ湧いてきます。
そして、お酒が大好きな人が集まれば必ず日本酒談議に花が咲きます。

この『時間』そして『空間』が僕にとっての力の源です。

flair美味しいお酒をたっぷりと仕入れました。
どれもとても美味しいお酒です。

『お奨めの日本酒』に『秋限定の酒肴』
             
  美味しい関係をどうぞ・・ 

螢月